テニス ボレー

ボレー

【動画リンク有り(外部)】ボレーのテイクバックをコンパクトに改善するコツ

今回は、外部のサイトの動画を通じて「コンパクトなボレー」を解説してみたいと思います。

みんラボ」は多くのテニスプレイヤーに向けて無料動画を公開している、本当に勉強になるサイトです。

私もいくつか参考にさせて頂いていて、改めて良い動画だな・・・と思ったので今回、ご紹介させて頂きます。

 

【動画リンク有り(外部)】ボレーのテイクバックをコンパクトに改善するコツ

 

まずはコチラ↓の動画(約4分)を観てみて下さい。

 

意識したいポイントはいくつかありますが

 

・ネットを使って「後ろに引かないテイクバック」の感覚を養う

・ラケットを持たない手を使い、ラケットの動きを制限する

・前にのみ触りにいく練習、をすることで「テイクバック無し」の感覚を養う

 

すごい発想力だと思いました。

何も特別な道具は使わない、コートにあるものと、自分の腕だけを使っているのに効果的な練習が出来る。

ボレーはテイクバックを小さく、と思っていても、なかなか自分の技術を変えるのは勇気が要りますよね。

人は、必要性にかられたときに、本気で何かを変えようとする。

結構、やってみると窮屈な練習も多いと思いますが、慣れてくればそれが普通になる。

ぜひ皆さんも、参考にしてみて欲しいと思います。

ピックアップ記事

  1. 寒くなる前に購入マスト、なテニス選手に最適なベンチコート3選
  2. 冬のテニスのマストアイテム、手袋選びは勝利への近道
  3. テニスラケット ピュアドライブの新作は、「攻撃的な大人のテニス」に最高の武器にな…
  4. 汗でグリップが滑りやすい人は、「Prince Grip Plus」がオススメ
  5. テニスシューズの中で、自分の足が滑る・・・ような人は、5本指ソックスに変えてみよ…

関連記事

  1. テニス 戦術

    ボレー

    テニスの試合における攻撃の基本は、「相手を動かして、戻る時間を与えない」から有効なんです

    テニスの試合に出ている人の中で多い質問が、「シコラーに勝てないんです!…

  2. テニス ボレー

    ボレー

    「下がりながらやっと届いたバックハンドハイボレー」から態勢を戻しつつ攻撃する、アングルの発想とは?

    バックハンドのハイボレーは、テニスで一番打つ時に力が入り辛い場所。…

  3. テニス メンタル

    ボレー

    ダブルスの並行陣では、「スライスのボレーで粘る」だけだと、オムニコートでは打ち込まれてしまいます

    ダブルスでサーブ&ボレーから前に出る、並行陣にトライしているけどなかな…

  4. テニス スマッシュ

    ボレー

    ボレーで決めることが出来ない…人は、「相手がボールを打つ少し前」に、打つコースを決めてしまおう

    ボレーの決定力、自分はある!と自信を持って言えますか?なかなか…

  5. テニス

    ボレー

    ボレーのときに身体が開く人は、胸から突っ込んでいるケースが多い

    女子ダブルスの試合だと、4人全員でボレー、のような形ありますよね。…

  6. テニス 準備

    ボレー

    テニスの試合の中で、「相手の当り損ないは仕方ない?」けど、打球音を聞けば判断早く反応できる!

    テニスの試合では、「当たり損ない」がエースになるケースもあります。…

特集記事

  1. テニス 格上相手
  1. テニス 体力

    戦術

    テニスの試合に力んで入っても、そのプレーで序盤に体力を消耗するだけ
  2. テニス メンタル

    メンタル

    試合の中で、「自分のプレッシャーが相手に効かない・・・」ときの対応策、は何がある…
  3. テニス メンタル

    サーブ

    サーブのトスアップは、「身体全体で勢いを付けて上げない」ように出来ると、安定感が…
  4. テニス ラケット

    その他

    ラケットを使ったボールキャッチが苦手な人は、試合前から相手に自信を与えてしまう
  5. テニス ストローク

    ストローク

    テニスでは攻撃的な時ほど、ラケットスウィングは小さくなる
PAGE TOP