サーブ

どんなに速い強烈なサーブでも、「軌道は山なりだから安定して入る」ことを再確認しておこう

速いサーブを安定して入れることが出来る人、はどんなことを意識しているのか。

上から打ち下ろす?ように、周りはイメージしているかも知れませんが、本人はきっと違う。

そう、プロ選手でもサーブは「山なりの軌道」なんです。

この意識を持つと、精神的にも楽になるはずです。

 

どんなに速い強烈なサーブでも、「軌道は山なりだから安定して入る」ことを再確認しておこう

 

■上から抑え込むサーブは、絶対に入らない

どんなに身長が高い選手でも、直線的なサーブは入らない。

そう、まっすぐ飛んだら物理的に入らないことをしっかり覚えておきましょう。

「山なり」な軌道でも、回転をしっかりかけることで安定して良いサーブになる。

軌道のイメージ、アナタの頭の中に沸いてきましたか・・・?

 

■上に抜けていくイメージは、低い態勢からのサーブ練習で養おう!

椅子に座った状態、または膝をコートについた状態で、打ってみる。

目線が落ちると自然に「上方向」に向かって打とうという意識が沸いてきますよね。

試合でも、実際は膝を曲げて打つ訳ですから、思ったよりも近い状況なんです。

ボールが当たったら、そのまま上に抜けていくようなイメージで、大きく振り切ることを意識して打ってみましょう!

 

■良い回転をかけるには・・・やっぱりグリップが大事!

何度も書いてきましたので、もう聞き飽きた!と思う方も多いでしょうが、やっぱりサーブはグリップが大事。

コンチネンタルグリップ、包丁を持つようなラケットの握り方で、しっかり手のひらを外側に向けていくのを意識しましょう。

身体は横向き、保てていますか?

トスアップはコートの内側に落ちていくくらい、前に上がっていますか?

全てはグリップをしっかり「薄く」持てるように練習することが、大前提になります。

 

山なりなサーブはかっこ悪い?

いや、試合で勝てる選手のサーブを、ぜひ横から観てみて下さい。

きっとボールを打った瞬間は、ボールが上方向に向かって飛んでいるはず。

テレビのテニス中継は縦方向からの撮影なので、つい直線的なサーブに見えてしまいますよね。

これは危険、な発想の元になる。

サーブは山なり、でいきましょう!

ピックアップ記事

  1. アディダス テニスシューズ バリケード JAPAN がアシンメトリーで最高にカッ…
  2. いつからヨネックスのシューズは、こんなにカッコ良くなったんだろう
  3. テニスの壁打ちをする場所が無い・・・人は、「リバウンドネット」を設置してみない?…
  4. テニス選手のフットワークを支える、足首サポーター「ASO」
  5. 汗でグリップが滑りやすい人は、「Prince Grip Plus」がオススメ

関連記事

  1. テニス サーブ

    サーブ

    「自分が対戦相手より格上か、格下か?」を測るには、セカンドサーブが良い基準になる

    さぁ、これから試合!というときに、初対戦の相手であれば、まず相…

  2. サーブ

    「前後より上下動」テニスの試合ではサーブも横向き意識が重要!

    テニスボールは飛ぶように出来ている。もちろん打点が食い込まれた…

  3. テニス サーブ

    サーブ

    「速いサーブが打てる?」でもそれ、試合の緊張した場面で打てるかどうかが問題です

    日本全国、特に男子高校生が集まれば始まるイベントがあります。そ…

  4. テニス サーブ

    サーブ

    サーブの伸びが足りないと感じている人は、とにかく空に目線を残すことを意識しよう

    自分のサーブに伸びが無い人は、上方向へ力が伝わっていないケースが多い。…

  5. テニス サーブ
  6. テニス サーブ

    サーブ

    サーブの安定感をアップさせるには、一瞬苦しいと感じるくらいの身体の使い方で良い

    サーブの安定感に悩んでいる方、多いと思います。何を隠そう、私自…

特集記事

  1. テニス 格上相手
  1. その他

    「テニスコートは微妙な広さ」テニスの試合では、ひたすら走り続けても勝てません
  2. テニス ストローク

    ボレー

    試合の中でフォアハンドボレーの決定力が無い、と感じている人が意識したい5つのポイ…
  3. 練習メニュー

    練習メニュー

    前衛のプレッシャーに耐える、実戦的な並行陣のボレーを磨く練習メニュー
  4. テニス

    日々の雑記

    僕らの試合は、オリンピックのそれとは違う
  5. テニス ダブルス

    スマッシュ

    試合の中で一度や二度の失敗で、スマッシュを諦めてはいけない
PAGE TOP