テニス サイト

その他

テニス選手なら、「良いイメージの自分の動画」は常にスマートフォンに入れておこう!

試合前の緊張した場面、皆さんはどう過ごしていますか?

私は前日、それから試合開始前の10分くらい前、に自分の良いときのテニスの動画を観るようにしています。

特にサーブ、リターンからどういう風な展開をしていこうとしているのか。

何パターンか、しっかり確認しておく。

テニスノートを見返す、という行為も大事ですが、動画もオススメです!

 

テニス選手なら、「良いイメージの自分の動画」は常にスマートフォンに入れておこう!

 

■撮影会、をやってみても面白い

でも、なかなか良い感じの動画って、試合では撮れないですよね。

そこでオススメは、部活やサークルで撮影会を実施してみること。

ある程度、「つなぎ役、やられ役」も用意して、アナタ自身が崩していく動画を撮影しておく。

「試合では、そんな上手くいくはずない・・・」と考えず、まずは手元に動画を残しておくために撮影してみましょう。

 

■自分にとっての「良いプレー」を、再確認する良いきっかけになる

どんな動画を試合前、に見返すと良いのか。

と考えると、アナタにとって試合で使える良いプレー、必要なプレーを考えるきっかけになる。

大事なのは、1発1発のサーブ、リターンのショットではなく「組み立て」になっているかどうか?

それを複数パターン、サーブとリターンから用意しておく。

実際に試合では、その中で使えるものは限られているので、幅を持って準備しておきましょう。

 

■「自分の動画を観る」のを習慣化しよう

自分の動画を観る、のに恥ずかしさを感じることあると思います。

最初は私もそうでした。

「なんて、ナルシストなんだ・・・」と思うのではなく、あくまでテニスの試合に勝つため、テニスを改良していくため、という目的を忘れないこと。

良いときの動画をみて、イメージを膨らませて試合に入る、ことに慣れていきましょう。

これも一つのルーティーンですので。

 

良いとき、だけじゃなくて悪い時の動画、も大事。

ですが試合前は、あまりオススメしません。

どうしても悪いイメージが付いて自信を無くしてしまう可能性もありますので、注意しましょう。

「いや、悪いときの動画も試合前に観て、確認するんだ!」という方は、もちろんそれでもOK。

とにかく試行錯誤しながら、せっかくスマートフォンがあるので活用していきましょう!

ピックアップ記事

  1. アディダス テニスシューズ バリケード JAPAN がアシンメトリーで最高にカッ…
  2. 晴雨兼用のビッグパラソルは、テニス選手なら欠かせないアイテム
  3. 寒くなる季節の変わり目に、テニスの試合で折り畳み式ブランケットは欠かせない
  4. 寒くなる前に購入マスト、なテニス選手に最適なベンチコート3選
  5. プロテニス選手を目指したいなら、英語は必須!実用的でオススメなテキスト5つ

関連記事

  1. テニス Q&A

    その他

    テニスの試合で「大声を出して威嚇してくる相手」が苦手・・・という方は、少し視点を変えてみましょう

    学生やジュニアの大会では、1ポイント毎に「大声を出して相手を威嚇する」…

  2. テニス ボレー

    その他

    「自分を知れば、自分の強みが見えてくる」ために、テニスでは他人の視点が必要です

    テニスというスポーツは、常に相手と駆け引きしながら進めていく競技。…

  3. テニス サイト

    その他

    テニスの試合が確実に強くなる!「スマートフォンの活用方法」5つ

    皆さんが普段使っているスマートフォン。せっかく多機能ですので、…

  4. テニス グッズ

    その他

    テニスの試合に行くときに、ラケットバックに入れとくと便利なグッズ6選

    テニスの試合会場、「あれ持ってくるの忘れたー!」ということ、皆さん経験…

  5. テニス メンタル

    その他

    横幅が狭いテニスコートでの試合では、「極端にワイドやアングルをケアする戦術」が必要になります

    日本には様々なテニスコートがあり、試合も色々なコートで行われる。…

  6. その他

    「サッカーの方がきつかったよ」テニスの試合では実力差が僅差で初めて、持久力が問われる

    プレーの調子が上がってきて、試合で結果を残せるようになってきた時、怪我…

特集記事

  1. テニス アームカバー
  2. テニス 縄跳び
  3. テニス 書籍
  4. テニス タオル
  1. テニス メンタル

    戦術

    テニスを誰かに教わっている限り、敗退の責任の所在は不明確じゃない?
  2. ストローク

    「踏み込む着地は踵から」を意識するとテニスは劇的に上達する!
  3. テニス ボレー

    ボレー

    スライスボレーを流してストレートに打ちたいなら、ラケットヘッドを下げて良い
  4. テニス メンタル

    戦術

    知っておいて損は無い、「全員に勝てるテニス」は無いけど、「全員から負けにくくなる…
  5. ダブルス

    ダブルスのペアと考えたい、「自分はデュースサイド、アドバンテージサイド、どっちが…
PAGE TOP