練習メニュー

テニスの試合で使える実戦的な練習として、「追い込まれた状況からリカバリーするパターン」は有効です

テニスのラリー形式の練習、いつの間にかマンネリ化していませんか?

その理由としては、「球出しされた側」が有利な状態でスタートする傾向にあるのが一つの原因。

まぁ、普通に下からボールを送った状態からスタートすると、そうなりますよね。

でも実際に試合では、どうですか?

試合では、厳しい状態からいかにリカバリーするか・・・の守備力が大事な要素を占める。

であれば、その球出しから厳しいボールを出してみる。

そんな練習が普段から出来ていると、試合での粘り強さが鍛えられると思います。

 

テニスの試合で使える実戦的な練習として、「追い込まれた状況からリカバリーするパターン」は有効です

 


 

■ラリー練習は、「球出し係り」を別に作ろう!

私のオススメは、ラリーでの練習には球出し練習の係りを別に作ること。

コート脇から、途切れたらボールを出す、という担当を作ることで、選手はプレーに集中できる。

そして練習のコンセプトをしっかり、実践出来るのも魅力です。

交代で回しながら、皆で選手に対して厳しい球出しが出来るようなチーム、意識してみて下さい。

 

■厳しいボールを、「攻撃されないボール」で返球する癖を付ける

試合で強い選手、はこういうプレーが上手い。

攻撃されても、次により厳しい攻撃されないようなボールを返球出来る。

普段の練習から、試合で追い込まれるような厳しいボール、を球出しで実践してみましょう。

球出し練習、どうしても打ちやすいボールばかりになってはいませんか?

フォームを確認する練習であれば良いのですが、ラリー練習ではリカバリーの習慣も磨いておきたい。

しっかり走って粘れるところ、から開始してみることをオススメします。

 

■球出しも練習になる、のが「厳しい球出し」

この球出し、実は簡単ではありません。

自分の仲間が、「頑張って走って触れる」くらいの場所に、ボールを送る。

これって実は、すごく難しいことだと思います。

感覚やセンスが求められる、ことに気付いて下さい。

球出しが上手い選手は、試合でも絶対に相手を動かすのが上手い。

そうすれば、アナタ自身試合で、「頑張って触らせる」ことが出来る範囲が、どれくらいか分かるようになる。

球出し練習が試合で活かされる、というのは、こういう理由があるからです。

 

球出しから厳しい状況を作っていると、試合でも粘り強くなる。

粘り強くなることは、普段の練習の意識から変えていくこと。

変えていくには、仕組みから変えていくのが一番です。

「メンタルが弱い・・・試合で粘れない・・・」のを個人のせいにしても仕方ない。

練習メニューと意識を変えていけば、試合に強いチームは絶対に作ることが出来ます!

ピックアップ記事

  1. テニス選手に必要なトレーニングは、「重り付き」縄跳びでしっかり身に付く
  2. スピンサーブ習得の秘密兵器に、「スピンサーブマスター」を使ってみない?
  3. 多動力こそ、これからの時代のテニス選手に必要だと思う
  4. テニスの試合で「足裏の皮膚が荒れてしまう方」にオススメな、皮膚保護専用クリーム「…
  5. ヨネックスの新作ラケット、Vコアのハイスピンテクノロジーによる超高弾道は本物だっ…

関連記事

  1. テニス ボレー

    練習メニュー

    テニスコート1面で3列ラリー、を実践する意味って何だろう?

    私がテニススクールでアルバイトコーチをしていた頃、よく生徒さんから聞か…

  2. テニス メンタル

    練習メニュー

    テニスでは、「新しい技術にトライして、すぐに身に付かなくても良い」と、私は思います

    そもそも、テニスは求められる技術が多い。スポーツは全てそうだと…

  3. テニス 練習
  4. テニス メンタル

    練習メニュー

    強くなりたければ、自分自身のイージーミスのレベルを上げよう

    テニスを強くなりたいなら、ミスを減らさないといけない。でも、ミ…

  5. テニス ボレー

    練習メニュー

    マンネリ化しがちな「ボレーボレーの練習」の、最初の球出しを工夫すれば実戦的なメニューに早変わり!

    テニス部で人数が多い、またはテニススクールではコートを区切って行うこと…

  6. テニス ダブルス

    練習メニュー

    ダブルスの練習で「2バック対2アップの練習をシングルスコート」で実践すると効果的です!

    今回は、ダブルスでのボレー対ストロークの練習メニューを一つ、ご紹介。…

特集記事

  1. テニス 前衛

    ダブルス

    「並行陣を崩すディンクショット」を身に付ければ、テニスの試合での速いサーブも怖く…
  2. テニス 打点

    戦術

    基本やセオリーを言い訳にする人は、テニスの試合というものを分かっていない
  3. テニス 部活

    ストローク

    「コントロール系スィング」を身に付けて、テニスの試合でしっかり振り切れるスィング…
  4. テニス ボレー

    ボレー

    試合で使えるのは、山なりなボレーという事実
  5. テニス スマッシュ

    スマッシュ

    打点が後ろになってしまったスマッシュは、「絶対に振り切ってはいけない」ことを覚え…
PAGE TOP