ストローク

相手にジワジワとストロークで攻撃されているときには、「まず打点を下げさせてペースダウン」させること

ストロークの打ち合いの中で。相手にジワジワと攻撃されて追い詰められる。

そんなときにアナタに対策が無いと、無理してハードヒット、ミスという形で相手を楽にさせてしまいます。

そうならない為に、まずオススメしたいのが「相手の打点を下げさせる」ということ。

ペースダウンさせてチャンスを引き出すには、高い打点で打たれるところから変えていかないと厳しいです。

 

相手にジワジワとストロークで攻撃されているときには、「まず打点を下げさせてペースダウン」させること

 

■一発逆転を狙うのは、相手の思うツボ

試合に強い相手は、一発で攻撃してくることはしない。

ジワジワと少しずつ、アナタを追い込んでくる。

一番の狙いは、無理をさせてミスをさせることですので、その策には乗らないようにしましょう。

必要な対策は、まずラリー戦をイーブンに戻す、相手にも少しずつリスクを冒させるようなプレーをさせることです。

 

■低い打点は攻撃出来ない、というテニスの基本に立ち返る

低い打点からは、テニスは攻撃し辛い。

その為には、スライスで低く滑るボールや、意図的な浅いボールも必要です。

ドロップショットも有効ですが、ちょっと飛び道具色が強いので、はっきり攻撃できる場面でしか使いたくないですよね。

スライスと浅いボールで相手を1メートルくらい前に出す、ネットより低い位置でボールを触らせる、ようなストローク戦に持ち込みましょう。

相手がジワジワ攻撃してくるのであれば、特にスライスを使えると便利です。

 

■低く滑るスライスは、フラットに近い当たりです

「よし、スライスだ!」と思っても、ボールの下をこするようなスライスでは相手のチャンスボールになってしまう。

低く滑るスライスは、少しフラットに近い打ち方で打てるようにしましょう。

ネットの50cm上を狙って、しっかり横向きからボールを前に押し出していく。

バックハンド、フォアハンド共に、身体が回転しないようにしっかり意識しましょう。

深く打つことも大事ですが、多少浅くなってもOK、くらいの意識で楽にリラックス、が大事です。

 

スピンのストローク、相手も慣れて来ると楽に打ち返してくる。

そこにスライスが入ることで、リズムの変化が付けれて相手も嫌なはず。

同じようなリズムの打ち合いでは、体格差や実力差がそのまま出てしまい、試合が終わってしまう。

変化を付けるなら、ジワジワ攻撃される3往復目くらいで判断して、何かを変えたい。

そこにスライスというオプション、加えてみませんか?

ピックアップ記事

  1. 「プリンス キャスター付きボールカゴ」が、やっぱり一番使いやすい
  2. テニスの試合で勝ちたい男子選手に、オススメのゲームウェア
  3. プロテニス選手を目指したいなら、英語は必須!実用的でオススメなテキスト5つ
  4. テニス選手のフットワークを支える、足首サポーター「ASO」
  5. テニスで肩が上がらない・・・と、苦労する人は「ピイラティス・ポール」がオススメで…

関連記事

  1. テニス ストローク

    ストローク

    テニスの試合では、打った瞬間に「自分のボールと決別する」強い意志が必要!

    テニスのラリーでは、シンプルですがあるルールがある。それは、自…

  2. ストローク

    「レシーブ上手になりたい」テニスの試合を勝ち抜いていく人の返球心理学を考える

    サーブレシーブから、テニスの試合はスタートする。最初のこの部分で勝…

  3. ストローク

    テニスの試合で勝てない人は意識して欲しい、「ストロークの準備が遅い人」が多すぎる問題

    ストロークの準備が遅い人ってけっこう多い。中には、準備の遅さで打点…

  4. テニス ストローク

    ストローク

    フォアハンドの回り込みストロークは、「しっかり高い起動」で大きく打つと相手を押し込める!

    フォアハンドストロークの周り込み、を武器にしている選手は多い。…

  5. ストローク

    シングルスの試合で、「サイドスライス回転が効いたドロップショット」は使える!

    シングルスの試合でドロップショットを使いたい・・・。だけど拾われる…

特集記事

  1. ピラティスポール
  2. テニス 凌駕
  3. テニス サーブ
  4. テニス 水分補給
  5. テニス 暑さ対策
  1. その他

    「選手にとって嬉しい存在」試合に勝てる選手を育むテニスコーチという存在について
  2. テニス サーブ

    サーブ

    サーブを打つときに意識したいのは、「トスアップをした腕」の方でしょう
  3. テニス ストローク

    シングルス

    テニスのシングルスの試合で、「自分の得意なパターンで攻撃していく」ために大切な4…
  4. テニス ストローク

    ストローク

    片手バックハンドを極めたいなら、パッシングショットは避けて通れない
  5. テニス 打点

    ボレー

    テニスはいつも、「ラケット面真ん中に当たるのが一番」だと考えている人は、永遠に中…
PAGE TOP