サーブ

ポイントを先行されたら、「とにかくファーストサーブを入れる」だけで、絶対に挽回のチャンスは来る!

サービスゲームのキープ率が低い人。

にはある共通点がある。

それは、ゲーム内で先行されたら、そのままあっさりブレイクされてしまうという点。

試合に強い、勝ち残れる選手は考え方が違う。

そう、肝はファーストサーブ、にあるのです。

 

ポイントを先行されたら、「とにかくファーストサーブを入れる」だけで、絶対に挽回のチャンスは来る!

 

■0-30になったら、もう諦めムードの選手って・・・

観ていて感じるのは、勝てない選手ほど試合が淡泊。

別な言い方をすれば、分かりやすいんですよね。

サービスゲームで0-30くらいになると、もうどこか破れかぶれな感じになる。

まだ十分、キープ出来る可能性はあるのに、もうファーストサーブを力で勝負!って・・・入らないですよ、それは。

入らなければセカンドサーブを入れにいって、叩かれる・・・みたいな。

そんな意識で、試合に勝てる訳がありません・・・よね。

 

■先行されているゲームを挽回するには、まずファーストサーブから

どうも意識が低いようですが、まずアナタが一番失点しやすいパターン、何だと思います?

私が察するに、それはダブルフォルト。

これを無くすだけで、どれだけキープ率が上がることか。

ゲーム内で先行されたのであれば、威力を落としてでもファーストサーブをしっかり入れること。

これはプロ選手の試合を観ても、如実に分かることです。

 

■試合に強い選手は、自信があるから先行されても慌てない

かつてビッグサーバー、として無敵の強さを誇ったサンプラス選手。

そのプレースタイルを引き継いで進化させたフェデラー選手、彼らの試合って、0-40になってもキープ出来る雰囲気がある。

ギアを上げる、という部分もありますが、絶対的にファーストサーブの確率を上げてくるんですよね。

その経験、成功体験があるから、自信が揺るがない。

アナタ自身、参考に出来る部分は多いはず。

まずはファーストサーブをしっかり入れる、これに尽きるのです。

 

0-3oになったら、まず何を意識するのか。

それが明確になっていれば、きっと試合でも迷いなく戦える。

迷いが生じるとそれが不安になり、アナタのメンタルを揺さぶってくるのです。

頭で理解したら、後は実践するだけ。

試合前に一度、この言葉を思い出して下さい。

先行されたら、ファーストを入れていく、です。

ピックアップ記事

  1. 「プリンス キャスター付きボールカゴ」が、やっぱり一番使いやすい
  2. 【読者の皆さまへ】アンケートのお願いです
  3. テニス選手のフットワークを支える、足首サポーター「ASO」
  4. バランスクッションを使って、テニス選手に必要なバランス感覚を養おう
  5. テニス部・テニスサークルとして勝てる集団になりたいなら、「スコアシート」は欠かせ…

関連記事

  1. テニス サーブ

    サーブ

    まっすぐな方向にサーブが打てれば、「両サイド共にしっかりコースを狙える」ようになる

    サーブをしっかり狙って、サービスゲームをキープしたい。でもコン…

  2. テニス コート

    サーブ

    「頼むからサーブ、入れてくれ!」と思う前に・・・アナタには出来ることがあります

    ダブルスの試合で、険悪なムードになる。まぁ、サーブが入らないと…

  3. テニス サーブ

    サーブ

    リターンでポジションが後ろの相手、の為に「浅いスライスサーブ」が試合では必要なんです

    サーブをしっかり返球して来る、粘り強い相手。シングルスでは、結…

  4. テニス サーブ

    サーブ

    「やってみたら、勝てる可能性アップ!」シングルスの試合でサーブ&ボレーが有効な対戦相手の特徴4つ

    シングルスの試合でのサーブ&ボレー、皆さんは1試合に何回くらい入れます…

  5. サーブ

    「ファーストサーブはスーパーセカンドサーブ」テニスの試合、サービスゲームで意識したいポイント

    試合中、ストロークが入らなくなったらどうする?原因は色々考えら…

  6. テニス メンタル

    サーブ

    「セカンドサーブを、少しだけパワーアップ」させたのが、アナタのファーストサーブです

    「ファーストサーブを入れること」の重要性は、何度も書いてきました。…

特集記事

  1. テニス 格上相手
  1. テニス ストローク

    ダブルス

    ダブルスの試合では、「相手に追い込まれそうなとき」こそしっかり相手のポジショニン…
  2. テニス ガスケ

    ストローク

    ガスケ選手、シモン選手が日本との「差」を見せ付けたのは、このショットでしょう
  3. サーブ

    「ダブルスでのサーブ&ボレーはステップで決まる!」試合で意識したい4つのポイント…
  4. テニス メンタル

    メンタル

    テニスの試合では、「スコアを追いつくこと目標」になってしまっていると、逆転なんて…
  5. テニス 練習

    その他

    年末年始に「年越しオールナイトテニス」を楽しみたいなら、品川プリンスホテル隣の高…
PAGE TOP