テニス テニスボール

その他

オリンピック開幕直前!今振り返りたいテニス競技の名勝負動画

錦織選手も出場するリオデジャネイロオリンピック。

テニス競技では、今まで数々の名勝負が繰り広げられてきました。

4年に1度、国の名誉をかけて戦うオリンピック。

毎年、団体での国別対抗戦が行われているテニス競技ですが、オリンピックへの思い入れが強い選手も多い。

改めて、過去の名勝負を確認しておきましょう!

 

オリンピック開幕直前!今振り返りたいテニス競技の名勝負動画

1.フェデラー ワウリンカvsブライアン兄弟 北京五輪ダブルス準決勝

個人的に、まずこの決勝戦を挙げない訳にはいきません。

当時全盛期だったブライアン兄弟のダブルスを、シングルスの名手が迎え撃つ構図。

オリンピックならではのスイスペアの息もピッタリで、異次元のダブルスを魅せてくれました。

 

 

2.マレーvsフェデラー ロンドン五輪男子シングルス決勝

国を背負って戦うこと、の苦しさ。

そして個人で唯一取れていないタイトル、オリンピックの金メダルを狙う孤独な闘い。

普段のツアーでは観ることが出来ない、本当のプレッシャーの中での試合がそこにはありました。

プロ選手も、僕らと同じ人間。

メンタルの上下が痛いほどわかる・・・そんな試合です。

 

 

3.ナダルvsゴンザレス 北京五輪男子シングルス決勝

当時、ゴンザレス選手のフォアハンドは本当にすごかった。

そしてチリ選手はなぜかオリンピックで強い・・・そんな時代でした。

でもやはり、ナダル選手のディフェンス力と闘志、は本当にすごい。

観客を、そして相手を巻き込んでいくようなプレーは、鬼気迫るものがありました。

 

 

4.アメリカvsロシア ロンドン五輪女子ダブルス決勝

こちらはウィリアムス姉妹にロシアペアが技で挑んだ女子ダブルス決勝。

Iフォーメーションや色々な作戦を駆使して、相手のパワーに対抗していく様子はとても参考になります。

きっと皆さんが普段テニスをする、うえでのヒントもたくさんあるはずです。

動画はコチラ

 

5.アメリカvsフランス ロンドン五輪男子ダブルス決勝

テニス大国フランスと、アメリカのプライドが真っ向からぶつかったこの試合。

シングルスを主として戦うフランスペアですが、ダブルスへの意識は非常に高く、改めて技術の幅の広さを感じました。

それ以上に、ブライアン兄弟の緻密さ、ダブルスの奥深さには脱帽。

ストレートアタック、ポーチの駆け引きなど、きっと皆さんが活かせるプレーがあるはずです。

動画はコチラ

 

今年はどんな勝負が繰り広げられるのか・・・。

と今から楽しみですが、テニス競技でのオリンピック不要論も多い。

今回はポイントもつかない、賞金も無い、のは確かですが、やっぱりオリンピックってワクワクしますよね。

錦織選手、日本選手の活躍を祈りつつ・・・。

一緒に応援、していきましょう!

ピックアップ記事

  1. iphoneでテニス動画を撮影するなら、三脚ホルダーのスマホスタンドを使おう!
  2. 飲んだらコンパクトに!パックアップボトルを持って試合に出かけよう
  3. いつからヨネックスのシューズは、こんなにカッコ良くなったんだろう
  4. リアクションボールを使って、イレギュラーバウンドへの対応力を磨こう!
  5. Zatous(ザータス)の大容量バッグインバッグは、ラケットバッグと相性ピッタリ…

関連記事

  1. テニス 観客

    その他

    テニスの試合は、「人に観られている」ことに慣れている選手がやっぱり強い

    試合になると、急に別人のように堅くなる人。練習ではあんなに気持…

  2. テニス メンタル

    その他

    ポケモンGOの大流行を観て感じる、テニス選手としての考え方について

    皆さんの中でも、「ポケモンGO」始めてみた方多いと思います。街…

  3. テニス ミス

    その他

    テニスの試合でオムニコートに潜む罠、「ベースラインからストロークエース狙い」には要注意です

    オムニコートの特性、日本にいるとつい麻痺してしまいます。その是…

  4. テニス 環境
  5. その他

    「自炊力を養おう」テニスを強くなるには、色々な力があると便利!

    選手にとって体調管理はとても大事なこと。そして体調管理の基本は…

  6. その他

    「サッカーの方がきつかったよ」テニスの試合では実力差が僅差で初めて、持久力が問われる

    プレーの調子が上がってきて、試合で結果を残せるようになってきた時、怪我…

特集記事

  1. テニス メンタル
  1. ボレー

    ダブルスでポーチを決めたいなら、ジグザグフットワークでいこう!
  2. テニス スマッシュ

    練習メニュー

    身近に上手い人がいるなら、テニスは教わるよりも感じれるようになろう
  3. テニス サーブ

    リターン

    サーブが入って「ホッ」とする瞬間を、見逃してはいけない
  4. テニス メンタル

    メンタル

    テニスの試合に強くなりたければ、「根拠の無いボール」は打ってはいけない
  5. テニス ボレー

    サーブ

    サーブ&ボレーの成功率が上がらないのは、ラケット位置に問題有り
PAGE TOP