ボレー

テニスのネットプレーで「アウトボールを触ってしまう・・・」人が注意すべき5つのポイントとは?

「また触ってしまった・・・」

試合中に、アウトボールをボレーしようとして触る、そして落ち込む・・・。

という経験、皆さんも一度や二度じゃないはずです。

でも試合が上手い選手って、このジャッジが正確で速い。

速いから「スッ」とラケットを引いて、アウトの軌道には触らない・・・ようなプレーが自然に出来る。

ウォッチにコツがあるとすれば、それはどういったものなのか。

一度一緒に考えてみませんか?

 

テニスのネットプレーで「アウトボールを触ってしまう・・・」人が注意すべき5つのポイントとは?

 

1.手首がリラックスした状態でボレーしている

ボレーは当たる瞬間以外は、しっかり脱力しておくのが大事。

脱力しているから、ラケットをギリギリで引いてボールを触らない、という選択も出来るのです。

ガチガチで握っている人は、どうしても力が抜けずに全部のボールを勢い良く触ってしまう。

これでは当たっても、なかなかコントロール出来ないでしょう。

 

2.ポジショニングを自分で把握できていない

自分がどの位置に立っているのか、正確に把握できていない人はウォッチも危険。

ネットからどれくらいの距離にいるのか、が分れば軌道を読んで正確にジャッジできる。

一番ジャッジが求められるサービスライン附近での立ち位置、曖昧になってはいませんか・・・?

 

3.相手のショットの球種を観察している

相手がスピンとスライス、どちらの球種で打ってくるのか。

ここはまず、しっかりテイクバックのラケット面の向きで見極めましょう。

特にダブルスの前衛で相手のリターン、ウォッチする機会多いですよね?

スピンとスライスでは、ボールの伸びが違うので正確に把握する必要があります。

相手が打つ前、に気付けるように意識しましょう。

 

4.アウトボールが来る、雰囲気を察する

実はこれが一番、大事なんじゃないかと私は思います。

相手を観察していると、ギリギリで追い付いているのにハードヒットしたりする、無理する選手もいる。

そんな選手は、アウトボールを打つ前は余裕が無く、一定の雰囲気になります。

しっかり構えてボレーをする準備をしつつ、「アウトボールになりそうだな・・・」というのを相手が打つ直前に感じ取れるように、洞察力を磨きましょう。

 

5.ダブルスでは、味方のペア同士で声掛けをする

ダブルスではこれが一番。

1人より2人、で正確にジャッジできるのが一番です。

多少間違ってもOK。

しっかり味方に声をかけて、無駄な失点を減らすことが出来れば試合でも流れが来る。

ぜひ意識してみて下さい。

 

経験した方なら分かると思いますが、「アウトボールを触ったであろう失点」ってダメージが大きい。

でも、大丈夫。

そういうのって、大抵アウトではなく入っています。

触っていなくても、どのみち失点。

くらいの意識、切り替えも大事です。

ですが、やっぱり試合では相手のミスは、即得点につなげるのが一番ですよね。

普段の練習から、ポイントを押さえてアウトボールをウォッチ、する姿勢磨いていって下さい!

関連記事

  1. ボレー

    ダブルスの並行陣に必要な「ローボレーを安定して深く返球する」為のポイント5つ

    テニスのダブルスで2人がネットに出てプレーする、並行陣の陣形。テニ…

  2. テニス ボレー

    ボレー

    ボレーでラケットを引いてしまう人は、「自分の肘を胸の前の位置に残す」意識で改革しよう

    どんなに意識しても、ボレーでラケットを振ってしまう人。具体的に…

  3. ボレー

    ネットに詰める勇気を持った人だけが、本物のアングルボレーが打てる

    アングルボレー、特にダブルスでは求められるテクニックです。テニ…

  4. テニス ダブルス

    ボレー

    ネットプレイヤーを目指すなら、「軌道を見始めてウォッチ」する力は不可欠

    ネットプレイヤーを目指す人、が意識して欲しいこと。あくまで、自…

  5. テニス ストローク

    ボレー

    安定感のあるテニスのリズムは、「ボレーはゆっくり、ストロークは速く」という速度のイメージが大事

    学生の皆さんの部活の練習を見ていると、ストローク同士のラリーはとてもレ…

  6. テニス ボレー

    ボレー

    ネットプレーの基本である「斜め前に踏み込みながらボレー」を実践して、守備範囲を拡げよう!

    シングルスでもダブルスでも、ネットプレーを入れていくのには勇気が要りま…

スカイクレイパー広告枠

  1. テニス メンタル

    メンタル

    自分についている嘘は、試合でアナタの足を引っ張り続けることになる
  2. テニス トレーニング

    その他

    自分が好きな練習しか出来ない人は、結局その程度のテニス選手にしかなれないというこ…
  3. テニス ストローク

    ストローク

    テニスの試合で「打ちたい方向にストロークを打つ」シンプルな方法5つ
  4. その他

    攻撃的なストロークを打つ上での基本、「腕を伸ばして打点を前」を確認しておくとライ…
  5. その他

    試合に強い自分になりたければ、「体力テニス」は避けて通れない
PAGE TOP