テニス サーブ

サーブ

自分のサーブの「伸びていく力」を把握する簡単な方法とは?

自分のサーブ、どれくらい相手に伸びていっているのか。

入ったコースは把握出来ても、その「伸び」ってなかなか実感沸かないですよね。

自分一人でサーブ練習をする機会もあるかと思いますので、ぜひ意識してもらいたいポイント。

それは、「自分のサーブの伸び」を確認する方法、です。

 

自分のサーブの「伸びていく力」を把握する簡単な方法とは?

 

■もし後ろに壁があるテニスコートなら・・・

テニスコートは、大抵の場合ベースラインから4メートルくらい後ろには壁がある。

横は仕切りが無いコートも多いですが、後ろは仕切られていること、多いですよね。

そこ壁に、まず「サーブがワンバウンドでしっかり届いているか?」を確認しましょう。

しっかり回転をかけてキックする、相手に伸びていくようなサーブは、バウンド後に失速しない。

その確認に、後ろの壁を使うことは最適です。

 

■壁に届いていたら、どの高さまで上がるかチェック!

女性の方は、まず後ろの壁に「ワンバウンド」で届くように頑張ってみる。

特に男性であれば、しっかり高い位置で壁に当たっているかどうか。

それは即ち、リターンをいかに難しくさせるか、その力があるかに比例します。

自分でチェックして、どんどん高い位置で壁に当たる、伸びのあるサーブを目指してみて下さい。

基準があると、自分がどの程度成長しているのか、最近の調子はどうなのかが把握しやすい。

それが試合に強くなる、伸びのあるサーブの鍛錬には欠かせません。

 

■入ったコースばかりに、意識がいってないか?

サーブはコースが大事。

なのは大前提ですが、いくら良いコースに入っても「伸び」が無いと試合では返球されてしまう。

この伸び、を図る指標を部活やサークル、チームで持っておくと非常に大きい。

サーブが強い選手、はコースだけに満足しない。

ぜひアナタも、可視化してチームで伸びを強化していく一つのアイデアとして、試してみて下さい。

 

スピンサーブがどの程度相手に聞いているのか、を考えるときに、「伸び」は大事です。

この練習、やってみれば分かりますが「速さ」と「伸び」って、比例しないケースが多いんです。

少しゆっくりでも、しっかり回転が効いて高い軌道から落とすサーブのほうが、リターンにとっては嫌。

ぜひ、試合で有効な伸びるサーブ、練習していきましょう!

ピックアップ記事

  1. 急激に乾燥する季節に、喉とオーラルケアは欠かせない
  2. 筋肉痛が毎回酷い人は、「フォームローラー」で身体の表面をほぐしてケアしよう
  3. テニス部・テニスサークルとして勝てる集団になりたいなら、「スコアシート」は欠かせ…
  4. フットワークを磨きたい!なら、足指トレーニングは欠かせない
  5. あらゆる場面で活躍できる「万能タイプスポーツサプリメント」凌駕BCAA+

関連記事

  1. テニス サーブ

    サーブ

    サーブで打つコースに悩んだら、「困ったときの○○」でラケットを振り切ろう!

    試合の中で、サーブがなかなか入らない。または相手のリターンが強…

  2. テニス サーブ

    サーブ

    実戦で使えるサーブは、「ワイドへのコースは軌道を高め」を意識しよう!

    試合でのサーブは、センターへのコース中心。特にダブルスをプレー…

  3. テニス サーブ

    サーブ

    ファーストで遅いサーブを打つ、勇気を持とう

    試合の中で、速いサーブにリターンで合わせるのが上手い人は多い。…

  4. テニス ダブルス

    サーブ

    手のサイズが大きい、指が長い男子選手は、サーブでラケットを長く持って威力アップ!

    サーブの威力をアップしたい方に、直ぐに出来る対策として。ラケッ…

  5. テニス ボレー

    サーブ

    「自分のサーブがどれだけ曲がっているのか」を把握すれば、サーブは格段に安定感を増します

    フラットサーブ、スライスサーブ、スピンサーブ。色々なサーブがあ…

  6. テニス 団体戦

    サーブ

    サーブを打つ時のボールチョイス、しっかりやろう!

    試合のときに、サーブを打つボールを選ぶ。「そんなの、プロ選手だ…

特集記事

  1. テニス 格上相手
  1. テニス 指導

    戦術

    テニスの試合は、「イーブンペースでの進行」で全く問題無い
  2. テニス 疲れ

    その他

    テニスの試合中、「どうも他の選手より疲れるのが早い・・・」と感じる人は、ラケット…
  3. テニス スライス

    ストローク

    「スライス限定で試合をしないといけない」と考えると、テニスの幅がグッと拡がります…
  4. テニス ストローク

    ストローク

    「両手バックハンドストロークのダウンザライン」をテニスの試合で打てるようになるポ…
  5. テニス サーブ

    ダブルス

    「テニスのダブルスの試合で、雁行陣から並行陣に移行する」ときに有効なクロスのアプ…
PAGE TOP