サーブ

どんなに速い強烈なサーブでも、「軌道は山なりだから安定して入る」ことを再確認しておこう

速いサーブを安定して入れることが出来る人、はどんなことを意識しているのか。

上から打ち下ろす?ように、周りはイメージしているかも知れませんが、本人はきっと違う。

そう、プロ選手でもサーブは「山なりの軌道」なんです。

この意識を持つと、精神的にも楽になるはずです。

 

どんなに速い強烈なサーブでも、「軌道は山なりだから安定して入る」ことを再確認しておこう

 


 

■上から抑え込むサーブは、絶対に入らない

どんなに身長が高い選手でも、直線的なサーブは入らない。

そう、まっすぐ飛んだら物理的に入らないことをしっかり覚えておきましょう。

「山なり」な軌道でも、回転をしっかりかけることで安定して良いサーブになる。

軌道のイメージ、アナタの頭の中に沸いてきましたか・・・?

 

■上に抜けていくイメージは、低い態勢からのサーブ練習で養おう!

椅子に座った状態、または膝をコートについた状態で、打ってみる。

目線が落ちると自然に「上方向」に向かって打とうという意識が沸いてきますよね。

試合でも、実際は膝を曲げて打つ訳ですから、思ったよりも近い状況なんです。

ボールが当たったら、そのまま上に抜けていくようなイメージで、大きく振り切ることを意識して打ってみましょう!

 

■良い回転をかけるには・・・やっぱりグリップが大事!

何度も書いてきましたので、もう聞き飽きた!と思う方も多いでしょうが、やっぱりサーブはグリップが大事。

コンチネンタルグリップ、包丁を持つようなラケットの握り方で、しっかり手のひらを外側に向けていくのを意識しましょう。

身体は横向き、保てていますか?

トスアップはコートの内側に落ちていくくらい、前に上がっていますか?

全てはグリップをしっかり「薄く」持てるように練習することが、大前提になります。

 

山なりなサーブはかっこ悪い?

いや、試合で勝てる選手のサーブを、ぜひ横から観てみて下さい。

きっとボールを打った瞬間は、ボールが上方向に向かって飛んでいるはず。

テレビのテニス中継は縦方向からの撮影なので、つい直線的なサーブに見えてしまいますよね。

これは危険、な発想の元になる。

サーブは山なり、でいきましょう!

ピックアップ記事

  1. 準備しておいて絶対に損は無い、試合会場でのトイレ事情について
  2. 「テニスラケット専用ウェイトボール」を使えば、素振りでのパワーアップも可能に!
  3. テニスの試合に強くなりたい人が読んで欲しい漫画、「アルキメデスの大戦」
  4. 高音質で防水仕様のワイヤレスイヤホンは、テニストレーニングに最適
  5. いつからヨネックスのシューズは、こんなにカッコ良くなったんだろう

関連記事

  1. サーブ

    セカンドサーブのトスは、少しだけ身体の近くに設定すれば安定する

    ファーストサーブと、セカンドサーブ。この2つのサーブの、どこを…

  2. テニス メンタル

    サーブ

    サーブを打つ前の構えから、既に力んでない?

    みなさんが、サーブを打つ前の構え。それこそ、トスアップ前の雰囲…

  3. テニス サーブ

    サーブ

    試合に備えて積んでおきたい、サーブ&ボレーの基本練習5つ

    試合の中でサーブ&ボレーを入れていきたい、と考えているみなさんへ。…

  4. テニス サーブ

    サーブ

    打てないサーブのコース、があることに自分で危機感を持とう

    サーブからしっかり攻撃して、キープしていく。これって、テニスの…

  5. テニス 確率

    サーブ

    テニスの試合、アナタのサーブに足りないのは、ズバリ「成功体験」です

    「サーブは入れるだけ」「サービスエースなんて、試合で出来る訳な…

  6. テニス サッカー

    サーブ

    高校サッカーを観ていて感じたこと、「テニスのサーブ」ってセットプレーに近いと思う

    私は毎年高校サッカーが好きで、年末年始はよく観ています。何気な…

特集記事

  1. テニス メンタル
  1. テニス ダブルス

    サーブ

    サーブに苦手意識がある人は、「慌ててセカンドサーブを打ち過ぎ」な傾向が大
  2. テニス ダブルス

    ダブルス

    実力で劣る後輩を引っ張るダブルス、に必要な要素4つ
  3. テニス メンタル

    戦術

    「見てないフリをして見ている」が効くから、テニスでは周辺視野が欠かせない
  4. テニス ストローク

    ストローク

    テニスの試合で「回り込みフォアハンド」を活かす為に意識したい5つのポイント
  5. 戦術

    甘い攻撃こそ、上の試合では格好の餌食になる
PAGE TOP