練習メニュー

テニスの試合で使える実戦的な練習として、「追い込まれた状況からリカバリーするパターン」は有効です

テニスのラリー形式の練習、いつの間にかマンネリ化していませんか?

その理由としては、「球出しされた側」が有利な状態でスタートする傾向にあるのが一つの原因。

まぁ、普通に下からボールを送った状態からスタートすると、そうなりますよね。

でも実際に試合では、どうですか?

試合では、厳しい状態からいかにリカバリーするか・・・の守備力が大事な要素を占める。

であれば、その球出しから厳しいボールを出してみる。

そんな練習が普段から出来ていると、試合での粘り強さが鍛えられると思います。

 

テニスの試合で使える実戦的な練習として、「追い込まれた状況からリカバリーするパターン」は有効です

 


 

■ラリー練習は、「球出し係り」を別に作ろう!

私のオススメは、ラリーでの練習には球出し練習の係りを別に作ること。

コート脇から、途切れたらボールを出す、という担当を作ることで、選手はプレーに集中できる。

そして練習のコンセプトをしっかり、実践出来るのも魅力です。

交代で回しながら、皆で選手に対して厳しい球出しが出来るようなチーム、意識してみて下さい。

 

■厳しいボールを、「攻撃されないボール」で返球する癖を付ける

試合で強い選手、はこういうプレーが上手い。

攻撃されても、次により厳しい攻撃されないようなボールを返球出来る。

普段の練習から、試合で追い込まれるような厳しいボール、を球出しで実践してみましょう。

球出し練習、どうしても打ちやすいボールばかりになってはいませんか?

フォームを確認する練習であれば良いのですが、ラリー練習ではリカバリーの習慣も磨いておきたい。

しっかり走って粘れるところ、から開始してみることをオススメします。

 

■球出しも練習になる、のが「厳しい球出し」

この球出し、実は簡単ではありません。

自分の仲間が、「頑張って走って触れる」くらいの場所に、ボールを送る。

これって実は、すごく難しいことだと思います。

感覚やセンスが求められる、ことに気付いて下さい。

球出しが上手い選手は、試合でも絶対に相手を動かすのが上手い。

そうすれば、アナタ自身試合で、「頑張って触らせる」ことが出来る範囲が、どれくらいか分かるようになる。

球出し練習が試合で活かされる、というのは、こういう理由があるからです。

 

球出しから厳しい状況を作っていると、試合でも粘り強くなる。

粘り強くなることは、普段の練習の意識から変えていくこと。

変えていくには、仕組みから変えていくのが一番です。

「メンタルが弱い・・・試合で粘れない・・・」のを個人のせいにしても仕方ない。

練習メニューと意識を変えていけば、試合に強いチームは絶対に作ることが出来ます!

ピックアップ記事

  1. 高音質で防水仕様のワイヤレスイヤホンは、テニストレーニングに最適
  2. テニス選手として必要な、「オーラルケア」と栄養素について
  3. テニス選手に必要なトレーニングは、「重り付き」縄跳びでしっかり身に付く
  4. これからの冬のテニスに最適な、ネックウォーマー4選
  5. 試合に勝つダブルスを極めたいなら、お勧めの一冊

関連記事

  1. テニス スマッシュ

    練習メニュー

    テニスのタッチプレーを、ゲーム感覚で練習する方法

    テニスの試合で必要な、タッチプレー。「本当に必要?」と思ってい…

  2. テニス ストローク

    練習メニュー

    コートを縦1/3で区切ってのラリーは、「縦の勝負」を挑んでいこう

    以前にも少しご相談頂きました、テニススクールでの練習について。…

  3. テニス 練習
  4. テニス メンタル

    練習メニュー

    テニスでの「ラリー練習」は一工夫することでより試合で活かせる練習になる!

    普段の練習で、何げなくやっている「ラリー練習」。でもどこか緊張…

  5. テニス ストローク

    練習メニュー

    「バックハンド側を攻めて、フォアハンド側で仕留める」為の、基本球出しメニュー

    シングルスの試合で、基本的な戦術のパターンを徹底的に磨いていく。…

  6. 練習メニュー

    「こんな練習で試合中の集中力UP!」テニスの試合で本当に必要なショットを磨こう!

    集中力が無いやつは勝てない。だから試合中はプレーに集中出来るよ…

特集記事

  1. テニス メンタル
  1. テニス フットワーク

    その他

    テニスの試合で、「厳しいボールを追いかけるときに声を出す」ことで自分をプッシュで…
  2. メンタル

    伸び悩みの時期、は必ず終わります
  3. テニス ストローク

    ダブルス

    困ったときのロブ頼みの癖を直さないと、ダブルスの試合では絶対に上にいけない
  4. テニス スマッシュ

    スマッシュ

    スマッシュは「ラケットを下から回して担がない」だけで、劇的に準備が速くなる
  5. テニス 部活

    その他

    試合に勝てるテニス選手になりたければ、「数を打てれば満足」な練習から脱皮しないと…
PAGE TOP