テニス メンタル

ダブルス

「なぜ、そのプレーに変えたのか」の根拠があれば、プレー中での作戦変更は悪いことでは決してない

ダブルスの試合を観ていると、作戦をしっかり実行しているペアは強い。

共通の意識で、徹底してポイント間でも打ち合わせをする。

ですが・・・本当に強い相手になると、ラリーが長くなって個人の判断力が求められる場合も多い。

または打ち合わせした後に、「どうもやっぱり、ポーチに出てきそうだな・・・」と、直前に気付くこともある。

このときに、事前に決めた作戦を遂行するのか、変化を付けるのか。

そこには根拠が必要です。

 

「なぜ、そのプレーに変えたのか」の根拠があれば、プレー中での作戦変更は悪いことでは決してない

 


 

■味方ペアをだます、くらいの変化が必要なときもある

私も経験がありますが、事前にクロスへのリターン、とペアと決めた後に「変える」ことはある。

相手前衛と眼が合ったときに、「絶対出て来る!」と思ったのでストレートに急遽変更。

ペアからしたら、「ちょっと待て!こっちはクロスに沈めて前に詰める準備しとったのに!」という感じなるかも・・・。

それも覚悟で、根拠があれば味方ペアとの打ち合わせも破棄してしまう。

実は強いダブルスは、こんな感じのプレーも多いのです。

 

■ペアも許容してあげる、味方の判断を尊重することが大事

確かに作戦変更は、ストレスが伴います。

それでも「なぜ変更したのか」をペアに説明し、しっかり意図があったことを伝えれば理解してもらえるはず。

アナタ自身も、味方ペアの判断を尊重する心を持っておいて欲しい。

それくらい、ダブルスの試合は駆け引きが大事な競技。

結果的に試合に勝つ為に、まじめに正直に決めた作戦だけ・・・では、あっさりやられてしまう相手もいます。

こんなことくらいで雰囲気を悪くするようなペアは、もちろん試合で勝つことは出来ません。

 

■臨機応変に対応できる選手が、最後は勝ち上がる

技術もある、体力もある、経験もある。

そんな選手が負けていく・・・のには、もちろん理由があります。

私はたくさんのプロ選手の試合も観てきましたが、「臨機応変」に対応できる選手が最後は勝つ。

それはポイントのプレーの中でも、「このままの作戦ではまずい!」と感じる洞察力だったりします。

そう、例え味方と打ち合わせして決めていた作戦でも、雰囲気を感じて変えていく勇気を持っている。

そんな選手が、最後はトーナメントを勝ち上がっていくのです。

 

テニスコート上では、何が起きるか分からない。

アナタ自身の予測や経験が、ともすれば相手にとって「やりやすいテニス」になっている可能性もあります。

個人の決断、ダブルスではときに絶対に必要です。

長く組んで信頼関係があるペアって、不思議とその感覚も分かるようになるんですよね。

「コイツ、次のポイントは何かやるかもな・・・」と、心のどこかで思って備えておく。

アナタのペアも、そんな臨機応変さとそれを感じるだけのペアの連携、磨いていって下さい。

ピックアップ記事

  1. テニス選手として必要な、「オーラルケア」と栄養素について
  2. 高音質で防水仕様のワイヤレスイヤホンは、テニストレーニングに最適
  3. テニスフリークなら必携のタオルは、「作戦ボードタオル」で決まり!
  4. TOALSON(トアルソン) スイートエリアラケット、これは使える
  5. 何度でも消して使える、ウェアラブルメモはテニスでも使えそう

関連記事

  1. ダブルス

    後衛は前衛の動き出しを、こっそりと採点しよう

    ダブルスの試合、後衛でプレーしている時に、味方の前衛がよく目に入ります…

  2. ダブルス

    「ダブルスが分かり始めた30歳」テニスの試合の醍醐味は様々なペアと試合に出れること

    ダブルスは苦手だった。もしかしたら、今の方が現役の時よりもダブ…

  3. テニス ダブルス

    ダブルス

    経験豊富で実力もある第1シードの選手は、何を考えながら試合を進めてるんだろう?

    コチラも、アンケートで数名の方にご質問頂いた内容です。強い相手…

  4. テニス ボレー

    ダブルス

    ダブルスの試合で勝ちたいなら、「リターンの前衛の選手」は大きな声でセルフジャッジを!

    ダブルスの試合をしていて、どうもペアと乗っていけない、リズムが悪い。…

  5. ダブルス

    男子ダブルス、今年こそ強くなりたいなら

    男子ダブルスで、結果を出すために。今年こそ!と思っている方は…

  6. ダブルス

    ストレートに流すことが、ダブルスでは攻撃になる

    ダブルスの攻撃、シンプルにこれで良い。特に、ボレー戦になった…

特集記事

  1. テニス ストローク

    テニススクール

    試合後に結果をコーチに報告するときには、「なぜなら」という言葉を前に付け加える癖…
  2. その他

    人の意見を聞き過ぎても、強くはなれない
  3. テニス知識

    【プロトレーナーに聞いてみた!】「膝の痛み」に効果的なリハビリメニューについて
  4. テニス ダブルス

    練習メニュー

    初打ちテニス後は、練習メニューと自分自身の整理を
  5. テニス ストローク

    ストローク

    テニスの試合で「相手が浅いボールを拾う時」、それはつないで来る可能性が大!
PAGE TOP