ストローク

テニスの試合で、「相手のストロークのボールが浅くなる!」ことに気付く為に確認すべき5つのポイント

シングルスでもダブルスでも、「どのタイミングで攻撃して良いのか分からない」という方が多い。

テニスでは大前提として、ボールが短くなる、ときに攻撃していきやすい。

ネットに近い位置でアナタが打てる、方がより攻撃的にプレー出来ますよね。

試合に勝てない、攻撃力が弱い人は、まず「浅いボール」に気付くのが遅い。

この反応力の差が、そのまま実力差になっているのに早く気付いて欲しいと思うのです。

 

テニスの試合で、「相手のストロークのボールが浅くなる!」ことに気付く為に確認すべき5つのポイント

 


 

1.自分のボールが深いとき

自分が相手に対してどんなボールを打っているのか、もっと神経質になりましょう。

毎回自分が打っているボールが違うのに、自分の準備、対応は同じになってはいませんか?

しっかり深いボールを打ったときには、1歩前に入って浅いボールに備える。

深いストロークのボールは当然、相手からの返球が浅くなりやすいのです。

 

2.相手の打点が低い

ストロークの打点が低いと、浅くなる可能性も高くなります。

または、ぽわーんとつないでくるだけ、という場合もありますよね。

いずれにしても、次にアナタにとってのチャンスになる可能性が高い。

低い打点からのストロークは、テニス選手にとって特徴が出やすい。

特にバックハンドは、浅くなる選手が多いのでしっかり狙ってチャンスを待ちましょう。

 

3.相手の逆を突いたとき

ストロークのラリーをしていて、「相手の逆を突けた!」とき、ありますよね。

その返球は、きっと中途半端で浅くなる。

こういうときに、後ろで待っていてはダメ。

相手が打ってからの反応、でも全然遅いんです。

しっかり自分から「浅い!」雰囲気を早く感じ取って、攻撃していく姿勢を持ちましょう。

 

4.態勢が乱れているとき

イレギュラーバウンドなど、相手の態勢が崩れているときも、浅くなる。

こういう細かい変化に、身体が瞬時に反応出来るように、ハンターのような意識を持って下さい。

願っても無いチャンス、を逃していては試合で勝てない。

リズムが良い相手でも、転びそうになったり何が起きるか分からないのがテニス。

意識を高く持って、浅いボールへの反応速度を磨きましょう!

 

5.相手の当たり損ないのとき

ラケットの打球音が違う、または4.のように態勢が乱れて相手が当たり損ないになる、ことに気付けるかどうか。

当たり損ないでドロップショットになってしまう、なんて練習でもよくありませんか?

これって、アナタの失点です。

試合では、大事な場面でこういうことが起こり得るのが怖いところ。

相手の当たり損ないは、アナタが浅いボールをケアしてこそ、やっとアナタの得点になるのです。

 

チャンスは待っていても来ない。

いや、来たとしてもチャンスなんて一瞬です。

浅いボールは、反応が遅いと相手のナイスドロップショットになる。

これって、悔しいし得点が失点になる、最悪ですよね。

危機感を持って、浅いボールへの反応を磨いていきましょう!

ピックアップ記事

  1. 暑くも寒くも無い時期には、「アームカバー」で体温調整を
  2. テニスシューズの中で、自分の足が滑る・・・ような人は、5本指ソックスに変えてみよ…
  3. テニスのニューボールの状態を維持出来る、「ボールキーパー」って?
  4. 飲んだらコンパクトに!パックアップボトルを持って試合に出かけよう
  5. 急な怪我でも安心!準備しておきたい応急処置グッズ5つ

関連記事

  1. テニス ストローク
  2. テニス ストローク
  3. テニス シングルス

    ストローク

    テニスのストローク、トップスピンの回転は「下向き面で安定させる」ことで試合で使えるようになる!

    ストロークでトップスピンを打つときのラケット面、どのくらい下を向けてい…

  4. テニス スライス

    ストローク

    スライスストロークをストレートに流す、技術はなぜ必要なのか?

    スライスストローク、まだこの重要性に気付いている人は少ない。そ…

  5. テニス ボレー

    ストローク

    「トップスピンを掛けたい!!」打点とスイングスピードの調整が、テニスでは必要!

    「ストロークの回転量を増やしたい!」そう思ってる人多いよね。…

  6. テニス ストローク

    ストローク

    テニスの試合のラリーでは、自分が打った後は「ボールでは無く相手」を集中して見よう!

    初心者の方と、試合慣れしている方。一番の違いは、打った後の意識…

特集記事

  1. テニス フットワーク

    サーブ

    サービスゲームの基本、「サーブを打つ前に、相手リターンの位置」は必ず確認しよう
  2. テニス ストローク

    フットワーク

    回り込みフォアハンドに必要な、クロスオーバーステップを使っていこう!
  3. テニス ドロップショット

    ストローク

    テニスのウォーミングアップのショートラリー、「しっかり自分のスィングで」ラケット…
  4. テニス 錦織圭

    その他

    「とりあえず上手い人を真似てみて、型から入る」ことが出来る人は、テニスの上達が早…
  5. テニス 気付き

    練習メニュー

    良い練習をしていても、すぐに結果が出るとは限らないのがテニス
PAGE TOP