テニス テニスボール

その他

オリンピック開幕直前!今振り返りたいテニス競技の名勝負動画

錦織選手も出場するリオデジャネイロオリンピック。

テニス競技では、今まで数々の名勝負が繰り広げられてきました。

4年に1度、国の名誉をかけて戦うオリンピック。

毎年、団体での国別対抗戦が行われているテニス競技ですが、オリンピックへの思い入れが強い選手も多い。

改めて、過去の名勝負を確認しておきましょう!

 

オリンピック開幕直前!今振り返りたいテニス競技の名勝負動画

1.フェデラー ワウリンカvsブライアン兄弟 北京五輪ダブルス準決勝

個人的に、まずこの決勝戦を挙げない訳にはいきません。

当時全盛期だったブライアン兄弟のダブルスを、シングルスの名手が迎え撃つ構図。

オリンピックならではのスイスペアの息もピッタリで、異次元のダブルスを魅せてくれました。

 

 

2.マレーvsフェデラー ロンドン五輪男子シングルス決勝

国を背負って戦うこと、の苦しさ。

そして個人で唯一取れていないタイトル、オリンピックの金メダルを狙う孤独な闘い。

普段のツアーでは観ることが出来ない、本当のプレッシャーの中での試合がそこにはありました。

プロ選手も、僕らと同じ人間。

メンタルの上下が痛いほどわかる・・・そんな試合です。

 

 

3.ナダルvsゴンザレス 北京五輪男子シングルス決勝

当時、ゴンザレス選手のフォアハンドは本当にすごかった。

そしてチリ選手はなぜかオリンピックで強い・・・そんな時代でした。

でもやはり、ナダル選手のディフェンス力と闘志、は本当にすごい。

観客を、そして相手を巻き込んでいくようなプレーは、鬼気迫るものがありました。

 

 

4.アメリカvsロシア ロンドン五輪女子ダブルス決勝

こちらはウィリアムス姉妹にロシアペアが技で挑んだ女子ダブルス決勝。

Iフォーメーションや色々な作戦を駆使して、相手のパワーに対抗していく様子はとても参考になります。

きっと皆さんが普段テニスをする、うえでのヒントもたくさんあるはずです。

動画はコチラ

 

5.アメリカvsフランス ロンドン五輪男子ダブルス決勝

テニス大国フランスと、アメリカのプライドが真っ向からぶつかったこの試合。

シングルスを主として戦うフランスペアですが、ダブルスへの意識は非常に高く、改めて技術の幅の広さを感じました。

それ以上に、ブライアン兄弟の緻密さ、ダブルスの奥深さには脱帽。

ストレートアタック、ポーチの駆け引きなど、きっと皆さんが活かせるプレーがあるはずです。

動画はコチラ

 

今年はどんな勝負が繰り広げられるのか・・・。

と今から楽しみですが、テニス競技でのオリンピック不要論も多い。

今回はポイントもつかない、賞金も無い、のは確かですが、やっぱりオリンピックってワクワクしますよね。

錦織選手、日本選手の活躍を祈りつつ・・・。

一緒に応援、していきましょう!

ピックアップ記事

  1. 「プリンス キャスター付きボールカゴ」が、やっぱり一番使いやすい
  2. これからの冬のテニスに最適な、ネックウォーマー4選
  3. 男子シングルスの試合を戦い抜くなら、大量発汗にも耐えうるタオルチョイスを
  4. 試合に勝つダブルスを極めたいなら、お勧めの一冊
  5. 「第2回 読者ミーティング」を開催します

関連記事

  1. テニス メンタル

    その他

    みなさんに感謝の気持ちを込めて、新しい取り組みを始めます!

    いつもサイトをご覧頂き、ありがとう御座います。この度、みなさん…

  2. テニス 雨

    その他

    所属で人を判断してしまうのは、ただそれが楽だから

    テニスの大会、個人戦を見るとほとんどの試合が「個人名(所属)」の形で、…

  3. テニス シングルス

    その他

    テニスの試合で「打つコースがバレバレ」になってしまう人の特徴4つ

    良いコースにストロークやボレーを打っても、相手が先回りしていて反撃され…

  4. その他

    「俺に今出来ること」テニスを通じて何が出来るのかを考え続ける

    巨大な地震と津波が日本列島を襲った時。都内でも震度5を記録。…

  5. テニス メンタル

    その他

    「テニス強豪校の部室って、どんな感じ?」試合に強いテニス部に共通するポイント5つ

    今年もインターハイ、全日本ジュニアが終わり、ジュニア選手はこれでひと段…

  6. テニス メンタル

    その他

    【保存版】「テニスノートを活用して試合に勝つ!」ために必読な10記事

    今回は、テニスノートに関する記事を人気アクセス順にまとめてみました。…

特集記事

  1. リターン

    セカンドサーブは、ただ叩いていくだけだとミスの元だし勿体ない
  2. テニス メンタル

    メンタル

    敗けた試合で、「自分のテニスが出来なかった・・・」と感じている人は、「なぜさせて…
  3. テニス メンタル

    メンタル

    テニスの試合で、「綺麗に美しく勝ちたい」と誰もが思いながら、負けていくという事実…
  4. テニス ボレー

    戦術

    試合の現場では、「狙ったコースにサーブが入らなくても」慌てないことが一番
  5. テニス メンタル

    テニス知識

    ラケットとボールが、喧嘩しない柔らかさ
PAGE TOP