テニス 部活

その他

中学・高校のテニス部では、「2・3年生がどういう姿勢を見せるのか?」でチームの雰囲気が大きく変わる

皆さんも最初、部活やサークル、社会人チームやテニススクールに入ったときのことは、よく覚えているはず。

緊張したり、下級生時代はあまり打たせてもらえなかった記憶、ありませんか?

同じように、今の新入生はしっかり見て感じることが出来ている。

だからこそ、改めて考えて欲しいのは「上級生の、テニスに取り組む姿勢」なのです。

 

中学・高校のテニス部では、「2・3年生がどういう姿勢を見せるのか?」でチームの雰囲気が大きく変わる

 

■広島カープの新井選手を見て、感じること

広島出身の私は、今年こそ・・・と思ってプロ野球のペナントレースを見守っている。

そこで感じるのは、最年長の新井選手のプレーの凄さ。

一度外部の球団に移籍して、もう全盛期を過ぎたであろう中で復帰し、全力プレーで球場を走り回る。

一塁にも全力で走り、守備ではユニフォームを泥で汚す、何より数値で結果をしっかり出す。

この姿勢を観て、若手選手が何も感じない訳が無い。

これって、テニス部でも同じことが言えると思います。

最上級生、がどういう姿勢で部活に臨んでいるのか、トレーニングや試合で自分を出し切っているかどうか、は下級生はしっかり見ている。

部活の雰囲気は、下級生が上級生から「何を感じるのか?」で決まると私は思います。

 

■新入生は赤ちゃんと同じで、何色にでも染まる

新入生、最初から人格が形成されていて、頑張れるかどうかが決まっている?

そんなことはありません。

新入生は、新しく生まれてくる赤ちゃんと一緒。

親である上級生を観て、似て、育っていくのです。

どんなボールでも最後まで追いかけ、トレーニングで追い込む上級生がいれば、下級生にはそれが最高のメッセージになる。

「そんなの、当たり前だろ」と思うかも知れませんが、当たり前が難しいのが部活でありテニス、なのです。

 

■全力プレーを文化に出来ているチームは、少ない

以前に、テニスというスポーツはチャンスがあると書きました。

高校野球で甲子園、を目指すよりも、全国選抜テニスで福岡を目指す方がまだ、道が見える。

なぜなら、良い雰囲気の部活さえ作れてしまえばチームは勝手に成長してくれるから。

ましてやテニスは個人スポーツ。

個人練習や、個人の行動力でどこまでも成長していける。

でもそのベースには、団体練習の場となる部活やサークル、チームの雰囲気が大事なのです。

 

勝てないチーム、部活、サークルは、大抵先輩集団がいけてない。

悪いとは言わない、です。

みんな色々、事情があるでしょうし、環境も違うでしょう。

ですが、今ある環境で頑張ることが出来なければ、きっとこの先も変わらない。

下級生に見せれるプレー、しっかり皆さんは出来ていますか?

ピックアップ記事

  1. テニスの合宿・遠征に大活躍なのは、消臭ランドリーバッグ
  2. テニス選手に必要なトレーニングは、「重り付き」縄跳びでしっかり身に付く
  3. 夜のランニングのマストアイテム、蛍光色グッズで安全にトレーニングを
  4. テニス選手の筋肉に必要なプロテインは、ささみプロテインバーでの補給が最適
  5. 「テニスラケット専用ウェイトボール」を使えば、素振りでのパワーアップも可能に!

関連記事

  1. その他

    「ナイス反応!」にはポイントがある!テニスの試合で必要な反応における大原則

    「反応をよくする方法、教えてもらえますか?」そういう質問をよく受け…

  2. テニス ストローク
  3. テニス ボレー
  4. テニス リターン

    その他

    なぜ、世界のテニス界のトップ選手は負け始めたのか?を考えてみる

    最近のテニス界には、大きなうねりのような渦、が起きている。ジョ…

  5. テニス メンタル

    その他

    「自分のテニスを文章にすること」がなぜ重要なのか、を改めて問う4つの視点

    漫画「ベイビーステップ」で、改めて見直されている「テニスノート」。…

  6. テニス ストローク

    その他

    テニスの試合で、「高い打点からしっかりストロークで攻撃していく為」に必要な4つの意識

    テニスの試合でのストローク力は、どれだけ「高い打点で打てるか」が重要な…

特集記事

  1. テニス メンタル

    メンタル

    テニスの試合では、「自分を盛り上げてくれるのは自分しかいない」のです
  2. テニス サーブ

    ダブルス

    ダブルスの試合で前衛は、「ポーチにでなくてもセンターに寄るだけ」で相手は嫌なもの…
  3. テニス ダブルス

    フットワーク

    テニスの試合では、「ラリー中に自分が打ったらどう動くのか」のイメージを事前にしっ…
  4. テニス グリップテープ

    その他

    「ここだけの話、グリップテープが上手く巻けない・・・」と悩んでいる方に、ちょっと…
  5. テニス ダブルス

    ボレー

    テニスの試合の中でネットに出たら、「沈められたらドロップ」というオプションを必ず…
PAGE TOP