テニス メンタル

スマッシュ

テニスの試合の中で、「スマッシュを打つときの反応が遅くなる」5つの要因と解決方法について

スマッシュの決定力は、反応次第。

相手のロブにいかに早く気付けて、準備出来るかどうかがカギを握ります。

ロブって山なりなボールだし、ゆっくりした準備でも大丈夫・・・みたいな雰囲気、アナタは持っていませんか?

だとしたらすごく危険!

今すぐ遅くなっている要因を、一緒につぶしていきましょう。

 

テニスの試合の中で、「スマッシュを打つときの反応が遅くなる」5つの要因と解決方法について

 


 

1.スマッシュ自体への苦手意識

練習しても、試合で成功しても、なかなかスマッシュへの苦手意識が消えない人。

それは、失敗したときのイメージを強く持ち過ぎているからです。

スマッシュミスって、印象に強く残るし苦手意識を醸成していく。

多少のミスは忘れて、しっかり良いイメージを持てるように普段から練習したり、自分の動画を観たりして試合に備えましょう。

 

2.身体が横向き不測

ロブが上がった、スマッシュを準備する段階では身体はしっかり横向き。

これが出来ていないと、正面を向いてしまってスマッシュがコントロール出来ません。

前を向いている状態だと、それは「反応出来ている」とは言えない。

しっかり横を向いて下がる態勢を素早く作れるように、反応を速くしていきましょう。

 

3.スロートに手が添えられていない

スマッシュ、というよりもそれ以前の構えの問題で、ラケットのスロートの部分に手が添えられているかどうか?

これも実は大事なポイント。

ラケットは常に両手でリラックスして持っている、と全てのショットに反応が良くなります。

片手だけで持っていると、反応が遅れるだけでなく疲労が溜まりやすくなってしまうのです。

 

4.クロスステップが出来ていない

反応が遅い=後ろに下がるのが遅い、のがスマッシュ。

しっかり下がれば打てるのに、その場で待ってしまうようになるのは初中級者の特徴です。

クロスステップ、横向きで前足が後ろ足よりも後ろの位置に着地するステップだと、大きな歩幅で素早く下がることが出来ます。

もつれそうになっても、身に付けると守備範囲が広がりますのでぜひ練習してみて下さい。

 

5.ラケットの準備が遅過ぎる

そもそも、ラケットをしっかりセットする、のが遅い人が大多数です。

顔の横にラケットを持つ肘が来るくらい、そしてラケットの先を空の方向へ向けてしっかり準備しましょう。

準備が速ければ、ラケットの振り出しも速くなる。

振り出しが速ければ、大抵のスマッシュは重たい良いスマッシュになってくれるのです。

 

準備の遅さは、気持ちだけでは変えられない。

具体的に何をどう変えるか、を自分で意識してみて下さい。

慣れてくるときっとロブが待ち遠しくなる。

打たれる、のではなく呼び込む意識が大事です!

ピックアップ記事

  1. 多動力こそ、これからの時代のテニス選手に必要だと思う
  2. 「HEADのボールって、実際どうなの?」の質問にお答えします
  3. 暑くも寒くも無い時期には、「アームカバー」で体温調整を
  4. iphoneでテニス動画を撮影するなら、三脚ホルダーのスマホスタンドを使おう!
  5. みなさんに感謝の気持ちを込めて、新しい取り組みを始めます!

関連記事

  1. テニス ダブルス

    スマッシュ

    予測力を磨けば「スマッシュは返球できる!」テニスの試合に必要な予測力とは?

    試合上手は、相手の攻撃をいなすのが上手い。テニスのおいて、この…

  2. テニス スマッシュ

    スマッシュ

    「肩を入れた構え」が出来れば、スマッシュは楽に逆クロスに打てる

    スマッシュに苦手意識がある人は、まずこの意識から。逆クロス方向…

  3. テニス スマッシュ
  4. テニス ストローク

    スマッシュ

    スマッシュの決定力を磨きたければ・・・?

    スマッシュを打っても打っても、決まらない・・・うちに、ミスしてしまう。…

  5. テニス サーブ

    スマッシュ

    「スマッシュを磨きたければ、スライスロブを打ち抜け!」一般レベルの試合の勝敗は、この決定力で決まる!…

    スマッシュを打ち切れるかどうか、はテニスの試合の勝敗を大きく左右します…

  6. テニス メンタル

    スマッシュ

    「アウトだと思ったら、入ってた…」を無くしたい!テニスのスマッシュ力を鍛える大胆な練習とは?

    スマッシュに自信が無いと、ポイントを締めるイメージができません。…

特集記事

  1. テニス ダブルス

    ダブルス

    ダブルスでポイントを失った時は、「ペアにゴメン、ではなく次にどうするか!」を伝え…
  2. テニス ボレー

    ボレー

    ボレーでのボールとの距離感、どっちの足基準?
  3. テニス メンタル

    メンタル

    「とにかく勝ちたい!」と気負うよりも、「どうやったら負ける確率を下げることが出来…
  4. テニス フェデラー

    メンタル

    「長いラリーのポイントを獲った後」には、声を出して鼓舞していこう
  5. テニス ストローク

    ストローク

    ストロークで深いボール、に対応する為の5つの基本
PAGE TOP