テニス メンタル

メンタル

テニス選手として、「目標を口にするだけで満足してはいないか?」という問いかけを自分にしてみる

有言実行。

テニス選手としては、私は素晴らしい形だと思います。

スポーツにおいて自分がどうなりたい、どういう結果を出したいかということを、周りに伝えることは大事。

ですが、つい伝えただけで満足してしまっている節はありませんか?

 

テニス選手として、「目標を口にするだけで満足してはいないか?」という問いかけを自分にしてみる

 


 

■「いつも口だけ」の選手にならない為に

しっかり目標を立てて、自分の中で努力していく。

テニスに限らず、これが本当に本気で実践出来ている人は意外と少ない。

ましてや、周りに伝えるということは勇気が要りますよね。

中学生、高校生にもなれば言葉には責任が伴う。

だからこそ有言実行、には重みが増すのです。

 

■「目標を口にして満足」している選手は、行動していない

目標を立てて口にしているだけで満足している選手は、行動を観れば分かる。

インターハイに出たいのに、今県の代表になっている選手の情報を持っていない、試合出来る環境を作ろうとしていない。

実際に彼ら、彼女らの代わりとして自分が県の代表になる、ということがどういうことなのか。

自分の目標に対して、正しい知識と覚悟が足りないと、結局口だけになってしまう。

口にするなら、自分で行動目標と計画をじっくり考えてからがベスト。

もちろん、あえて先に口にして自分を厳しい環境に置く、というのも良いこと。

いずれにせよ、とにかくアクションの数と質は、まだまだ足りないという意識を持ちましょう。

 

■言葉にすればそれは責任となり、やがて大きな実を結ぶ

私はまず、目標をしっかり立てて周囲に口にする、ということも大事だと思っています。

私自身、高校時代は口ばっかりの選手でした。

だからこそ、皆さんにはそこに行動を加えて欲しい。

アナタが思っている以上に、アナタの言葉には責任が伴っている、ということを忘れないで欲しい。

「達成しなくても、別に誰にも迷惑かけないし・・・」と思っていては、まだまだ子供じみている。

自分自身の価値を下げてしまう、という危機感を持つ。

その危機感こそ、有言実行で大きな実を結ぶ原動力となるのです。

 

つい、目標は現実的に考えがち。

このあたりは、各自の性格にも寄りますよね。

ですが以前にも書いた通り、テニスでも何でも「望まなければ、得られない」世界なのです。

せっかくなら、高く望んで、周りを巻き込んで、頑張ってみませんか?

ピックアップ記事

  1. 多動力こそ、これからの時代のテニス選手に必要だと思う
  2. 急な怪我でも安心!準備しておきたい応急処置グッズ5つ
  3. iphoneでテニス動画を撮影するなら、三脚ホルダーのスマホスタンドを使おう!
  4. テニスに必要な筋力トレーニング、リストウェイトが効果的です
  5. 水で濡らして絞って振れば、何度でも冷たくなるタオルが使える

関連記事

  1. テニス メンタル

    メンタル

    「もう、何をやってもムダかな・・・」と、思って欲しいと相手は考えているはず

    テニスだけじゃない、スポーツでのあらゆる種目において、そうでしょう。…

  2. テニス フットワーク

    メンタル

    「テニスで周りに認められたい」と思えば、まず自分から自分のテニスを認めてあげよう

    メンタルが強い、と言われる人。試合でも強い人は、しっかりと自分…

  3. テニス メンタル

    メンタル

    「目標に到達するには・・・?」テニスの試合で必要なのは具体的なイメージ

    今年のテニスの目標はなんだろう?「上手くなること!」「強くなり…

  4. テニス ミス

    メンタル

    「自分はミスをする人間である」と考えておけば、自然にメンタルは強くなる

    皆さんは試合中、「ミスは多い方」だと思いますか?試合以外の場所…

  5. テニス メンタル

    メンタル

    テニスの試合では、「ゲームポイントの1つ前のポイントに、全精力を注ぎたい」その理由について

    ゲームポイント、セットポイント、マッチポイント。ポイントと名前…

  6. テニス 夜

特集記事

  1. テニス メンタル
  1. シングルス

    テニスのシングルスの試合の中で、「苦しいときほど、相手とラリーをしよう」と考えら…
  2. メンタル

    「全部取ろう」、「全部入れよう」とするから、試合で自分を苦しめてしまう
  3. テニス フットワーク

    フットワーク

    テニスの試合で「泥臭く勝っていく」ことは、走り回って粘ることとはちょっと違う
  4. テニス 環境

    ダブルス

    「ダブルスを極めたい」ならぜひチェックしておきたい、テニスのベストマッチ動画5選…
  5. テニス知識

    テニスの試合に強くなりたい人が読んで欲しい漫画、「アルキメデスの大戦」
PAGE TOP