テニス ボレー

スマッシュ

試合に有効なスマッシュは、「上に向かって打つから良い深さが出る」ことを意識しましょう

試合で使うスマッシュは、実際には深さが大事。

つい浅い場所に叩き付けるようなスマッシュが「良いスマッシュ」と思われがちですが、粘り強い相手だと下がってワンバウンドで拾われる。

改めて、試合で有効なスマッシュについて考えてみましょう。

深さがあって伸びがある、そのためには、上方向に抜けていくようなスマッシュが必要です!

 

試合に有効なスマッシュは、「上に向かって打つから良い深さが出る」ことを意識しましょう

 


 

1.スマッシュは一番、意識改革が必要な技術です

スマッシュほど、勘違いして覚えている技術は無いかもしれません。

実際に試合では、深い位置、サービスライン付近かそれよりも後ろで打つ機会が多い。

なのに下方向に向かって打つ、叩き付けるようなスマッシュを求めるような人が多いのは、なぜでしょうか?

プロ選手の試合を実際に観てみて下さい。

きっと、深いスマッシュ、しっかり伸びのあるスマッシュがほとんどのはずです。

深さが無いと、現代テニスではスマッシュと言えど反撃されてしまうのです。

 

2.スマッシュも回転をかける、だからこそ薄いグリップで上方向へ打つ!

サーブと同様に、上方向へしっかりラケットを出していくのが大事。

サーブはネットから遠い、スマッシュは近い・・・と油断してはいませんか?

しっかり回転をかけて、上方向にラケットを振っていくことでスマッシュも軌道が高くなる。

上から抑えるような低い軌道で入るスマッシュは、よほどネットの近くで打てるときだけ。

回転をしっかりかけて、バウンド後もしっかり伸びるスマッシュを打っていきましょう。

 

3.横向きで打ち終われば、絶対アウトしない

「上方向に打つと、アウトしちゃう・・・」と言う人は、横向きのキープが足りない。

打つ前から、身体が前方向を向いてしまっていることが多いと思います。

横を向いて、そのまま横向きで打ち終わることを意識すれば、しっかり回転がかかる。

サーブ同様に、しっかり打点に顔を残すことを意識しましょう。

深いスマッシュを打てていれば、慌てなくても相手からの攻撃は恐れることはありません。

 

深い位置からのスマッシュ、練習からしっかり「深い位置」でやるようにしましょう。

ネットタッチのスマッシュも大事ですが、もっと深い位置で打つ、サービスライン付近から下がって打つ練習もやってみて下さい。

顔を残して、アウトボールも打ってしまう、それくらいの強い気持ちが大事。

サーブよりは入る範囲が広いので、思い切って上に振りぬくこと。

これだけで、試合で使えるスマッシュに改革出来るはずです!

ピックアップ記事

  1. 「寒暖差が激しい時期」のテニスにお勧めなアームカバー
  2. フットワークを磨きたい!なら、足指トレーニングは欠かせない
  3. テニスの試合に必要なフットワークトレーニングに、ラダーは必需品
  4. テニス選手に必要なプロテイン摂取は、便利なブレンダーボトルで
  5. 「HEADのボールって、実際どうなの?」の質問にお答えします

関連記事

  1. スマッシュ

    テニスで「スマッシュが上手い人が意識していること」で応用が効く技術5つ

    テニスの試合では色々なショット、技術が求められます。では、その…

  2. スマッシュ

    高いロブでのスマッシュは、「自分のイメージよりも早く」上方向にラケットを降り出そう

    高いロブ、皆さんはスマッシュでしっかり打ち切れていますか?高い…

  3. テニス リターン

    スマッシュ

    ネットに出たら、いつでもスマッシュコースは先にイメージしておこう

    スマッシュでしっかりと、ポイントを取りきること。これが出来れば、試…

  4. テニス ボレー

    スマッシュ

    「深いロブは、全部スマッシュ?」の発想に加えたいのが、アングルボレー

    よくご質問で頂くのが、この問題。「深いロブは、全部スマッシュを…

  5. テニス ストローク

    スマッシュ

    ネットにガン詰めしたらアングルボレー、じゃないとロブで切り返されますよ

    ボレーは深く、とにかく深く、強く・・・と考えていると、試合では切り返さ…

特集記事

  1. テニス リターン

    ストローク

    低い打点のストロークは、とにかく回転をかけることに集中しよう
  2. テニス ボレー

    ボレー

    ネットプレーで速い反応を求めるなら、「打つというより引く」という感覚に変えること…
  3. テニス メンタル

    メンタル

    テニスの試合では、「相手に舐められないように・・・」と考えるより、逆のほうが良く…
  4. ボレー

    初中級までのボレー、実は打点前過ぎる
  5. その他

    出来ないのではなく、やっていないだけ
PAGE TOP