テニス 部活

その他

中学・高校のテニス部では、「2・3年生がどういう姿勢を見せるのか?」でチームの雰囲気が大きく変わる

皆さんも最初、部活やサークル、社会人チームやテニススクールに入ったときのことは、よく覚えているはず。

緊張したり、下級生時代はあまり打たせてもらえなかった記憶、ありませんか?

同じように、今の新入生はしっかり見て感じることが出来ている。

だからこそ、改めて考えて欲しいのは「上級生の、テニスに取り組む姿勢」なのです。

 

中学・高校のテニス部では、「2・3年生がどういう姿勢を見せるのか?」でチームの雰囲気が大きく変わる

 

■広島カープの新井選手を見て、感じること

広島出身の私は、今年こそ・・・と思ってプロ野球のペナントレースを見守っている。

そこで感じるのは、最年長の新井選手のプレーの凄さ。

一度外部の球団に移籍して、もう全盛期を過ぎたであろう中で復帰し、全力プレーで球場を走り回る。

一塁にも全力で走り、守備ではユニフォームを泥で汚す、何より数値で結果をしっかり出す。

この姿勢を観て、若手選手が何も感じない訳が無い。

これって、テニス部でも同じことが言えると思います。

最上級生、がどういう姿勢で部活に臨んでいるのか、トレーニングや試合で自分を出し切っているかどうか、は下級生はしっかり見ている。

部活の雰囲気は、下級生が上級生から「何を感じるのか?」で決まると私は思います。

 

■新入生は赤ちゃんと同じで、何色にでも染まる

新入生、最初から人格が形成されていて、頑張れるかどうかが決まっている?

そんなことはありません。

新入生は、新しく生まれてくる赤ちゃんと一緒。

親である上級生を観て、似て、育っていくのです。

どんなボールでも最後まで追いかけ、トレーニングで追い込む上級生がいれば、下級生にはそれが最高のメッセージになる。

「そんなの、当たり前だろ」と思うかも知れませんが、当たり前が難しいのが部活でありテニス、なのです。

 

■全力プレーを文化に出来ているチームは、少ない

以前に、テニスというスポーツはチャンスがあると書きました。

高校野球で甲子園、を目指すよりも、全国選抜テニスで福岡を目指す方がまだ、道が見える。

なぜなら、良い雰囲気の部活さえ作れてしまえばチームは勝手に成長してくれるから。

ましてやテニスは個人スポーツ。

個人練習や、個人の行動力でどこまでも成長していける。

でもそのベースには、団体練習の場となる部活やサークル、チームの雰囲気が大事なのです。

 

勝てないチーム、部活、サークルは、大抵先輩集団がいけてない。

悪いとは言わない、です。

みんな色々、事情があるでしょうし、環境も違うでしょう。

ですが、今ある環境で頑張ることが出来なければ、きっとこの先も変わらない。

下級生に見せれるプレー、しっかり皆さんは出来ていますか?

ピックアップ記事

  1. テニス部・テニスサークルとして勝てる集団になりたいなら、「スコアシート」は欠かせ…
  2. 「HEADのボールって、実際どうなの?」の質問にお答えします
  3. テニスの試合、急な怪我でも安心!準備しておきたい応急処置グッズ5つ
  4. テニスの試合で勝ちたい男子選手に、オススメのゲームウェア
  5. プロテニス選手を目指したいなら、英語は必須!実用的でオススメなテキスト5つ

関連記事

  1. その他

    テニス動画をたくさん撮影したいなら、「スマートフォンバッテリーケース」が断然オススメです!

    自分のテニスの動画、練習でも試合でも、撮影することで成長につながる。…

  2. その他

    「たかが足元のボールケア、されどボールケア」強いチームは、足元のケアに本気です

    皆さんは普段、足元のボールをどれくらいケアしていますか?踏んだら大…

  3. テニス ミス

    その他

    テニスの試合でオムニコートに潜む罠、「ベースラインからストロークエース狙い」には要注意です

    オムニコートの特性、日本にいるとつい麻痺してしまいます。その是…

  4. その他

    「勝った方が強い。負けた方は弱い。でも次は負けるな!」テニスの試合は続いていく

    俺がコーチしていた東京の大成高校男子テニス部がインターハイ東京都予選で…

  5. テニス サーブ

    その他

    試合中に後ろを通る人がいるときには、積極的に先に通過させてあげよう

    今回は、本当にちょっとしたことなんですが・・・。テニスの試合を…

  6. テニス メンタル

    その他

    普段の練習で「綺麗なテニスコート」だけに慣れていると、いざ本番のコートでは苦戦するかも

    テニスの試合が行われるコートは、基本的には選べない。会場に着い…

特集記事

  1. テニス アームカバー
  2. テニス 縄跳び
  3. テニス 書籍
  4. テニス タオル
  1. テニス ストローク

    ストローク

    打ち込みながらもシコってくる、ストローカータイプの強者はどう料理する?
  2. ストローク

    なぜ、ほとんどの人がストロークで「身体が開いてしまう」のかを解き明かす5つの理由…
  3. テニス ボレー

    ダブルス

    ダブルスの試合で、「人のいない所に打つ」のは、相当難しいという事実
  4. テニス 準備

    その他

    「中学の頃から硬式経験者=強い」とは限らないのが、テニスです
  5. テニス サーブ

    戦術

    試合も上のレベルにいけば、自分のプレッシャーが相手に通じなくなるのは当たり前
PAGE TOP