テニス リターン

ストローク

騙されたと思って、「試しにドロップショットを打ってみて欲しい」そうすれば、世界が変わるから

試合の中で、本当に大事な試合の中で、ドロップショットを打ったことはありますか?

私が考えるに、テニスの試合に出る人には2つに分類されます。

それは、「ドロップショットを打つ人、打たない人」。

ドロップボレーは、これに含みません。

あくまで、ベースラインからドロップショットが打てるかどうか。

技術の有る無しは、関係無いのです。

創造性のあるテニスが意識できて実践できているかどうかで、アナタのテニスは大きく変わります。

 

騙されたと思って、「試しにドロップショットを打ってみて欲しい」そうすれば、世界が変わるから

 

■昔は怒られたジュニア時代

私は以前、中学生の頃ドロップショットを打つと怒られた記憶があります。

最もポイントを獲るのに確率が高いと思って打っていたのですが、当時のコーチからすれば「生意気で思い上がったプレー」に思われたのかも知れません。

こういった経験で、ドロップショットのような遊び心のあるショットが打てなくなる人、実は日本にはすごく多いんじゃないかと思ってしまいます。

どんなネットを挟んだスポーツでも、その相手コートのネット際のスペースは間違いなく狙い目。

使わない理由なの無い・・・はずですが、どうもここに億劫になる人が、テニス界には多いような気がします。

 

■自分から仕掛けるうえで、失敗したらみっともない?

そんなことは、ありません。

たくさん失敗するから、自分で研究して技術を磨いて試合で使えるようになる、なりたいと思えるようになる。

大事なのは、まず「ドロップショットを打ってみること」です。

これが出来るか出来ないか、それはやるかやらないか・・・の問題です。

ほとんどの人が出来ない理由、それは、「恥ずかしいから」。

自分から仕掛けて失敗することを、どこか恥ずかしいと思う文化が、まだまだ日本にスポーツ界、テニス界にも多いように思います。

少し考えれば、そんな感覚は無意味で成長を阻害するものだと、分かるはずなんですが・・・。

 

■打たれる立場になれば、その有効性は痛いほど分かる

ドロップショットを打たれる、相手の立場になってみて下さい。

テニスの試合に出ている皆さんなら理解できると思いますが、とにかくその精度はさておき、ドロップショットを打ってくる相手は嫌なはず。

多少甘くても、ベースライン上から引っ張り出されるような感覚は、相手に主導権を握られている感覚になりますし、そのイメージは最後まで付いて回ります。

チャンスボールを打ち込まれるときも、頭のどこかに「ドロップショットがあるんじゅないか・・・」と考える、その選択肢があるだけで、かなり気持ち的に受け身になってしまいますよね。

ぜひ、この感覚を対戦相手に与えるようになって欲しいと思うのです。

 

テニス、スポーツは、突き詰めて考えてみるところ「遊び」です。

その遊びには、工夫と創造性、相手を揺さぶるという要素が強くあればあるほど、面白い。

アナタのテニスの未来は、コートを「縦方向」にどう使うか・・・にかかっているのではないでしょうか。

「何を大げさな・・・」と思う方も多いでしょう。

でも10年後、必ず差が出ることを今から宣言しておきます。

騙されたと思って、ドロップショット、打ってみましょう。

ピックアップ記事

  1. 多動力こそ、これからの時代のテニス選手に必要だと思う
  2. あらゆる場面で活躍できる「万能タイプスポーツサプリメント」凌駕BCAA+
  3. スピンサーブ習得の秘密兵器に、「スピンサーブマスター」を使ってみない?
  4. テニスの試合に持参すると便利な、折り畳みチェア3選
  5. テニスの試合に持参するジャグボトルは、「サーモス スポーツジャグ 1.9L」くら…

関連記事

  1. テニス ストローク

    ストローク

    自分のストロークで深さが足りないと感じたら、「ボールの軌道の頂点」で調整するとミスが少ない

    ストロークの深さ、が重要なのは試合に出ている皆さんなら理解出来るはず。…

  2. ストローク

    なぜ、ほとんどの人がストロークで「身体が開いてしまう」のかを解き明かす5つの理由

    「身体、開いてるよ!」と、ストロークのときに指摘される方。日本中に…

  3. テニス ストローク

    ストローク

    片手バックバンドストロークでスピン回転が弱い人は、「グリップを握る親指を下から上に持ち上げる」意識で…

    片手でバックハンドストロークを打っている方、何か悩んでいることはありま…

  4. テニス ストローク

    ストローク

    テニスという競技で、「自分にはフォアハンドとバックバンド」、の違いがあることを再認識しよう

    テニスには、極論「フォアハンド」か「バックハンド」しかない。ス…

  5. テニス ストローク

    ストローク

    ストロークラリーの中で前に踏み込むタイミング、はどこを意識すれば良いのか?

    ストロークのラリーの中で攻撃のスイッチを入れる。そのポイントは…

  6. テニス リターン

    ストローク

    テニスの試合、「自分のストロークに伸びが無い」と感じたら試したい改善策4つ

    テニスの試合、ストロークに伸びが無い・・・と自分で感じることはあります…

特集記事

  1. ピラティスポール
  2. テニス 凌駕
  3. テニス サーブ
  4. テニス 水分補給
  5. テニス 暑さ対策
  1. テニス ストローク

    メンタル

    テニスの試合では、「スコア差があっても無くても」集中力に差が生まれてはいけない
  2. テニス メンタル

    ストローク

    大事な試合でビビッてしまったときの、ストローク対応策4つ
  3. テニス メンタル

    メンタル

    コーチや先輩に「本音」を伝えられなければ、アナタのテニスは変わらない
  4. メンタル

    テニスの試合はリードを奪うのは簡単だけど、「リードを守るのは難しい」のはなぜなの…
  5. テニス リターン

    フットワーク

    テニスの試合、ライジングショットで攻撃していく為には、「速めのフットワークで足を…
PAGE TOP