テニス ストローク

ボレー

ポジショニングが上手いネットプレイヤーは、「相手にあえてショートクロスを打たせて」仕留めるのが上手い

ネットプレーが上手い選手を相手にしたときに、ポジショニングでプレッシャーをかけられること、ありませんか?

私はたくさんあります。

特にダブルスで、相手が並行陣を敷いてくるときにショートクロスで揺さぶろうとするけど・・・後衛が既に前に詰めてきていて、アングルボレーで切り返される。

こんな形で何度かポイントを失っていく、ときには大抵負けるパターンになってしまう。

この作戦、実はアナタも簡単に実践出来て効果抜群です。

 

ポジショニングが上手いネットプレイヤーは、「相手にあえてショートクロスを打たせて」仕留めるのが上手い

 


 

■ショートクロスのパッシングは、怖く無い!

シングルスでもダブルスでもそうですが、クロス方向のパッシングショットは相手に打たせる、くらいの意識を持ちましょう。

ネットに出ると、「素早く反応して、抜かれないようにしないと!」と思ってしまいますが、まずは優先順位が大事。

ストレート方向へのパッシングショットを警戒しつつ、ポジショニングは前に詰めておく。

そうすると、ショートクロスのショットって絶対に触れるんです。

なぜなら、そこにはテニスという競技の特性が見えてきます。

 

■クロスの浅い場所には、速いボールは打てない

当たり前ですが、球速の速いショットを打てる、場所はテニスでは限られています。

浅い場所に速いボール、は後ろからは基本的に打てない。

相手がベースライン付近にいるのであれば、パッシングショットはまずストレート側をケア。

ショートクロスの場所は空けておいて、大丈夫です。

遅いショットはしっかり前に詰めて、潰す。

速いボールが厳しいクロスに飛んで来れば、それはアウトになるでしょう。

ポジショニングを自分でしっかり意識出来れば、アナタのネットプレーは格段にレベルアップします。」

 

■実際にショーロクロスに打たれたら・・・ドロップボレーのイメージで

相手に打たせるイメージが沸いたら、後はどう返球するか。

一番のオススメは、ドロップボレーです。

球速が少し遅めのショートクロスのようなショットは、ドロップボレーのタイミングを合わせやすい。

飛んでくるまでに手首で形を作り、フワッと山なりのドロップボレーを打てると相手は「やられたー!」となるはずです。

大事なのは、相手が打つ前にイメージを固めておくこと、です。

 

パッシングショット全盛期、ストローカーが強いと言われる時代、にどうネットで戦うか。

これはもう、ポジショニングに活路を見出すしかありません。

アナタが出場している大会、よほどの全国大会でなければ、きっとパッシングショットにはポジショニングで対抗できる。

しっかり前に出て、経験を積みましょう。

チャレンジの数だけ、ネットプレーは強くなれるはずです。

ピックアップ記事

  1. テニスのルールの基本を学びたい人にお勧めの書籍「テニスのルール 審判の基本」
  2. iphoneでテニス動画を撮影するなら、三脚ホルダーのスマホスタンドを使おう!
  3. テニスコーチ時代に、最高に憂鬱だったこと
  4. テニスで肩が上がらない・・・と、苦労する人は「ピイラティス・ポール」がオススメで…
  5. 寒くなっても清潔感は保ちたい、テニスプレイヤーのみなさんに

関連記事

  1. テニス メンタル

    ボレー

    苦しいネットプレーこそ、最後までボールを見よう

    球際に強い選手が、ネットプレーもしぶとい。飛びつくようなボレー…

  2. テニス ボレー

    ボレー

    「パッシングで抜かれない選手」になる為に、意識したい5つのポイント

    パッシングショットですぐに抜かれてしまう・・・。シングルスでも…

  3. ボレー

    ネットに詰めた時こそ、正面向きでは何も出来ない

    ボレーでの決定力を上げていきたい、と考えているみなさん。ネット…

  4. テニス ストローク

    ボレー

    ドライブボレー、「ラケットが加速した状態」で打っていこう

    私が皆さんに、今すぐ身に付けて欲しい技術。それは、「ドライブボ…

  5. テニス ボレー

    ボレー

    テニスにおいて相手が前に詰めて来る、ということは「上が空く」ということ

    「そんなの当たり前じゃないか」と思う方がほとんどでしょう。…

特集記事

  1. トレーニング

    テニス知識

    フットワークを磨きたい!なら、足指トレーニングは欠かせない
  2. フットワーク

    良いショット、の後に良い〇〇
  3. テニス メンタル

    ストローク

    相手を動かすテニス、と並行して、しっかり打つテニスも練習していこう
  4. テニス 雪

    練習メニュー

    「挑戦するキャプテン、しないキャプテン」によって、チームの挑戦力の絶対量は決まる…
  5. テニス メンタル

    サーブ

    テニスの試合では、「低いトスでのサーブ」を身に付けると、風が強い日でも安定する!…
PAGE TOP