スマッシュ

テニス試合でのネットプレー、「最後はスマッシュでフィニッシュする」という意識を持ってロブを警戒しよう

スマッシュの技術、意外と見落とされがちですが試合での貢献度は大きい。

大会で勝ち抜くときに、まずもってスマッシュが苦手そうな選手、上のレベルではいませんよね。

それでも、皆がスマッシュが得意な訳では無い。

ですが、試合に強い選手はスマッシュの重要性を分かっている。

そして、スマッシュでポイントを終わらせる覚悟も出来ている、のです。

 

テニス試合でのネットプレー、「最後はスマッシュでフィニッシュする」という意識を持ってロブを警戒しよう

 


 

■スマッシュが苦手な選手は、相手にバレる

強い選手は観察眼が鋭い。

何を観るか?私もそうですが、まず相手の「スマッシュの力」を確認します。

ここに穴があれば、もう試合は勝ったようなもの。

だっていくら攻撃されても、上に上げておけば良い訳ですから。

ダブルスなら、厳しいサーブは前衛の上に上げておけば良い。

こういう考えがあるからこそ、スマッシュは試合で使えるように磨いておかないと格上相手には勝てないのです。

 

■スマッシュを避けている自分、がいないか?

いつも問いかけて欲しいのは、この問題。

相手にロブを上げられる、上を使われることを「嫌がっている」自分がいないかどうか。

どんなに厳しいロブでも、自分の上を通過していくボールであればチャンスはある。

考え方さえ前向きになれば、きっとスマッシュは格段に上達する。

そう、スマッシュのチャンスがあることを、自分から避けていては絶対に強くならないのです。

 

■スマッシュでフィニッシュ、はいつも口癖にしよう

自分の口癖、ちょっと意識してみませんか?

ダブルスで「チェンジ!」が口癖の人、普段から変えてみる。

「スマッシュで、フィニッシュ」と、テニスコート以外でもしっかり声に出してみて下さい。

頭おかしいんじゃない?と思われても、普段のこんな習慣から変えていけば、実力が伴ってくるのがテニス。

スマッシュで終わる、ことから逃げない姿勢こそ、アナタのネットプレーをレベルアップさせていく原動力になるのです。

 

打てば打つほど、スマッシュは上手くなる。

それも、試合の大事な場面、緊張感のある場面でこそ、効果大。

多少失敗しても、トライしていれば課題も見つかるし修正出来る。

ひたすら避けていても、いつまでもスマッシュの苦手意識は無くならない。

ぜひ、一度意識から変えてみて下さい。

ピックアップ記事

  1. 「HEADのボールって、実際どうなの?」の質問にお答えします
  2. 「最近使い始めた、ホワイトボードみたいなのって何ですか?」のご質問
  3. 何度でも消して使える、ウェアラブルメモはテニスでも使えそう
  4. 寒くなっても清潔感は保ちたい、テニスプレイヤーのみなさんに
  5. スピンサーブ習得の秘密兵器に、「スピンサーブマスター」を使ってみない?

関連記事

  1. テニス ダブルス

    スマッシュ

    今現在のスマッシュを「試合で使えるスマッシュ」に変えていく4つのポイントと練習法

    アナタ自身が試合に出たときに、スマッシュでポイントを決められるとどんな…

  2. スマッシュ

    スマッシュの構えは、横向きよりも〇〇

    スマッシュをしっかり下がって、強く打つ。これが出来れば、もっ…

  3. テニス ポジショニング

    スマッシュ

    「ボールの落下点真下」に入ると、意外とスマッシュは打ち辛い

    スマッシュを打つ時の落とし穴。特に、厳しいロブよりも甘いロブ、…

  4. テニス スライス

    スマッシュ

    バドミントンのように、スマッシュの後は前をケアしよう

    最近、バドミントンの日本勢の躍進がすごいですよね。近しいテニス…

  5. テニス ストローク

    スマッシュ

    「下がらないから打てないだけ」テニスでスマッシュに苦手意識がある人の一番の特徴

    ダブルスの試合で、せっかく攻撃的な前衛のポジションにいるのに、ロブが上…

  6. テニス サーブ

    スマッシュ

    身体を後ろに傾けて打つスマッシュ、が実は9割

    スマッシュを試合の中で打つイメージ、皆さんはどんな「身体の使い方」を想…

特集記事

  1. ダブルス

    自信満々、な相手の方がポーチが効く
  2. テニス メンタル

    シングルス

    シングルスの試合では、「精神的に自分が落ち着ける場所」をコート後方に作りましょう…
  3. テニス フットワーク

    ストローク

    ナダル選手の強みである、「相手を走らせて自分のフォアハンド側を空けて待つ」作戦を…
  4. フットワーク

    「ナイス反応!」にはポイントがある!テニスの試合で必要な反応における大原則
  5. テニス ボレー

    ストローク

    フォアハンドでのスライスストロークは、「しっかり上から抑えて」どんどん攻撃的に使…
PAGE TOP