サーブ

ポイントを先行されたら、「とにかくファーストサーブを入れる」だけで、絶対に挽回のチャンスは来る!

サービスゲームのキープ率が低い人。

にはある共通点がある。

それは、ゲーム内で先行されたら、そのままあっさりブレイクされてしまうという点。

試合に強い、勝ち残れる選手は考え方が違う。

そう、肝はファーストサーブ、にあるのです。

 

ポイントを先行されたら、「とにかくファーストサーブを入れる」だけで、絶対に挽回のチャンスは来る!

 

■0-30になったら、もう諦めムードの選手って・・・

観ていて感じるのは、勝てない選手ほど試合が淡泊。

別な言い方をすれば、分かりやすいんですよね。

サービスゲームで0-30くらいになると、もうどこか破れかぶれな感じになる。

まだ十分、キープ出来る可能性はあるのに、もうファーストサーブを力で勝負!って・・・入らないですよ、それは。

入らなければセカンドサーブを入れにいって、叩かれる・・・みたいな。

そんな意識で、試合に勝てる訳がありません・・・よね。

 

■先行されているゲームを挽回するには、まずファーストサーブから

どうも意識が低いようですが、まずアナタが一番失点しやすいパターン、何だと思います?

私が察するに、それはダブルフォルト。

これを無くすだけで、どれだけキープ率が上がることか。

ゲーム内で先行されたのであれば、威力を落としてでもファーストサーブをしっかり入れること。

これはプロ選手の試合を観ても、如実に分かることです。

 

■試合に強い選手は、自信があるから先行されても慌てない

かつてビッグサーバー、として無敵の強さを誇ったサンプラス選手。

そのプレースタイルを引き継いで進化させたフェデラー選手、彼らの試合って、0-40になってもキープ出来る雰囲気がある。

ギアを上げる、という部分もありますが、絶対的にファーストサーブの確率を上げてくるんですよね。

その経験、成功体験があるから、自信が揺るがない。

アナタ自身、参考に出来る部分は多いはず。

まずはファーストサーブをしっかり入れる、これに尽きるのです。

 

0-3oになったら、まず何を意識するのか。

それが明確になっていれば、きっと試合でも迷いなく戦える。

迷いが生じるとそれが不安になり、アナタのメンタルを揺さぶってくるのです。

頭で理解したら、後は実践するだけ。

試合前に一度、この言葉を思い出して下さい。

先行されたら、ファーストを入れていく、です。

ピックアップ記事

  1. テニスのフットワークを支える足元の秘密は、スーパーフィートのインソール
  2. iphoneでテニス動画を撮影するなら、三脚ホルダーのスマホスタンドを使おう!
  3. プッシュアップバーを使って、テニスに必要なトレーニングを効率化しよう
  4. プロテニス選手を目指したいなら、英語は必須!実用的でオススメなテキスト5つ
  5. 寒くなる季節の変わり目に、テニスの試合で折り畳み式ブランケットは欠かせない

関連記事

  1. サーブ

    シングルスの試合でワイドにサーブで追い出した後、のボレーのコースはどこが最適?

    ワイドへのサーブが得意な人、はぜひ狙って欲しいのがサーブ&ボレー。…

  2. テニス メンタル

    サーブ

    サーブを打つ前から緊張する人は、「踵(かかと)」からゆっくり入るとリラックス出来るはず

    サーブを打つ前、緊張しますよね。これは、テニスの試合では避けて…

  3. テニス サーブ

    サーブ

    自分のサーブの調子が悪い時に、キープに結びつける方法について

    試合が始まって、気付くこと。「今日はサーブ、入らない・・・ぞ」…

  4. テニス ストローク

    サーブ

    試合の緊張した場面で、「サーブを置きにいくときの自分の癖」を把握しておけば直せる!

    サーブから崩れること、試合の中で多いはず。「今日は試合、思った…

  5. テニス サーブ

    サーブ

    スピンサーブを安定させたいなら、ボールの回転の向きを斜めに変えてみよう

    今回は、スピンサーブの安定感について。私自身、高校時代にこの感…

  6. テニス サーブ

    サーブ

    トスアップの位置、普通に「自分の前に上げる」だけだとなぜダメなのか?

    サーブのトスアップについて、実は大きな誤解が生じている、ケースは多い。…

特集記事

  1. テニス ボレー

    ボレー

    バックハンドボレーを逆クロスに打つには、ラケットをグリップから出していくこと
  2. 日々の雑記

    横浜DeNAベイスターズの勢いが凄い、のには理由がある
  3. テニス ダブルス

    ダブルス

    「ダブルスパートナーとの話し合い」テニスの試合で必要な、情報共有のポイント5つ
  4. テニス 練習

    戦術

    相手に向かって打つ、のは2往復までで良い
  5. テニス 試合

    その他

    「知らないうちに、やってるかも・・・」テニスの試合会場で見かける、マナー違反な行…
PAGE TOP