テニス メンタル

スマッシュ

テニスの試合の中で、「スマッシュを打つときの反応が遅くなる」5つの要因と解決方法について

スマッシュの決定力は、反応次第。

相手のロブにいかに早く気付けて、準備出来るかどうかがカギを握ります。

ロブって山なりなボールだし、ゆっくりした準備でも大丈夫・・・みたいな雰囲気、アナタは持っていませんか?

だとしたらすごく危険!

今すぐ遅くなっている要因を、一緒につぶしていきましょう。

 

テニスの試合の中で、「スマッシュを打つときの反応が遅くなる」5つの要因と解決方法について

 

1.スマッシュ自体への苦手意識

練習しても、試合で成功しても、なかなかスマッシュへの苦手意識が消えない人。

それは、失敗したときのイメージを強く持ち過ぎているからです。

スマッシュミスって、印象に強く残るし苦手意識を醸成していく。

多少のミスは忘れて、しっかり良いイメージを持てるように普段から練習したり、自分の動画を観たりして試合に備えましょう。

 

2.身体が横向き不測

ロブが上がった、スマッシュを準備する段階では身体はしっかり横向き。

これが出来ていないと、正面を向いてしまってスマッシュがコントロール出来ません。

前を向いている状態だと、それは「反応出来ている」とは言えない。

しっかり横を向いて下がる態勢を素早く作れるように、反応を速くしていきましょう。

 

3.スロートに手が添えられていない

スマッシュ、というよりもそれ以前の構えの問題で、ラケットのスロートの部分に手が添えられているかどうか?

これも実は大事なポイント。

ラケットは常に両手でリラックスして持っている、と全てのショットに反応が良くなります。

片手だけで持っていると、反応が遅れるだけでなく疲労が溜まりやすくなってしまうのです。

 

4.クロスステップが出来ていない

反応が遅い=後ろに下がるのが遅い、のがスマッシュ。

しっかり下がれば打てるのに、その場で待ってしまうようになるのは初中級者の特徴です。

クロスステップ、横向きで前足が後ろ足よりも後ろの位置に着地するステップだと、大きな歩幅で素早く下がることが出来ます。

もつれそうになっても、身に付けると守備範囲が広がりますのでぜひ練習してみて下さい。

 

5.ラケットの準備が遅過ぎる

そもそも、ラケットをしっかりセットする、のが遅い人が大多数です。

顔の横にラケットを持つ肘が来るくらい、そしてラケットの先を空の方向へ向けてしっかり準備しましょう。

準備が速ければ、ラケットの振り出しも速くなる。

振り出しが速ければ、大抵のスマッシュは重たい良いスマッシュになってくれるのです。

 

準備の遅さは、気持ちだけでは変えられない。

具体的に何をどう変えるか、を自分で意識してみて下さい。

慣れてくるときっとロブが待ち遠しくなる。

打たれる、のではなく呼び込む意識が大事です!

ピックアップ記事

  1. iphoneでテニス動画を撮影するなら、三脚ホルダーのスマホスタンドを使おう!
  2. 男子シングルスの試合を戦い抜くなら、大量発汗にも耐えうるタオルチョイスを
  3. ミズノ社製のアイスマットを使えば、夏場の厳しい試合も乗り越えられるはず
  4. テニス部・テニスサークルとして勝てる集団になりたいなら、「スコアシート」は欠かせ…
  5. アディダス テニスシューズ バリケード JAPAN がアシンメトリーで最高にカッ…

関連記事

  1. テニス ボレー
  2. テニス ポジショニング

    スマッシュ

    「ボールの落下点真下」に入ると、意外とスマッシュは打ち辛い

    スマッシュを打つ時の落とし穴。特に、厳しいロブよりも甘いロブ、…

  3. スマッシュ

    テニスで「スマッシュが上手い人が意識していること」で応用が効く技術5つ

    テニスの試合では色々なショット、技術が求められます。では、その…

  4. テニス ボレー

    スマッシュ

    試合に勝ちたければ、「スマッシュが苦手な相手には、遠慮無くロブ」を上げて打たせていこう

    試合に勝つには、ロブが必要。意外と学生の皆さんは「あえてスマッ…

  5. テニス ボレー

    スマッシュ

    大事なポイントでのスマッシュは、打った後も空を見続けよう

    「ここを決めれば、勝ち!」のマッチポイント。自分の頭上にロブが…

特集記事

  1. テニス ダブルス

    ダブルス

    ミックスダブルスでのコミュニケーションが苦手・・・な人、私は応援したい
  2. テニス 縄跳び

    テニス知識

    テニス選手に必要なトレーニングは、「重り付き」縄跳びでしっかり身に付く
  3. サーブ

    「サーブは入れるだけじゃ物足りないでしょ?」テニスの試合で勝つ為に、ポワーンサー…
  4. テニス メンタル

    その他

    ボールを打っている時は、無表情で無愛想でも良い
  5. テニス ストローク

    ストローク

    相手があえて空けている、フォアハンド側に簡単に打ってはいけない
PAGE TOP