テニス フットワーク

ストローク

テニスの試合で、「相手のバックハンドを狙っているのにフォアに回り込まれてしまう・・・」人に贈る対策とは?

相手のバックハンド側を狙って試合を展開しているのに、なぜか回り込まれて逆に攻撃されてしまう。

そんな感覚に陥っている人、いませんか?

ただバック側を狙っておいて勝てるのは、初中級の相手まで。

上のレベル相手に勝っていくには、そこに一工夫を加えたテニスが必要なのです。

 

テニスの試合で、「相手のバックハンドを狙っているのにフォアに回り込まれてしまう・・・」人に贈る対策とは?

 


 

■バックハンドを狙うのは常套手段、相手も分かっている

もしアナタが試合にたくさん出ている選手であれば、分かっているはずです。

テニスの絶対的原則は、相手のバックハンド側を狙うこと。

リーチも短く、安定感にも乏しいバックハンドにボールを集めてチャンスを引き出す作戦は、プロ選手でも実践する常套手段です。

当然、相手も対策をしっかり練ってくる。

攻撃的なフォアハンドで、しっかりバック側を攻撃していきたいですよね。

でもしっかり狙っているつもりでも、フォアハンドで回り込まれて逆にバック側を攻撃されて窮地に陥ること、試合の中でありませんか?

これを打破するには、2つのポイントが重要になってきます。

 

■バックハンドを狙うには、ときにフォアハンド側にも打って相手のポジションを変える必要が有る

バックハンド側ばかりにボールを集めていては、相手もポジションをずらしてバック側をカバーします。

そこで空いてくるフォアハンド側のスペースも、しっかり突いておく必要があること、アナタは気付いていますか?

しっかりフォア側にも打っていく姿勢をたまに見せておくことで、相手も迷うしポジションがセンター寄りになる。

バカの一つ覚えみたいにバック側ばかりにボールを集めている相手ほど、やりやすい相手はいません。

意地になってバック側に集めようとして、サイドアウトしてしまうのももったいない。

しっかり相手のポジションを把握して、自分から動かして調整できるように意識しましょう。

 

■深さは必要無く、必要なのは適度な浅さ!

深いボールほど、時間があるから回り込みやすい。

適度に浅いボールは、フォアハンドに回り込むのは難しい。

この原則を、しっかり理解しましょう。

ドロップショットのように、厳しいショットは必要ありません。

サービスライン附近にバウンドするくらいで充分です。

相手を前に動かしながら、しっかりバックハンドの低い打点でストロークを打たせることができれば、大成功。

そこからアプローチしてこないようであれば、フォアハンドの深い位置にもオープンスペースが出来ているはず。

特に両手バックハンドストロークを得意にする選手は、こういった浅いボールを苦手にする傾向にあります。

深いボールであれば、しっかり高く弾ませたい

ぜひ、使って相手のバックハンドを攻めていきましょう!

 

アナタの打つフォーム、しっかりコースを隠せていますか?

コースの打ち分けはただ「打てればOK」なのではなく、相手に「ばれていない」ことが大事になります。

特に上のレベルになれば、その読み合いは高度になります。

ぜひ、相手もバックハンド側を攻撃する際にも、「フォア側にも打てるよ!」というアピールを、速いテイクバックから意識してみて下さい。

 

ピックアップ記事

  1. 急な怪我でも安心!準備しておきたい応急処置グッズ5つ
  2. 男子シングルスの試合を戦い抜くなら、大量発汗にも耐えうるタオルチョイスを
  3. 「プリンス キャスター付きボールカゴ」が、やっぱり一番使いやすい
  4. テニスフリークなら必携のタオルは、「作戦ボードタオル」で決まり!
  5. テニスの試合で勝ちたい男子選手に、オススメのゲームウェア

関連記事

  1. テニス ストローク

    ストローク

    「ラケットを振り抜けない君へ」テニスの試合では早めの準備で迎えに行こう

    苦手ショットの時に、ラケットを振り切れない人が多い。ま、苦手だ…

  2. テニス セルフジャッジ

    ストローク

    ラリーでつないだら、やられる・・・と感じたら、試してみたい作戦5つ

    試合の中で、苦しい場面。相手が強いと感じるのは、「つなげない」…

  3. テニス スマッシュ

    ストローク

    体幹を捻ってテイクバック、だからストロークに安定感が出る

    「準備が遅い!」と、何度も言われ続けているみなさん。ここはもう…

  4. テニス ストローク

    ストローク

    ストロークのレベルを上げたければ、左右よりも前後の反応速度を上げていこう

    試合の中で、ストロークが強い人ってどんなイメージでしょうか?左…

  5. テニス ストローク

    ストローク

    浅いボールをしっかりスピン回転で攻撃するストローク、に必要なコツ4つ

    浅いボールを前に走って、ストローク。ここでスライスでも良いけど…

特集記事

  1. テニス 気付き

    その他

    テニスの試合で、「ボールをよく見て、コースをしっかり打ち分ける」が出来るようにな…
  2. ストローク

    打ちにいきたいポイントほど、引き付けて我慢する打点が大事
  3. テニス メンタル

    フットワーク

    トーナメントを勝ち抜く上のレベルで絶対必要!「テニスにおける、フェイトの技術」を…
  4. テニス ダブルス

    ストローク

    ストロークで肘をたたむような打ち方は、意外と本人は気付かない
  5. テニス サーブ

    サーブ

    ダブルスの試合でボディサーブが有効なのは、「ストレートへのリターンが難しい」から…
PAGE TOP