テニス メンタル

その他

テニスの上達に最も必要なのは、「自分で感じて、盗む力」です

「テニスが上手くなりたいので、教えて欲しい」と、ありがたいことにお声を頂く機会がたまにあります。

もちろん初心者の方、初中級の方には基本的なことをお伝えして、反復練習して身に付けることが大事。

ですがその先、それこそ試合で勝てるようになる、自分のテニスを作っていくという過程では、何よりアナタが「感じる」ことが大事になってきます。

身近な人から、プロ選手の試合から、何かを感じて盗むことが出来るかどうか。

出来る出来ないか、ではなく視点があってやるかやらないか、だと私は思います。

 

テニスの上達に最も必要なのは、「自分で感じて、盗む力」です

 

■「技術は盗むもの」は、テニスも同じです

私は高校時代、指導者のいない部活動で育ちました。

ですので球出し練習から練習メニューの考案まで生徒主体でやっていましたが、高校2年生のときにある事件が起きます。

私が球出しの練習で「球出し役」をやっていたんですが、ボールを手に取ろうとボールかごに手を伸ばした瞬間、打った選手のボールが眼に当たり、救急車で運ばれることに。

幸いにも1週間程度の入院で済んだのですが、当時合宿をしていたチームの雰囲気は沈み、私自身もプレー出来ず苦い思い出になりました。

でもそこで、気づいたこと、感じたことがあります。

自分自身が変わらないと、工夫しないと、このチームで将来同じ経験をする人が出てくる。

そしてチームにとって、絶対に良い方向に向いていかない・・・と。

 

■球出しは「相手方向を常に見て、手元を見ない」から安定するし怪我もしない

その後、私は通っていたテニススクールのコーチの球出しを凝視するようになりました。

するとあることに気付きます。

球出しをするときに、手元は見ない、ボールかご手を入れて瞬時に3球を掴む。

そうすればボールが飛んできても避けられるし、スクール生の人もしっかり観てアドバイスすることが出来る。

「これだ!」と思って、テニスの技術以上に球出しの技術について、教えてもらった記憶があります。

この経験は、私がテニスコーチになったときにも非常に役に立ちました。

私は未熟でしたので、自分が痛い経験をしないと「感じて盗む」という経験が出来ませんでしたが、皆さんは違うはず。

身近にいる上手い人、試合に強い人から、何かを積極的に盗むことが出来るはずです。

 

■テニスが上手い人は皆、「自分で盗んできた」技術の賜物

良い指導者がいて、最高の指導をして強い選手が出来る?

そういう人もいるでしょうが、大多数は違うと思います。

自分で感じ、人から盗んでそれを工夫する。

そこにテニスの楽しさや喜びを感じるからこそ、強くなっていくのです。

親の巣から出ないで、口を開けて餌を待っている雛鳥のような人、部活やサークルにたくさんあふれてはいませんか?

それって、すごく危険。

明日、親鳥が死んでしまうかも知れないのに。

試合に勝ちたいと思っているなら、自分から巣を飛び出して獲物を探しに行く、という姿勢を持たないとダメです。

 

大変ありがたいことに、Twitterでもたくさんのご質問を頂く機会が増えました。

ですが、私がお伝え出来るのは「ヒント」でしかありません。

この記事の内容もそうですね。

巣を飛び出して、アナタ自身で厳しいテニスの勝負の世界で戦っていくしかないのです。

ありとあらゆる場所から、勝ち抜いていく術は盗めるはずです。

自分で編み出した技、工夫した作戦、絶対に忘れないですからね。

試合でもきっと、使い続けていけるはず。

ぜひ、今日から意識してみてください。

ピックアップ記事

  1. 「HEADのボールって、実際どうなの?」の質問にお答えします
  2. テニスのフットワークを支える足元の秘密は、スーパーフィートのインソール
  3. テニスシューズの中で、自分の足が滑る・・・ような人は、5本指ソックスに変えてみよ…
  4. 晴雨兼用のビッグパラソルは、テニス選手なら欠かせないアイテム
  5. これからの暑い時期にあると便利な、「高速製氷機」とは?

関連記事

  1. テニス アクセス

    その他

    2016年も残りわずか・・・ということで、「人気だった記事TOP10」を公開します

    いつも、T-PRESSをご覧頂きまして、ありがとう御座います。…

  2. その他

    テニスの試合を終えた時点で、「自分を実力が分かった」と思えたら絶対、強くなれる

    試合が終わったときに、アナタ自身何を考えるのか。感じる力が非常に重…

  3. その他

    テニス部のみんながやる気にならないのは、個人ではなく仕組みの問題です

    毎日寒くなってきて、外でやる部活やサークルもちょっと億劫になってしまい…

  4. その他

    「考えてテニスをすることは、楽である」という誤解が、テニス界全体を弱くしている

    いつも頂くご意見の中で、分かれるのはテニスについて考える部分。「考…

  5. テニス ボール

    その他

    テニスの試合で「対戦相手にボールを渡すとき」に、注意したいマナー4つ

    テニスの試合は基本的にセルフジャッジで、ボールパーソンも無し。…

  6. テニス メンタル

    その他

    テニスの試合会場で周りに迷惑をかけない「基本的なマナー」5つ

    試合はたくさんの相手、関係者と一緒に進めていくもの。自分の勝利…

特集記事

  1. テニス アームカバー
  2. テニス 縄跳び
  3. テニス 書籍
  4. テニス タオル
  5. テニス 皮膚
  1. テニス ストローク

    ストローク

    両手バックハンドストロークは、「インパクトと同時に曲げた膝を伸ばしていく」と威力…
  2. ストローク

    テニスの試合で使えるフォアハンドを武器にしたいなら、「パワー以外の方向性」をお勧…
  3. テニス ストローク

    リターン

    ブロックボレーやブロックリターンは、「ただラケットを合わせて当てるだけ」だとコン…
  4. テニス メンタル

    ボレー

    ネットに出るといつも「アウトボールを触ってしまう」人は、準備そのものが遅すぎる!…
  5. テニス 準備

    ストローク

    「ドロップショットは前に追いかけながら返球イメージ」をしっかり判断して展開してい…
PAGE TOP