テニス ストローク

シングルス

「相手のストロークがとにかく速くて対応出来ない!」ときに意識したい、4つのポイント

対戦したときに、相手のストロークが速いと慌ててしまう。

結果的にミスが増えて試合に勝てない・・・という方は、どんな意識で戦えば良いのか。

速いストロークが打てる選手が、必ずしもテニスの実力者とは限らない。

しっかり対応策さえ準備しておけば、怖くありません。

今回はシングルスに限って、考えてみます。

 

「相手のストロークがとにかく速くて対応出来ない!」ときに意識したい、4つのポイント

 


 

1.コートのセンター後ろに、相手を釘付けにしよう

ついシングルスだと、相手を左右に振りたくなる。

ですが、左右に動けば動くほど、相手は打てるコースが拡がってくることも事実。

センターの深い位置、からは速いショットでも角度が付けられないので怖く無い。

アナタ自身、まずはセンターの深い位置にボールを集めて、相手の攻撃コースを限定させましょう。

 

2.相手のストロークの打点を下げさせる

速いショットを支えているのは、高い打点。

低い打点からは速いショットはまず打てない、打ってもミスになる。

そう考えると、スライスで打点を下げさせたり、少し浅いショートクロスを打ってみると相手は攻撃出来なくなる。

高い打点を抑え込むだけで、かなりストロークスピードは落ちるはずです。

 

3.アナタ自身は打点だけ遅れないようにする

実際に速いショットを打たれたら、まず慌てないこと。

打点だけ遅れないようにすれば、きっと返球自体は出来るでしょう。

ただ、コースを狙ったり、カウンターは難しいはず。

そこで考えるべきは、1.のようにセンターにコースを集めること。

速い良いショットが来たときには、まずしっかり高い軌道で深くセンターに、ボールを集めていきましょう。

 

4.相手の自信を削ぐ工夫をしよう

速いショットで攻撃してくる、ノリノリの相手はまずメンタルを折りたい。

アナタ自身の持っている武器を、試合の序盤で早めに見せておきましょう。

ネットプレーを入れたり、セカンドサーブはしっかりチャージして攻撃していく。

ドロップショットも、自分から試合を動かす意味でオススメです。

 

攻撃が好きな相手は、総じて粘り弱い。

守備に自信が無いから、自分から無理してくれたりもする。

だからこそ、しっかりした速いショットへの対応が出来る、ことが相手にとって最高のプレッシャーになるはず。

安心してください、そう速くて良いショットなんて、続かない。

アナタ自身は、基本に忠実にバランス重視でいきましょう。

続くなら、その選手はもっと上のステージにいるはず。

まずは今、必要な対応を考えて実践していきましょう。

ピックアップ記事

  1. Zatous(ザータス)の大容量バッグインバッグは、ラケットバッグと相性ピッタリ…
  2. いつからヨネックスのシューズは、こんなにカッコ良くなったんだろう
  3. テニスフリークなら必携のタオルは、「作戦ボードタオル」で決まり!
  4. 何度でも消して使える、ウェアラブルメモはテニスでも使えそう
  5. 真夏のスポーツ観戦には、超軽量・小型の折り畳み傘は必需品

関連記事

  1. テニス メンタル

    シングルス

    シングルスの試合では、「長いラリーは自分のペース」と思えるように

    シングルスの試合に勝てない人には、ある共通の苦手意識がある。そ…

  2. テニス メンタル

    シングルス

    シングルスの試合で、「ストロークで相手の逆を突けたら、迷わずネットへ出る」ことで試合を優位に進められ…

    最近、プロ選手のシングルスの試合を観ていると、特に女子選手でもこういっ…

  3. テニス ストローク

    シングルス

    シングルスの試合のパッシングショット、は普通の自分のショットで良い

    シングルスの試合、相手にネットに出られると・・・みなさん、どうでしょう…

  4. テニス リターン

    シングルス

    ダウンザラインへのストロークの展開は、相手に「背中を向ける」準備で!

    ストロークでの、ダウンザラインへの展開。シングルスでは、不可欠…

  5. テニス 部活

    シングルス

    個人戦で結果を出したい!人が意識したい4つのこと

    今年こそ、結果を出したい・・・。そう、個人戦で!と考えている人…

  6. テニス 練習

特集記事

  1. テニス ストローク

    リターン

    お尻を突き出すようなリターンの構えは、なぜどの選手も同じなんだろう?
  2. テニス トレーニング

    その他

    テニスが強くなりたければ、「まずは今いるチームの中で、一番になる」全ては、それか…
  3. テニス サーブ

    サーブ

    味方ペアのダブルフォルトが2回続いたときに、かけてあげたい言葉3つ
  4. テニス ストローク

    メンタル

    全力でやって失敗、なら立ち直りも成長も早いのがテニス
  5. テニス サイト

    練習メニュー

    あって当然、やって当たり前のことを、無くしてみませんか?
PAGE TOP