テニス ストローク

シングルス

シングルスの試合でコートの外に追い出されたら、「まずはセンターロブ」で時間を作ろう

シングルスの試合、相手に攻撃されたときにどう守るか。

攻撃については事前に色々考えているけど、いざ試合が始まって守備的な場面になると、頭が真っ白になる人、いませんか?

シングルスは、勝つも負けるも自分一人、自分次第。

相手の攻撃に耐える、特に左右に大きく振られたときに、どう対応するかは考えておいて損は無い、です。

 

シングルスの試合でコートの外に追い出されたら、「まずはセンターロブ」で時間を作ろう

 


 

■左右に振られて、コートから大きく追い出されたときは・・・?

プロ選手の試合、今年のウィンブルドンでも多く観られたディフェンスのシーン。

男子シングルスで優勝したマレー選手も、ディフェンス力は抜群。

彼の作戦はシンプルで、大きく左右に走らされたときにはセンターの深い位置にロブを上げる。

自分が戻る時間も稼げるし、さらに大きなメリットがそこにはあります。

 

■センターの深い位置からは、一発で決める攻撃は出来ない

マレー選手は、よくテニスというスポーツを理解している。

センターの深い位置からは、一発で決めるようなショットはほぼ打てない。

簡単なようで、シングルスで攻撃し辛いのがセンターの深い位置、なのです。

角度も付け辛いし、多少リスクは冒さないと攻撃の手を緩めることになる・・・のですから。

 

■相手がひるんだ瞬間こそ、カウンターのチャンス!

左右に走らされてセンターにロブ、高い軌道で返球する。

その次のボール、相手の出方をしっかり見ましょう。

追い付かれたとガッカリして、ひるんで攻撃の手を緩める、ようであればアナタの反撃のチャンスです。

相手からすると、せっかく相手を追い込んだのにまた一から作り直さないといけない、精神的なダメージが大きい。

テニスではそんなときこそ、付け込むチャンス、なのです!

 

良いディフェンスは、良い攻撃の布石になる。

センターへ深いロブ、を上げること、しっかりスライス回転をかけるようなグリップで打てれば、シングルスの試合に強くなる。

走りながら、グリップを準備してしっかりラケット面を合わせる。

これは技術の問題では無い、のかも知れません。

1ポイントを諦めない姿勢、こそ大事。

上級者の方でも、少し走らされただけで破れかぶれなショット、になる人多いですよ。

遠慮なく、倒していきましょう!

ピックアップ記事

  1. テニス選手としての「肩の痛み」を改善するには、寝る時の姿勢を変えないと
  2. 水で濡らして絞って振れば、何度でも冷たくなるタオルが使える
  3. 「テニスラケット専用ウェイトボール」を使えば、素振りでのパワーアップも可能に!
  4. テニスの試合に持参するジャグボトルは、「サーモス スポーツジャグ 1.9L」くら…
  5. ベイビーステップ 46巻 は、シングルスの試合の駆け引きの描写が秀逸

関連記事

  1. シングルス

    調子が良い相手には、やらせて付いていけば良い

    シングルスの試合、どうしようもなく強い相手、と当たることありますよね。…

  2. テニス ストローク

    シングルス

    「シングルス、難しいっ!!」テニスの試合で苦手意識が浮き彫りになる理由とは?

    シングルスとダブルスとどっちが難しい?人それぞれだと思うんだけ…

  3. シングルス

    「記憶力でシングルスを制す」テニスの試合中はデータ収集に勤しむこと

    シングルスの試合は一人で戦わないといけない。ダブルスのように、…

  4. テニス ストローク

    シングルス

    シングルス試合での実践的なネットプレーは、「ゆっくりな速度のアプローチとフェイント」を混ぜていこう

    学生の皆さんやジュニアの選手の試合を見ていると、ネットプレーがほとんど…

  5. テニス ストローク

    シングルス

    テニスのシングルスの試合では特に、「低いボールからは、無理して攻撃しない」ことが大事です

    シングルスの試合では、ストローク戦が多い。サーブ&ボレーヤーも…

  6. テニス ストローク

    シングルス

    シングルスの試合で、リターンから「相手バックハンド側へのアプローチ」は絶対必要なパターン

    シングルスの試合、絶対に取りたいブレイクポイント。私なら迷わず…

特集記事

  1. テニス メンタル

    練習メニュー

    テニスでも何でも、「分かったつもり」が成長を止める
  2. テニス 練習

    スマッシュ

    スマッシュのコース、「迷ったら逆クロス方向へ」で決めて打ち切るようにすれば振り切…
  3. テニス ミス

    ダブルス

    格上相手のダブルスペアに勝つなら、「リターンにポーチで飛び込む勇気」が絶対に欠か…
  4. テニス スマッシュ

    その他

    苦しいとき、調子が悪いときに6-4で勝つ為に必要なこと
  5. テニス シングルス

    メンタル

    試合でどうにもミスが続くときには、ミスという言葉を使わないこと
PAGE TOP