テニス メンタル

ストローク

ストロークでミスが多い人は、「ほとんど横振りで打点がぶれている」ことに気付かないと

テニスのストロークのときに、「身体が開いているよ!」と周りから指摘されること、多くないですか?

身体が開くと何がまずいか・・・と言えば、一番はラケットが横振りになってしまって打点がぶれること。

縦に振ることが、スライスやスピンの回転をかける上でも基本のラケットワークになります。

そもそもなぜ、身体が開いてしまうのかを考えたときに、そこには必ず理由がある。

私なりに、その原因を考えてみました。

 

ストロークでミスが多い人は、「ほとんど横振りで打点がぶれている」ことに気付かないと

 


 

1.相手が気になると、当然身体は前を向きやすい

人の行動は、その心理状態をよく表しています。

身体が前を向く、ということは「早く相手、結果が観たい」と思うから。

自信があってラケットを振れている人は、まず良いボールを打つことに集中しているから横向きを保てる。

保てるからこそ良いスィングが出来て、結果的に相手を追い込んでいけるのです。

横向きが保てずに身体が開く、ということは「自分が打ったボールに自信が無い、相手が怖い・・・」と考えている人の心理を、如実に現しています。

 

2.力が入って「決めよう!」と思っても、横振りになる

スィングが横振りになりやすい人のもう一つの特徴は、ラリーが続いていく中で力が入って決めようとする人。

ボールを腕だけで押し込もうと考えると、自然に打点が近くなり、横振りになります。

焦って打っても、もちろん何も良いことは無い。

だからこそ、しっかり縦のスィングを冷静に、何度でも出来るように、しっかりトレーニングしていきましょう。

 

3.片手バックハンドストロークは、特に注意が必要!

クロス方向へ打つ片手バックハンドストロークは、スピン、スライス共に一番身体が開きやすい。

片手フォアハンドがその次、くらいでしょうか。

とにかく片手で打てるショットは、身体が開かないように注意し過ぎて損はありません。

反対の手を使ってラケットをキャッチする、身体の回転を止める工夫と縦方向のラケットワーク。

普段の練習からしっかり、意識していきましょう。

 

練習なら、多少横に振ってもボールは入ります。

ただし、試合になって力が入る、緊張する場面になるとどうしても乱れてしまう。

緊張感の無い場面では、はっきり言ってあまり練習にならないし、意味が無い。

試合の緊張した場面で、しっかり続いていくラリーの中でプレーを安定させることが出来るかどうか・・・を、アナタ自身見つめ直してみて下さい。

試合の動画、撮ってみましょう。

そこに映るフォーム、横振りになってはいませんか?

■体幹を鍛えるのに、こんなアイテムもあります

ピックアップ記事

  1. テニス選手の熱中症・痙攣対策に、ミニクーラーボックスは必需品!
  2. 高音質で防水仕様のワイヤレスイヤホンは、テニストレーニングに最適
  3. 「HEADのボールって、実際どうなの?」の質問にお答えします
  4. これからの暑い時期にあると便利な、「高速製氷機」とは?
  5. 塗り直し不要で、男性にもお勧めの日焼け止め 「ビオレUV アクアリッチ」

関連記事

  1. テニス フットワーク

    ストローク

    サイドスライスで相手を走らせれば、楽にポイントを取れる

    相手を動かして、ミスを誘う。これは、テニスのショットの基本です…

  2. テニス ロブ

    ストローク

    ストロークでリラックスして打てない人は、「重力だけでラケットダウン」を実践してみて下さい

    ストロークはテニスの試合でも、最も打つ機会が多いショット。シン…

  3. ストローク

    鋭い振り抜きの為に必要な、シンプルな基本

    鋭く振り抜いて、ストロークで狙う。この技術を磨くには、ある基…

  4. ストローク

    スピンストロークがあるから、追い付いていないボールでもカバー出来る

    スピンストローク、攻撃に最適!なのはもちろんですが、実は守備に…

  5. ストローク

    深いストロークのカウンターショット、テイクバックのタイミングに秘密有り

    相手のストロークが深い、ベースライン上で足下をえぐられるような時。…

  6. テニス ミス

    ストローク

    浅いボールをアングルのコースに切り返すには、ラケットヘッドを立ててスライスで充分

    浅いボールを追いかけて、少し余裕がある場面。こういう時には、積…

特集記事

  1. テニス メンタル

    ストローク

    合わせるスライス、では無く「しっかり振るスライス」を覚えるのに必要なコツ4つ
  2. その他

    「今年こそしっかり目標を立てて、テニスを強くなりたい!」と考える人に贈る、正しい…
  3. テニス サーブ

    サーブ

    困ったときに頼れるサーブのコース、ハッタリでも作っておこう
  4. テニス ストローク

    ストローク

    しっかりスピン回転をかけたストロークに共通する、打ち終わりのイメージとは?
  5. テニス ボレー

    ストローク

    本当に厳しい足下、狙いはどこが良い?
PAGE TOP