ストローク

相手にジワジワとストロークで攻撃されているときには、「まず打点を下げさせてペースダウン」させること

ストロークの打ち合いの中で。相手にジワジワと攻撃されて追い詰められる。

そんなときにアナタに対策が無いと、無理してハードヒット、ミスという形で相手を楽にさせてしまいます。

そうならない為に、まずオススメしたいのが「相手の打点を下げさせる」ということ。

ペースダウンさせてチャンスを引き出すには、高い打点で打たれるところから変えていかないと厳しいです。

 

相手にジワジワとストロークで攻撃されているときには、「まず打点を下げさせてペースダウン」させること

 

■一発逆転を狙うのは、相手の思うツボ

試合に強い相手は、一発で攻撃してくることはしない。

ジワジワと少しずつ、アナタを追い込んでくる。

一番の狙いは、無理をさせてミスをさせることですので、その策には乗らないようにしましょう。

必要な対策は、まずラリー戦をイーブンに戻す、相手にも少しずつリスクを冒させるようなプレーをさせることです。

 

■低い打点は攻撃出来ない、というテニスの基本に立ち返る

低い打点からは、テニスは攻撃し辛い。

その為には、スライスで低く滑るボールや、意図的な浅いボールも必要です。

ドロップショットも有効ですが、ちょっと飛び道具色が強いので、はっきり攻撃できる場面でしか使いたくないですよね。

スライスと浅いボールで相手を1メートルくらい前に出す、ネットより低い位置でボールを触らせる、ようなストローク戦に持ち込みましょう。

相手がジワジワ攻撃してくるのであれば、特にスライスを使えると便利です。

 

■低く滑るスライスは、フラットに近い当たりです

「よし、スライスだ!」と思っても、ボールの下をこするようなスライスでは相手のチャンスボールになってしまう。

低く滑るスライスは、少しフラットに近い打ち方で打てるようにしましょう。

ネットの50cm上を狙って、しっかり横向きからボールを前に押し出していく。

バックハンド、フォアハンド共に、身体が回転しないようにしっかり意識しましょう。

深く打つことも大事ですが、多少浅くなってもOK、くらいの意識で楽にリラックス、が大事です。

 

スピンのストローク、相手も慣れて来ると楽に打ち返してくる。

そこにスライスが入ることで、リズムの変化が付けれて相手も嫌なはず。

同じようなリズムの打ち合いでは、体格差や実力差がそのまま出てしまい、試合が終わってしまう。

変化を付けるなら、ジワジワ攻撃される3往復目くらいで判断して、何かを変えたい。

そこにスライスというオプション、加えてみませんか?

ピックアップ記事

  1. テニスフリークなら必携のタオルは、「作戦ボードタオル」で決まり!
  2. 汗でグリップが滑りやすい人は、「Prince Grip Plus」がオススメ
  3. テニスに必要な筋力トレーニング、リストウェイトが効果的です
  4. テニスの試合に勝てるようになる為に、読むべき名著10選
  5. テニス選手として必要な、「オーラルケア」と栄養素について

関連記事

  1. テニス フットワーク

    ストローク

    低い打点のストロークのミスが多い人は、「伸び上がって頭がグラグラ」になっている人が多い

    低い打点のストローク、難しいですよね。特に身長が高い人、身体が…

  2. ストローク

    「振り抜け!片手バックハンド」テニスの試合で縮こまらない為に必要な意識とは?

    バックハンドストロークは苦手だった。20歳までは片手バックハンドだ…

  3. テニス ストローク

    ストローク

    ストロークラリーの中で前に踏み込むタイミング、はどこを意識すれば良いのか?

    ストロークのラリーの中で攻撃のスイッチを入れる。そのポイントは…

  4. テニス ステップ

    ストローク

    ストロークのテイクバックが遅い人が、自分を変える為に必要な5つのポイント

    ストロークを改善したい、と考えている皆さん。恐らく一番効果があ…

  5. テニス ストローク

    ストローク

    攻撃にも守備にも適した、「セミオープンスタンス」でストローク戦で勝負していく為には?

    現代テニスでは、オープンスタンスが主流になりつつあります。錦織…

  6. テニス ボレー

    ストローク

    「トップスピンを掛けたい!!」打点とスイングスピードの調整が、テニスでは必要!

    「ストロークの回転量を増やしたい!」そう思ってる人多いよね。…

特集記事

  1. メンタル

    「宇宙人から見たら、僕らだって宇宙人だということ」は、テニスにだって言える
  2. テニス ボレー

    ストローク

    テニスの試合で、「どのタイミングで前に踏み込むか?」をシングルスのラリーの中から…
  3. テニス ボレー

    ストローク

    フォアハンドでのスライスストロークは、「しっかり上から抑えて」どんどん攻撃的に使…
  4. ストローク

    フォアハンドストロークの回り込みを、「丸く回り込んでる」人はもったいない!その理…
  5. テニス メンタル

    その他

    「2015年 インターハイ テニス団体戦」を観て感じた、団体戦に強いチームの特徴…
PAGE TOP