ストローク

「試合になるとストロークが全部浅い!」人が変えていきたい5つのポイント

普段は伸び伸び打っているのに、試合になると急にフォームが小さくなる。

そしてボールが浅くなって、相手に攻撃されてしまうような方、いませんか?

ボールが浅くなるには、必ず理由がある。

修正ポイントを事前に確認しておけば、気付いた時点で変えていけるでしょう。

ぜひ試合の中で使えるコツ、参考にしてみてください!

 

「試合になるとストロークが全部浅い!」人が変えていきたい5つのポイント

 


 

1.ボールの軌道が低い

直線的なボールになっていると、深さが出ない。

これが一番、試合で大きな原因になっているケースが多いです。

相手がベースライン上にいるのであれば、ネットに近い、低いボールを打つ必要はありません。

特にシングルスの試合では、しっかりネットの2メートル以上高く通すつもりで、振り切っていきましょう。

 

2.ラケットを振り切れていない

試合では絶対にミス出来ない、ようなプレッシャーと戦う中でストロークを打つ。

そうなるとつい、スィングを途中で止めてしまうような恰好になる方が多いのも事実。

ゆっくりで良いので、しっかりラケットを肩まで振り切る、フィニッシュするように意識しましょう。

最初はアウトしてもOK。

しっかり序盤にラケットを振っておくことが大事です。

 

3.こするようなスィングになって、当たりが薄い

スピンをかけよう、スライスをかけようとして、こするようなスィングになっている人も浅くなります。

バウンドからボールが伸びていかないので、相手は攻撃しやすい。

改善する為には、打点を前にしてグリップを厚くしてみましょう。

普段の練習から、「こするような回転」になっていたら「打点とグリップを変える」ことを意識しておいて下さい。

 

4.下半身が決まっていない

しっかり足が止まっていない、打ちながら動いているような人もボールに伸びが出ません。

特にバックハンド。

後ろ足が前にきてしまう。身体が回転してしまう選手は打点も定まりませんので、ラケットの芯に当たらない。

下半身はしっかり止めて、ラケットを振り切る、ことだけまずは意識しましょう。

 

5.作戦が決まっていない

そもそも「どこにどういうボールを打つのか?」が決まっていない。

決まっていないから考えながら、中途半端なストロークになって浅くなる。

こういう人は、メンタルが弱いというより準備不足。

シングルスでは特に、事前に自分がどういう作戦を持ってコートに入るかが大事です。

結果的に浅くなる、のではなく必ず根拠があることを理解しておきましょう。

 

最後の5.に関しては、特に学生の方で多い。

「まぁ、普通にやろう」

「サーブだけ入れていこう」

くらいのザックリした作戦では、ストロークに迷いが生じます。

打つコースと狙い、序盤の作戦はしっかり決めておく。

決めておけば変えるのはOK。

迷いながらのプレーは、結果的に浅いストロークになって現れることを、覚えておく。

そうすれば、試合の中でも変えていけますね。

ピックアップ記事

  1. 「テニスラケット専用ウェイトボール」を使えば、素振りでのパワーアップも可能に!
  2. テニスの試合に強くなりたい人が読んで欲しい漫画、「アルキメデスの大戦」
  3. テニスラケット ピュアドライブの新作は、「攻撃的な大人のテニス」に最高の武器にな…
  4. KT TAPE(ケーティーテープ) を使って、テニスの試合で酷使する「膝関節」を…
  5. これからの冬のテニスに最適な、ネックウォーマー4選

関連記事

  1. テニス メンタル

    ストローク

    「前足?後ろ足?」テニスのストロークは素早い攻守の切り替えが必要なので・・・

    ストロークの時、足からパワーをもらってボールを打つんだけど、前足と後ろ…

  2. ストローク

    錦織選手のような、「空中で止まって見える」トップスピンロブを打つ為に必要な4つのポイント

    最近のプロテニス界で、改めて注目されているショットの一つに「トップスピ…

  3. テニス シングルス

    ストローク

    フィーリングが悪いと感じた日は、足で稼いで勝ちを拾うしかない

    テニスの試合、最初の打感でどうもおかしい。そう感じながら、序盤…

  4. テニス ストローク

    ストローク

    「準備が遅いって何度言わせるの!?」テニスのストロークでラケットダウンのタイミングは?

    「準備を早く!」ストロークのショット練習の時に、そんなことを言…

  5. テニス 練習

    ストローク

    「左利き vs 左利きの対戦で有効な、フォアハンドの回り込み」からの攻撃で意識したいポイントとは?

    今までこのサイトでは、基本的に右利きの方の視点で記事を書かせて頂いてい…

  6. テニス スライス

    ストローク

    スライスストロークをストレートに流す、技術はなぜ必要なのか?

    スライスストローク、まだこの重要性に気付いている人は少ない。そ…

特集記事

  1. テニス サーブ

    ダブルス

    テニスのダブルスの試合で、「サーブが強烈な相手と対戦」したときに、基本的な揺さぶ…
  2. 練習メニュー

    〇〇が苦手な人は、ただ練習不足なだけ
  3. テニス メンタル

    メンタル

    人がプレッシャーに負けるとき、それは大抵「自分のイメージを守りたい」と考えるとき…
  4. テニス 練習

    サーブ

    ファーストとセカンド、同じコースに打つことで生じるメリット
  5. テニス ストローク

    ストローク

    「深いボールをフォアハンドストロークで切り返す!」為に必要な、額から頭の後ろに抜…
PAGE TOP