テニス フットワーク

ストローク

ベースラインから浅いボールを拾ったときに、「ぽわーんと浮いた返球」になってしまう人はココをチェック!

テニスの試合、浅いボールはチャンス・・・と思える人、は試合に強い。

試合に弱い、勝てない人は、浅いボールはチャンスではなくむしろピンチになってしまうかも・・・。

浅いボール、結構ギリギリで届いたときに、アナタの返球はどんな感じになっていますか?

ぽわーんと浮いたボールで返球、の後に相手から攻撃される・・・なんて風にならないように、しっかり相手にとって「嫌」なボールを返球出来るようにしましょう!

 

ベースラインから浅いボールを拾ったときに、「ぽわーんと浮いた返球」になってしまう人はココをチェック!

 

■ラケットをボールの下、に入れるのは危険!

返球したい、という想いが強いと、どうしてもラケットをボールの下に入れたくなる。

間違い、ではありませんが、それだと山なりな返球になって相手のチャンスになりやすい。

強い相手は、しっかり次の返球で仕留めようと狙っている。

アナタは、相手の作戦通りに前におびき出されているだけかも・・・。

ボールの下、にラケットを入れるのではなく、ここは勇気を出してボールの後ろをコツン、と打ってしっかり直線的なボールで深い位置に返球出来るようにしましょう。

 

■まずは深く返球して、次のボレーに備えてポジショニング

浅いボールをギリギリキャッチ、するときにはまず相手コートの深い位置に返球したい。

ですので山なり、よりは少しフラット気味にボールの後ろを捕らえて、フォロースルーを前に出していきましょう。

手首を使うのではなく、肩を支点に腕全体でボールを押し出していくように意識してみて下さい。

深く打てた後は、ボレーで勝負!

しっかり良いポジションを取って、相手のパッシングショットやロブに備えましょう。

 

■ダブルスの試合では、相手前衛の頭の上を狙うのも有り

今までの説明は、シングルスを想定したもの。

ダブルスでは、どんな場面が想定されるでしょうか・・・?

まずは、雁行陣の前、に浅いボールが来たときですよね。

このときには、相手の前衛の頭の上を狙ってロブを打つのもあり。

そんなときには、ラケットをボールの下に入れて、しっかり軌道を高く打てるように調整しましょう。

シングルスなら直線的、ダブルスで前衛を抜くならしっかり山なり、と浅いボールの対応を使い分けられれば、アナタは立派な試合巧者です!

 

浅いボールは、しっかり走りながら打つイメージを固めましょう。

結論が出ないままに打つことになると、それは中途半端な返球になってしまう。

走りながら考える、この習慣はテニスでは本当に大事。

特にダッシュ力が問われる、前に走るときに真価が問われます。

さぁ、浅いボールへの対応、磨いていきましょう!

ピックアップ記事

  1. 何度でも消して使える、ウェアラブルメモはテニスでも使えそう
  2. プッシュアップバーを使って、テニスに必要なトレーニングを効率化しよう
  3. 男子シングルスの試合を戦い抜くなら、大量発汗にも耐えうるタオルチョイスを
  4. 晴雨兼用のビッグパラソルは、テニス選手なら欠かせないアイテム
  5. ベイビーステップ 46巻 は、シングルスの試合の駆け引きの描写が秀逸

関連記事

  1. ストローク

    なぜ、ほとんどの人がストロークで「身体が開いてしまう」のかを解き明かす5つの理由

    「身体、開いてるよ!」と、ストロークのときに指摘される方。日本中に…

  2. テニス リターン

    ストローク

    テニスの試合、「自分のストロークに伸びが無い」と感じたら試したい改善策4つ

    テニスの試合、ストロークに伸びが無い・・・と自分で感じることはあります…

  3. テニス リターン

    ストローク

    テニスの試合で、「高い打点のストロークをしっかり決め切る」為に必要な意識と準備4つ

    高い打点のストローク、しっかり攻撃的なショットに出来ていますか?…

  4. テニス ストローク

    ストローク

    ストロークを安定させたいのに、「低い打点でこすってばかり」の人、いませんか?

    テニスの試合、なんだかんだ言ってもストロークの力がモノを言う。…

  5. テニス ストローク
  6. ストローク

    低く浅い球をスピンで持ち上げるより、そのままスライスで前へ押し出そう

    アプローチショット、と肩に力を入れる必要はありません。しっかり…

特集記事

  1. テニス メンタル
  1. テニス 練習

    ストローク

    せっかく走って追い付いたのに、何で無謀なショットを打つの?
  2. ストローク

    深いボールの返球が出来ない人は、バウンドに合わせる癖を引きずってるだけ
  3. シングルス

    ドロップショット、シングルスの試合ではこう使おう
  4. テニス サーブ

    戦術

    テニスの試合、相手が強いんじゃなくて、アナタが強さを引き出してあげ過ぎ
  5. テニス ストローク

    ストローク

    浅いボールのバックハンドでのアプローチは、「小さく上に振り上げる」スピン回転を磨…
PAGE TOP