テニス ストローク

シングルス

シングルスの試合でコートの外に追い出されたら、「まずはセンターロブ」で時間を作ろう

シングルスの試合、相手に攻撃されたときにどう守るか。

攻撃については事前に色々考えているけど、いざ試合が始まって守備的な場面になると、頭が真っ白になる人、いませんか?

シングルスは、勝つも負けるも自分一人、自分次第。

相手の攻撃に耐える、特に左右に大きく振られたときに、どう対応するかは考えておいて損は無い、です。

 

シングルスの試合でコートの外に追い出されたら、「まずはセンターロブ」で時間を作ろう

 

■左右に振られて、コートから大きく追い出されたときは・・・?

プロ選手の試合、今年のウィンブルドンでも多く観られたディフェンスのシーン。

男子シングルスで優勝したマレー選手も、ディフェンス力は抜群。

彼の作戦はシンプルで、大きく左右に走らされたときにはセンターの深い位置にロブを上げる。

自分が戻る時間も稼げるし、さらに大きなメリットがそこにはあります。

 

■センターの深い位置からは、一発で決める攻撃は出来ない

マレー選手は、よくテニスというスポーツを理解している。

センターの深い位置からは、一発で決めるようなショットはほぼ打てない。

簡単なようで、シングルスで攻撃し辛いのがセンターの深い位置、なのです。

角度も付け辛いし、多少リスクは冒さないと攻撃の手を緩めることになる・・・のですから。

 

■相手がひるんだ瞬間こそ、カウンターのチャンス!

左右に走らされてセンターにロブ、高い軌道で返球する。

その次のボール、相手の出方をしっかり見ましょう。

追い付かれたとガッカリして、ひるんで攻撃の手を緩める、ようであればアナタの反撃のチャンスです。

相手からすると、せっかく相手を追い込んだのにまた一から作り直さないといけない、精神的なダメージが大きい。

テニスではそんなときこそ、付け込むチャンス、なのです!

 

良いディフェンスは、良い攻撃の布石になる。

センターへ深いロブ、を上げること、しっかりスライス回転をかけるようなグリップで打てれば、シングルスの試合に強くなる。

走りながら、グリップを準備してしっかりラケット面を合わせる。

これは技術の問題では無い、のかも知れません。

1ポイントを諦めない姿勢、こそ大事。

上級者の方でも、少し走らされただけで破れかぶれなショット、になる人多いですよ。

遠慮なく、倒していきましょう!

ピックアップ記事

  1. 「テニスラケット専用ウェイトボール」を使えば、素振りでのパワーアップも可能に!
  2. テニスのコーチ、指導者の方にオススメしたい、「ボトムアップ理論」の名著
  3. テニスの合宿・遠征に大活躍なのは、消臭ランドリーバッグ
  4. テニス選手として必要な、「オーラルケア」と栄養素について
  5. テニス選手に必要なプロテイン摂取は、便利なブレンダーボトルで

関連記事

  1. シングルス

    シングルスのネットプレーに必要な、基本ポジショニングの意識

    シングルスの試合でも、ネットプレーが必要なのは分かった・・・けど・・・…

  2. テニス ダブルス
  3. シングルス

    シングルスの試合で「相手を後ろに下げるストローク」が打てたときには、迷わず前に詰めていこう!

    シングルスの試合で、有効にネットプレーを入れていくには基本が大事。…

  4. テニス ポジショニング

    シングルス

    「シングルスではポジションによって、異なる力がある」攻撃と守備、一人でこなすバランス感覚とは?

    シングルスを戦うときに、ポジションごとに攻撃力・守備力を意識したことは…

  5. テニス 練習

    シングルス

    「格下相手に確実に勝つ」テニスのシングルスの試合で必要な配球の心得4つ

    シングルスの試合に出て勝ち進みたい、と考えている方は多いはず。…

特集記事

  1. テニス シングルス

    シングルス

    「シングルスの試合は体力勝負」、という発想だけだと、余りに単純過ぎる
  2. テニス ダブルス

    練習メニュー

    ダブルスの練習で「2バック対2アップの練習をシングルスコート」で実践すると効果的…
  3. テニス メンタル

    メンタル

    「勝ち上がる気、あるのかっ?」テニスのトーナメントを勝ち抜くために
  4. その他

    高校生のテニス部員なら、インターハイより全日本ジュニアより「全国選抜高校テニス大…
  5. テニス ストローク

    サーブ

    相手がダブルフォルトした後には、「入れにくるファーストサーブ」を遠慮なく叩きにい…
PAGE TOP