テニス ボレー

ボレー

テニスのネットプレーで「アウトボールを触ってしまう・・・」人が、注意すべき5つのポイントとは?

「また触ってしまった・・・」

試合中に、アウトボールをボレーしようとして触る、そして落ち込む・・・。

という経験、皆さんも一度や二度じゃないはずです。

でも試合が上手い選手って、このジャッジが正確で速い。

速いから「スッ」とラケットを引いて、アウトの軌道には触らない・・・ようなプレーが自然に出来る。

ウォッチにコツがあるとすれば、それはどういったものなのか。

一度一緒に考えてみませんか?

 

テニスのネットプレーで「アウトボールを触ってしまう・・・」人が、注意すべき5つのポイントとは?

 


 

1.手首がリラックスした状態でボレー出来ているか?

ボレーは当たる瞬間以外は、しっかり脱力しておくのが大事。

脱力しているから、ラケットをギリギリで引いてボールを触らない、という選択も出来るのです。

ガチガチで握っている人は、どうしても力が抜けずに全部のボールを勢い良く触ってしまう。

これでは当たっても、なかなかコントロール出来ないでしょう。

 

2.ポジショニングを自分で把握できているか?

自分がどの位置に立っているのか、正確に把握できていない人はウォッチも危険。

ネットからどれくらいの距離にいるのか、が分れば軌道を読んで正確にジャッジできる。

一番ジャッジが求められるサービスライン附近での立ち位置、曖昧になってはいませんか・・・?

 

3.相手のショットの球種を観察しているか?

相手がスピンとスライス、どちらの球種で打ってくるのか。

ここはまず、しっかりテイクバックのラケット面の向きで見極めましょう。

特にダブルスの前衛で相手のリターン、ウォッチする機会多いですよね?

スピンとスライスでは、ボールの伸びが違うので正確に把握する必要があります。

相手が打つ前、に気付けるように意識しましょう。

 

4.アウトボールが来る、雰囲気を察することが出来てるか?

実はこれが一番、大事なんじゃないかと私は思います。

相手を観察していると、ギリギリで追い付いているのにハードヒットしたりする、無理する選手もいる。

そんな選手は、アウトボールを打つ前は余裕が無く、一定の雰囲気になります。

しっかり構えてボレーをする準備をしつつ、「アウトボールになりそうだな・・・」というのを相手が打つ直前に感じ取れるように、洞察力を磨きましょう。

 

5.ダブルスでは、味方のペア同士で声掛けが出来ているか?

ダブルスではこれが一番。

1人より2人、で正確にジャッジできるのが一番です。

多少間違ってもOK。

しっかり味方に声をかけて、無駄な失点を減らすことが出来れば試合でも流れが来る。

ぜひ意識してみて下さい。

 

経験した方なら分かると思いますが、「アウトボールを触ったであろう失点」ってダメージが大きい。

でも、大丈夫。

そういうのって、大抵アウトではなく入っています。

触っていなくても、どのみち失点。

くらいの意識、切り替えも大事です。

ですが、やっぱり試合では相手のミスは、即得点につなげるのが一番ですよね。

普段の練習から、ポイントを押さえてアウトボールをウォッチ、する姿勢磨いていって下さい!

ピックアップ記事

  1. 一人でも出来る、テニス選手に必要なトレーニングで鍛えよう!
  2. ベイビーステップ 46巻 は、シングルスの試合の駆け引きの描写が秀逸
  3. テニスの試合に持参すると便利な、折り畳みチェア3選
  4. 多動力こそ、これからの時代のテニス選手に必要だと思う
  5. 「プリンス キャスター付きボールカゴ」が、やっぱり一番使いやすい

関連記事

  1. ボレー

    「足元ボレー強化法」テニスの試合で求められる即決力をネットプレーで磨くには?

    相手がネットプレーに出てきたらどうする?パッシングで抜いてしま…

  2. テニス ボレー

    ボレー

    硬式テニスのボレーでは、打球が飛ぶ方向とフォロースルーの方向は、必ずしも一致しない

    ボレーのコントロール、皆さんはどんなポイントを意識していますか?…

  3. テニス メンタル

    ボレー

    試合の中で熱いボレー戦になっても、冷静に上を狙う意識を持とう

    ダブルスの試合、いやシングルスでもそうですね。ボレー対ボレーの…

  4. テニス ボレー

    ボレー

    自分がネットに出たときに「ボディ正面を突かれたとき」の為に、対処ボレーを覚えておくと便利!

    ネットプレーに苦手意識のある方の多くが、「身体の正面」に来たボールの処…

  5. テニス ボレー

    ボレー

    テニスの試合で、「厳しいロブをしっかりカットして粘りたい」ときには、まず相手の出方を確認しよう

    ネットプレーが上手い人、試合に強い人はアップヘッド(頭の上)のボールの…

  6. テニス ストローク

    ボレー

    ネットプレーで必要な、「スピン回転で沈んでくるボール」を、なぜスライスでボレーするのが難しいのか?

    スピンで足元に沈んでくるストロークを、ボレーで返球するのは難しい。…

特集記事

  1. テニス トレーニング

    練習メニュー

    「短い練習時間でテニスの試合に勝てるようになる!」ために、必要なのは具体的な意識…
  2. テニス ボレー

    戦術

    「何かをしないといけない」というプレッシャーを、相手に与え続けよう
  3. ボレー

    バックボレーで前に踏み込む、ことが出来れば試合でも勝てる
  4. テニス ポジショニング

    ストローク

    テニスの試合の現場では、「攻撃的なストローク=全て深さが必要」は危険な発想です
  5. テニス ダブルス

    ダブルス

    ミックスダブルスの試合で女性狙い、安易に考えないこと
PAGE TOP