テニス 客観視

シングルス

テニスのシングルスの試合、結局相手のどこをチェックすれば良い?

相手をよく観察することの重要性、をこのサイトでは何度も書いてきました。

でも結局考え過ぎて、いつも中途半端に終わってしまうこと、多くありませんか?

今回はシングルスの試合に慣れていない、そんな人でも確実に実践出来る基本的なところから。

最低限、のポイントを押さえて試合に活かしていきましょう!

 

テニスのシングルスの試合、結局相手のどこをチェックすれば良い?

 


 

1.利き腕

馬鹿にするな!と言われそうですが、大事です。

左利きが相手なら、サーブからケアしていく必要がありますし、その左利きを活かせる実力があるのかも大事なポイント。

まずはアドバンテージサイドからのサーブ、どの程度ワイドに来るかをしっかり探ってみましょう。

しっかり相手の実力を把握すれば、慣れない左利きも何も恐れる必要はありません。

 

2.ラケットの厚さ

特に女性のプレイヤーは、ラケットの厚さを重視して見ておきましょう。

厚いラケットは、多少の振り遅れも苦にしない、飛ばす力がある。

サーブもスピードがある、と覚悟しましょう。

その分、粗さがあるし、そのスピードに自分のポジショニングがついていけないケースも多い。

まずはラケットの厚さを確認して、相手のボールスピードをイメージしておきましょう。

 

3.グリップ

特に「薄いグリップ」を使えているかどうか。

ボレーやサーブで、ストロークとはっきり違うラケットの持ち方になっているか見ておきましょう。

「ストロークと同じ持ち方だな・・・」と思ったら、ネットプレーが苦手な可能性大。

試合の序盤で、どんどん前の浅いスペースを使って順応性をチェックしておくと有効です。

 

4.サーブを入れにくる相手かどうか

ダブルフォルトを必要以上に怖がる、セカンドサーブを入れにくる相手かどうかは重要です。

こういう相手には、しっかりセカンドサーブを攻撃していくこと。

プレッシャーをかけて、ファーストサーブも「入れにいく」くらいの意識にさせていけば、試合のペースは握れます。

そして逆に男性だと、たまにダブルファーストのような形で打ってくる選手もいる。

一般の方のサーブの考え方は様々ですので、しっかり相手の特徴を掴めるように観察しましょう。

 

5.ポイントを「投げやすい」選手かどうか

最後まで諦めない、って、言葉で言うほど楽じゃない。

大抵の選手は、ポイントの途中でもボールを追うのを諦めたりする。

この「諦めるポイント」がどこにあるのか、ぜひ探ってみましょう。

これが分かれば、試合の中で「どの程度の攻撃をすれば、相手が諦めてくれるのか」が分かる。

そうすると、それ以上に良いショット、ライン際を狙う必要もありませんよね。

 

1~3は、目で見てチェック、4~5は試合の中で感じることが大事です。

何度か観察を続けていくと、予測も立てられるようになる。

「あ、前も、似たような選手と対戦したな・・・」という感触がつかめると、すごく試合もやりやすい。

何事も、自分で意識して主体的に経験を積むこと、が大事です!

ピックアップ記事

  1. テニス選手としての「肩の痛み」を改善するには、寝る時の姿勢を変えないと
  2. 急激に乾燥する季節に、喉とオーラルケアは欠かせない
  3. テニスの試合に持参すると便利な、折り畳みチェア3選
  4. 大会シーズンに準備したい、サンバイザー5選
  5. スピンサーブ習得の秘密兵器に、「スピンサーブマスター」を使ってみない?

関連記事

  1. テニス シングルス
  2. テニス メンタル

    シングルス

    シングルスの試合での3球目、絶対に回り込みフォアバンドで攻撃していこう

    シングルスの試合での攻めるポイント。これは、まず基本の形から決…

  3. テニス ストローク

    シングルス

    フォアハンド側を6割空けて待つことで、バランスの良いポジションに

    シングルスの試合では、フォアハンドで打つ機会を増やしたい。よほ…

  4. シングルス

    調子が良い相手には、やらせて付いていけば良い

    シングルスの試合、どうしようもなく強い相手、と当たることありますよね。…

  5. シングルス

    「シングルスなんだから」ダブルスの試合とは違うテニスの技術が求められる

    レッスンをする時、当然シングルスのレッスンなのかダブルスのレッスンなの…

  6. テニス シングルス

    シングルス

    シングルスの試合で「攻撃的なフォアを活かした展開」で試合に勝ちたい!大切な4つの意識

    大きな武器は、フォアハンド。これは男女問わず、シングルスの一つ…

特集記事

  1. テニス メンタル

    メンタル

    テニスの試合で、「怒り」への対応策は持っているか?
  2. テニス ストローク

    ストローク

    テニスでは攻撃的な時ほど、ラケットスウィングは小さくなる
  3. テニス マナー

    サーブ

    テニスの試合で、「フットフォルトの反則に鈍感な人」は、今日からすぐに直しましょう…
  4. ダブルス

    破天荒な前衛、がミックスダブルスを変える
  5. テニス 練習

    練習メニュー

    部活やサークルでのテニスの練習で意識したい、基本の「き」5つ
PAGE TOP