テニス 準備

メンタル

テニスの試合で、「一度リードして、さらに相手を引き離す」ために必要な考え方とは?

試合で誰もが考えること。

それは、まず相手をリードして、その後に引き離していくという展開。

ウィンブルドンの試合を観ていても、いかにテニスは流れが重要かを考えさせられます。

1セットマッチの試合、草トーナメントの試合であれば6ゲーム先取・ノーアドバンテージ形式も多いでしょう。

そんな戦いを上手く勝ち上がるには、リードを拡げるための意識と作戦が必要です。

 

テニスの試合で、「一度リードして、さらに相手を引き離す」ために必要な考え方とは?

 


 

■リードして安心してしまう人、勝ちきれない人に多数存在

勝ちきれない、どうしても相手にまくられてしまう人は、まずリードした状態で安心している。

「このまま終わってくれれば・・・」という淡い期待、相手にも見透かされています。

一度リードしたら、急に消極的になる人が多いのが、テニスというスポーツの特徴。

むしろリードしたのであれば、「相手の出方」をしっかり確認しながら、次へと頭を切り替えましょう。

 

■リードされた相手は、「何を考えてくる」タイプの選手だろう?

対戦相手にも色々、です。

リードされた相手は、どんなことを考えてくるのか。

いきなりボールスピードを上げる?粘りを増す?どんな変化を付けてくるのか、予想しないといけませんよね。

そのカギは、リードを奪ったそこまでの展開に隠されています。

強い相手は、しっかり今までの試合の中でのポイントを分析してくる。

アナタ自身、相手よりもしっかり、この「リードを奪うまでの展開」の分析をしっかり行っておかないといけません。

 

■ミスが多ければ減らす、という修正をしてくる相手が多い!

まず、一番多いケースは「ミスを減らそう」と冷静になってくる相手。

こういう相手は、試合で強い。

いくらリードしても、油断なりません。

アナタが試合でリードしている背景に、「相手のミスが多くて、助けられたな・・・」と思うのであれば、相手は当然修正してくる。

そんなときに、アナタはどう出ますか?

私なら、相手は安全策で来ると読んで、サーブ&ボレーやリターンダッシュを入れます。

ネットミスを絶対に減らしたいはずなので、必然的にストロークの軌道は高くなる。

そこを狙っていくには、前に出るのが一番。

きっと相手は、手詰まりになって攻めるも守るも、やりにくくなるはずです。

 

リードを奪ったら、あえて相手の出方に合わせて作戦を変えてみる、というのも手です。

強い選手は、試合の中でどんどん変化を付けてくる。

その先手が打てる、リードしている側が実行出来ると強い。

難しく考える必要は無く、テニスの試合では負けている方がギャンブル的な攻撃はし辛い。

だからこそ、安全策をふさいで手詰まりにしたい、というだけのこと。

頭の片隅に置いて、試合に臨んでみて下さい!

ピックアップ記事

  1. スピンサーブ習得の秘密兵器に、「スピンサーブマスター」を使ってみない?
  2. 冬のテニスのマストアイテム、手袋選びは勝利への近道
  3. 寒くなる季節の変わり目に、テニスの試合で折り畳み式ブランケットは欠かせない
  4. テニスの試合に強くなりたい人が読んで欲しい漫画、「アルキメデスの大戦」
  5. 読者ミーティング用にプロジェクターを買ったら、コスパ最高だった

関連記事

  1. テニス ミス

    メンタル

    「相手、もう試合を諦めたな・・・」と感じた瞬間から、アナタのテニスが崩れていく要因は何か?

    試合に勝ち切れない、リードしているのに試合に終止符が打てない。…

  2. テニス 序盤

    メンタル

    身を以て知らなきゃ強くなれない、「負け」がテニスにはある

    テニスの試合、負けて悔しいのは当たり前。だからこそしっかり準備…

  3. テニス メンタル

    メンタル

    普通のテニスに見えるのに、なんであの人は試合に強いの?という人について

    皆さんの周りにも、いませんか?「何であの人が強いのか、分からな…

  4. テニス コントロール

    メンタル

    強い相手との対戦こそ、まず自分をコントロールしないと試合にならない

    何度か、私自身「格上相手との戦い方」について書いて来ました。で…

  5. テニス センス

    メンタル

    テニス業界に根強い「実績至上主義」が、私は大嫌いです

    私自身、テニスは好きですが、嫌いなところもあります。それは、選…

  6. テニス 雨

    メンタル

    大事な試合の後は、一人で帰ろう

    みなさんの中にも、「忘れられない試合」ってあると思います。勝つ…

特集記事

  1. テニス メンタル

    メンタル

    3連続ポイント、の貪欲さがテニスの試合には絶対に必要
  2. シングルス

    シングルスで疲れてきた時こそ、球筋を上げよう
  3. テニス ストローク

    ストローク

    ストロークでスピン回転がかからない人が、やりがちなミス5つ
  4. テニス ポジショニング

    シングルス

    「シングルスではポジションによって、異なる力がある」攻撃と守備、一人でこなすバラ…
  5. テニス知識

    バランスクッションを使って、テニス選手に必要なバランス感覚を養おう
PAGE TOP