テニス ストローク

ボレー

ポジショニングが上手いネットプレイヤーは、「相手にあえてショートクロスを打たせて」仕留めるのが上手い

ネットプレーが上手い選手を相手にしたときに、ポジショニングでプレッシャーをかけられること、ありませんか?

私はたくさんあります。

特にダブルスで、相手が並行陣を敷いてくるときにショートクロスで揺さぶろうとするけど・・・後衛が既に前に詰めてきていて、アングルボレーで切り返される。

こんな形で何度かポイントを失っていく、ときには大抵負けるパターンになってしまう。

この作戦、実はアナタも簡単に実践出来て効果抜群です。

 

ポジショニングが上手いネットプレイヤーは、「相手にあえてショートクロスを打たせて」仕留めるのが上手い

 


 

■ショートクロスのパッシングは、怖く無い!

シングルスでもダブルスでもそうですが、クロス方向のパッシングショットは相手に打たせる、くらいの意識を持ちましょう。

ネットに出ると、「素早く反応して、抜かれないようにしないと!」と思ってしまいますが、まずは優先順位が大事。

ストレート方向へのパッシングショットを警戒しつつ、ポジショニングは前に詰めておく。

そうすると、ショートクロスのショットって絶対に触れるんです。

なぜなら、そこにはテニスという競技の特性が見えてきます。

 

■クロスの浅い場所には、速いボールは打てない

当たり前ですが、球速の速いショットを打てる、場所はテニスでは限られています。

浅い場所に速いボール、は後ろからは基本的に打てない。

相手がベースライン付近にいるのであれば、パッシングショットはまずストレート側をケア。

ショートクロスの場所は空けておいて、大丈夫です。

遅いショットはしっかり前に詰めて、潰す。

速いボールが厳しいクロスに飛んで来れば、それはアウトになるでしょう。

ポジショニングを自分でしっかり意識出来れば、アナタのネットプレーは格段にレベルアップします。」

 

■実際にショーロクロスに打たれたら・・・ドロップボレーのイメージで

相手に打たせるイメージが沸いたら、後はどう返球するか。

一番のオススメは、ドロップボレーです。

球速が少し遅めのショートクロスのようなショットは、ドロップボレーのタイミングを合わせやすい。

飛んでくるまでに手首で形を作り、フワッと山なりのドロップボレーを打てると相手は「やられたー!」となるはずです。

大事なのは、相手が打つ前にイメージを固めておくこと、です。

 

パッシングショット全盛期、ストローカーが強いと言われる時代、にどうネットで戦うか。

これはもう、ポジショニングに活路を見出すしかありません。

アナタが出場している大会、よほどの全国大会でなければ、きっとパッシングショットにはポジショニングで対抗できる。

しっかり前に出て、経験を積みましょう。

チャレンジの数だけ、ネットプレーは強くなれるはずです。

ピックアップ記事

  1. 「テニスラケット専用ウェイトボール」を使えば、素振りでのパワーアップも可能に!
  2. テニスラケット ピュアドライブの新作は、「攻撃的な大人のテニス」に最高の武器にな…
  3. 「第1回 読者ミーティング」を開催します
  4. テニスコーチ時代に、最高に憂鬱だったこと
  5. 男子シングルスの試合を戦い抜くなら、大量発汗にも耐えうるタオルチョイスを

関連記事

  1. テニス ボレー
  2. テニス ボレー

    ボレー

    ボレーは腕を伸ばす、のではなく「しっかり胸を寄せて」いこう!

    ボレーを打つ時に、意識したいこと。それは、なるべく「腕だけで打…

  3. テニス メンタル

    ボレー

    深いボレーで相手を追い込んだら、頭の8割はドロップボレーで待つこと

    上手そうに見えるのに、なぜか試合で勝てない人。こういう人に多い…

  4. テニス 守備

    ボレー

    「クレーコートでのネットプレーのコツ」新時代のテニスに不可欠な戦術を身に付けよう

    一昔前まで、シングルスの試合のネットプレーと言えば画に描いたようなアプ…

  5. ボレー

    テニスの試合で必要な「バックハンドのハイボレー」をしっかり返球するコツ5つ

    ダブルスで前衛にいるときに、心のどこかで思っていませんか?「バ…

  6. テニス メンタル

    ボレー

    ボレーがどうしても苦手!なテニスプレイヤーに、試合で使えるヒント10選

    ボレーに苦手意識がある人は、試合でもなかなか積極的になれない。…

特集記事

  1. テニス メンタル
  1. テニス ストローク

    フットワーク

    大事な試合で棄権しない為に、「まずい…脚が痙攣してきたかも…」と感じたら、早めに…
  2. テニス メンタル

    サーブ

    前足、後ろ足、前足、のリズムがサーブの基本
  3. テニス ボレー

    ボレー

    ネットに詰めたハイボレーなら、ラケットを振るよりむしろ「引く」感覚が大事
  4. メンタル

    「頑張れ!100球ラリー!」テニスの試合で勝つには、ただ繋げるだけでは意味が無い…
  5. テニス クレーコート

    ストローク

    テニスの試合では、チャンスボールから攻撃していくときに、「ボールを見ながら相手も…
PAGE TOP