ストローク

相手にジワジワとストロークで攻撃されているときには、「まず打点を下げさせてペースダウン」させること

ストロークの打ち合いの中で。相手にジワジワと攻撃されて追い詰められる。

そんなときにアナタに対策が無いと、無理してハードヒット、ミスという形で相手を楽にさせてしまいます。

そうならない為に、まずオススメしたいのが「相手の打点を下げさせる」ということ。

ペースダウンさせてチャンスを引き出すには、高い打点で打たれるところから変えていかないと厳しいです。

 

相手にジワジワとストロークで攻撃されているときには、「まず打点を下げさせてペースダウン」させること

 

■一発逆転を狙うのは、相手の思うツボ

試合に強い相手は、一発で攻撃してくることはしない。

ジワジワと少しずつ、アナタを追い込んでくる。

一番の狙いは、無理をさせてミスをさせることですので、その策には乗らないようにしましょう。

必要な対策は、まずラリー戦をイーブンに戻す、相手にも少しずつリスクを冒させるようなプレーをさせることです。

 

■低い打点は攻撃出来ない、というテニスの基本に立ち返る

低い打点からは、テニスは攻撃し辛い。

その為には、スライスで低く滑るボールや、意図的な浅いボールも必要です。

ドロップショットも有効ですが、ちょっと飛び道具色が強いので、はっきり攻撃できる場面でしか使いたくないですよね。

スライスと浅いボールで相手を1メートルくらい前に出す、ネットより低い位置でボールを触らせる、ようなストローク戦に持ち込みましょう。

相手がジワジワ攻撃してくるのであれば、特にスライスを使えると便利です。

 

■低く滑るスライスは、フラットに近い当たりです

「よし、スライスだ!」と思っても、ボールの下をこするようなスライスでは相手のチャンスボールになってしまう。

低く滑るスライスは、少しフラットに近い打ち方で打てるようにしましょう。

ネットの50cm上を狙って、しっかり横向きからボールを前に押し出していく。

バックハンド、フォアハンド共に、身体が回転しないようにしっかり意識しましょう。

深く打つことも大事ですが、多少浅くなってもOK、くらいの意識で楽にリラックス、が大事です。

 

スピンのストローク、相手も慣れて来ると楽に打ち返してくる。

そこにスライスが入ることで、リズムの変化が付けれて相手も嫌なはず。

同じようなリズムの打ち合いでは、体格差や実力差がそのまま出てしまい、試合が終わってしまう。

変化を付けるなら、ジワジワ攻撃される3往復目くらいで判断して、何かを変えたい。

そこにスライスというオプション、加えてみませんか?

ピックアップ記事

  1. テニスラケット ピュアドライブの新作は、「攻撃的な大人のテニス」に最高の武器にな…
  2. 「プリンス キャスター付きボールカゴ」が、やっぱり一番使いやすい
  3. テニス選手の筋肉に必要なプロテインは、ささみプロテインバーでの補給が最適
  4. 冬のテニスのマストアイテム、手袋選びは勝利への近道
  5. テニスの試合、急な怪我でも安心!準備しておきたい応急処置グッズ5つ

関連記事

  1. ストローク

    ショートクロスのストローク、打点さえつかめば難しくはない

    試合で使える、「ショートクロス」のショットを打ちたい!と考えて…

  2. テニス メンタル

    ストローク

    テニスの試合でのストロークのスピン回転、フォアハンドとバックハンドの差ってどんな感じ?

    いくつかご質問頂いた中で、特に学生の皆さんの悩んでいるポイントはコレか…

  3. テニス ストローク

    ストローク

    テニスの試合で「打ちたい方向にストロークを打つ」シンプルな方法5つ

    ベースラインからのストローク、試合で思い通りのコースに打てていますか?…

  4. テニス ストローク
  5. ストローク

    ボレーヤーに向かってストロークを打ち込む、ことを恐れてはいけない

    ダブルスの試合で、打てないと厳しいもの。それは、私はこれだと思…

  6. テニス 練習

    ストローク

    「壁打ちでストロークを磨く」テニス独特の練習法を有効にする4つのコツ

    「壁打ち」と言えば、テニス独特の個人練習方法。一度は皆さんもや…

特集記事

  1. サーブ

    サーブの安定感は「真似する」ところから!プロテニス選手の打つ前の動作を観察して分…
  2. テニス メンタル

    ボレー

    サービスゲームでポーチに出ないで、いつ出るのかという話
  3. テニス ボレー

    ボレー

    「ロブじゃない!って思ったら・・・」ネットへのダッシュが求められるスポーツ
  4. テニス サーブ

    ダブルス

    ダブルス上級者の戦術は、「動くこと」が目的じゃない
  5. テニス リターン

    ストローク

    テニスの試合でのリターン位置は、「ファーストとセカンドではっきり変える」のが大前…
PAGE TOP