テニス 不安

メンタル

テニス選手なのに見苦しい「試合に負けて、言い訳ばかりする人」の特徴5つ

テニスを頑張る人、色々な性格のタイプがある。

しゃべるのが本当に好きな人、寡黙にテニスに取り組む人・・・。

私自身、あまり多く人としゃべるタイプでは無いのですが、こんな人とは特に話したくない。

試合会場で、試合前と直後にやたらと口数が多い人って、「言い訳名人」多くないですか?

 

テニス選手なのに見苦しい「試合に負けて、言い訳ばかりする人」の特徴5つ

 


 

1.練習環境に不満だらけ

強い選手には、良い指導者がいて練習環境が恵まれている。

だから自分は、負けて当然・・・という考えの人が多い、のも言い訳名人の特徴。

自分自身の今いる環境が問題であって、テニスの実力が伴わないのを周りのせいにばかりしている人。

仲間や支えてくれている家族に対しての感謝の気持ちを持てない人は、どんなに環境が恵まれても結果を出せないでしょう。

 

2.相手の過去の実績ばかり気にする

あの選手は、○○大会で優勝している。

あの学校は、○○に勝ったらしい、とやたら実績ばかり詳しくて周りに話したがる。

こんな人は、既に負けたときの言い訳しか準備していない。

テニスの試合で情報収集は大事ですが、それはあくまで試合に勝つためのもの。

言い訳の準備をしていては、それはそのまま「試合に負ける準備」になります。

 

3.試合前日の不摂生を自慢する

「前の日に眠れなかった」

「テスト勉強とバイトで、ほとんどテニス出来ていない」

という感じで、練習出来ていない自分の不摂生を自慢するような人がいる。

当然、2.と同じようにこれも負けたとき用の準備でしかない。

本当に体調が悪い、寝ていないなら、少しでも試合前にリカバリー出来ることがあるはず。

最後まで勝つ意志を示せない選手に、テニスの神様は味方してくれません。

 

4.テニスギアが汚い、準備不足

試合に臨むにあたって、試合前にやるべきことは多い。

しっかり試合数に応じたウェアの準備、サーフェスにあったシューズ、そして万が一のときの救急グッズ。

これらの準備力も、大事なテニスの実力のうち。

言い訳が上手い人は、そもそも目の前の試合に勝とうという意識が薄いので準備が雑で手薄。

普段の生活がだらしない選手が、テニスの試合で勝とうなんて無理です。

 

5.「だって」「でも」「やっぱり」というお決まり文句

言い訳が多い人には、接続しにも特徴がある。

「だって」「でも」「やっぱり」・・・自分を守る言葉ばかり、その後には続きます。

結局誰かのせいにして自分を守って、また次頑張るよと周りに伝えたいだけ。

でも、みんな気付いてるんですけどね。

こんな言葉を繰り返している選手は、ずっと試合に勝てないということを。

 

結局言い訳ばかりする人、は自分が可愛いだけ。

そもそも「ダメな自分」を隠していたいから、ダメならどうすれば良いのか、という発想が乏しい。

テニスの試合は、負けることは決して恥ずかしくない。

ですが負けを受け入れられない、言い訳ばかりしている自分に気付かない人って・・・。

アナタ自身、私もそうですが常に自分のこととして、危機感を持ってテニスに取り組みたい。

そんな自戒を込めて。

ピックアップ記事

  1. テニス部・テニスサークルとして勝てる集団になりたいなら、「スコアシート」は欠かせ…
  2. TOALSON(トアルソン) スイートエリアラケット、これは使える
  3. テニスで肩が上がらない・・・と、苦労する人は「ピイラティス・ポール」がオススメで…
  4. 汗でグリップが滑りやすい人は、「Prince Grip Plus」がオススメ
  5. 「テニスラケット専用ウェイトボール」を使えば、素振りでのパワーアップも可能に!

関連記事

  1. テニス 大学

    メンタル

    オムニコートでの練習に慣れていると「ハードコートでの重いボール」に苦労することになります

    日本では、どうしても練習と試合の中心はオムニコート。ですが重要…

  2. テニス メンタル
  3. テニス メンタル

    メンタル

    テニスというスポーツの怖さを、もう一度確認しておきましょう

    何度か書いてきたテーマですので、またか・・・と思う方もいるでしょう。…

  4. テニス 時間

    メンタル

    テニスの試合で「いやらしく時間を使ってくる相手」には、毅然とした姿勢で!

    テニスの試合に出ていると、相手が「意図的に時間を使ってるな・・・」と感…

  5. テニス ミス

    メンタル

    「1本集中!」ばかり口癖にしていては、狼少年になる

    試合会場を見ていると、この声がいつも響き渡る。「1本集中!」…

  6. テニス メンタル

    メンタル

    ストレスやプレッシャーは、アナタの味方です

    試合が苦手、嫌いな人って、どんな人でしょう。まず浮かぶのは、ス…

特集記事

  1. テニス ダブルス

    サーブ

    センターへのサーブは、「曲げて入れる」ことで安定する
  2. ボレー

    ボレーの基本の構え、意外と出来ている人が少ない
  3. テニス 大学

    日々の雑記

    分からないことだらけのテニス、を楽しいと思えるかどうか?
  4. テニス 環境

    ストローク

    テニスの試合において、「後ろに下がると、守る範囲は広くなってしまう」ので注意が必…
  5. サーブ

    サーブで「ネットミス」が多い時の改善策4つ
PAGE TOP