テニス サーブ

ダブルス

ダブルスの試合で前衛は、「ポーチにでなくてもセンターに寄るだけ」で相手は嫌なもの

いつも私は、ダブルスでは「前衛が積極的にポーチに出る」ことを推奨しています。

そうやって相手にどんどんプレッシャーをかけて、ミスをもらうのが勝てるペアの大原則。

ですがそう毎回毎回、はポーチに出るのも難しい・・・ということで、この作戦は有効です。

アナタが後衛であったら、と考えてみて下さい。

相手前衛が視界に入ってくる、それだけで嫌なものですよね。

 

ダブルスの試合で前衛は、「ポーチにでなくてもセンターに寄るだけ」で相手は嫌なもの

 


 

■この作戦は、強い相手ほど効いてくる

前衛がプレッシャーをかける、という作戦は、強い対戦相手ほど有効。

初心者や試合慣れしていない選手は、まず相手前衛をしっかり気にする余裕も無い。

強い相手は、しっかり前衛を観察しながらプレーしてくる。

だからこそ、センターに寄るだけで、「ポーチに出られたかも!?」と思ってストロークが乱れる。

ポーチに出なくても、しっかり相手にプレッシャーをかけることが出来るでしょう。

 

■ストレートは「シングルスコート分」だけ守る

「じゃあ、ストレートに打たれたら、どうするの・・・?」と思った方、私はこう考えています。

まずシングルスコート分は、ストレートも守る。

一歩動いて腕を伸ばす、くらいで触れる範囲は守るけど、アレーに打たれたストレートは捨てる。

そうしないと、しっかりセンターに寄ってプレッシャーをかけられません。

アレーに打たれたら、それは相手の勝ち。

しっかり前衛である自分を気にしてくれている、と満足して次のポイントに移行しましょう。

 

■センターに寄る、とはつまり「はっきりと前」にいくこと

この作戦で一番大事なのは、しっかりと前衛は「ネット際」まで動くこと。

センターに寄る、とはセンターのストラップ近くまではっきりと前に動いていくことです。

これが中途半端だと、せっかくセンターに寄っても相手はプレッシャーに感じない。

もし触れるボールが来ても、ネットから遠いと相手は怖くない。

はっきりと自分のポジションを前、に動かしてプレッシャーをかける意識を持ちましょう!

 

この作戦、触れるボールが来たらどんどん触りましょう、前衛は。

プレッシャーをかけること、が目的ではありません。

目的は、どんな形にせよ「ポイントを獲る」こと。

触れたらしっかり触る、けどポーチほどはっきり出る訳では無い・・・と考えると、どこか中途半端かも知れませんが、まずはやってみましょう!

大胆に動けば、実はほぼポーチボレーと同じ動き。

ぜひ実戦でペアと話しながら、試してみて下さい。

ピックアップ記事

  1. 夜のランニングのマストアイテム、蛍光色グッズで安全にトレーニングを
  2. 真夏のテニスの試合に必要な、熱中症対策のマストアイテム5つ
  3. 雨でコートが濡れていてもテニスがしたい!方にお勧めの「ウォーターバキューマー」
  4. リアクションボールを使って、イレギュラーバウンドへの対応力を磨こう!
  5. テニスで肩が上がらない・・・と、苦労する人は「ピイラティス・ポール」がオススメで…

関連記事

  1. テニス ボレー

    ダブルス

    ダブルスのセンターセオリー、が分からない人の為に必要な5つのアイデア

    「センターセオリー」と言われても、何をやったら良いのか分からない・・・…

  2. テニス ストローク

    ダブルス

    雁行陣でドロップショットを打たれたら、どちらの選手が拾うのが良い?

    ダブルスの試合、まず基本は雁行陣。初心者の方も、最初に習ってや…

  3. テニス リターン

    ダブルス

    クロスのストロークの打ち合いで負けないメンタル、が雁行陣の後衛には必要

    ダブルスの戦いは、いかに効率的に戦うか、前衛が活躍出来るか。こ…

  4. テニス ダブルス

    ダブルス

    「ミックスダブルス初心者は、まずこう戦おう!」基本となる作戦5つ

    「ミックスダブルス、一緒に出ない?」と誘われること、きっと社会人になっ…

  5. テニス ダブルス

    ダブルス

    ダブルスの基本、センター狙いは、「本当に真ん中」を突くだけで・・・良いの?

    ダブルスの基本はセンター狙い。特に並行陣相手だと、結構意識して…

  6. テニス ドロップショット

    ダブルス

    雁行陣で粘る学生ペアには、「ドロップショットで前に引っ張り出す」戦術は必要です!

    学生の皆さんはストローク主体。なのでダブルスは必然的に雁行陣主…

特集記事

  1. テニス メンタル
  1. テニス メンタル

    シングルス

    全豪オープンでジョコビッチ選手を苦しめた「センター返球セオリー」は、シングルスで…
  2. テニス コントロール

    メンタル

    強い相手との対戦こそ、まず自分をコントロールしないと試合にならない
  3. リターン

    リターンの準備に必要なのは、ラケット位置の高さ
  4. テニス ポジショニング

    ストローク

    フォロースルーを前に出さないスライス、でドロップショットは完成です
  5. テニス ボレー

    ボレー

    テニスのネットプレーで「アウトボールを触ってしまう・・・」人が、注意すべき5つの…
PAGE TOP