テニス メンタル

戦術

「相手のミスを待つテニスで試合に勝って、何が楽しいの?」と聞いてくる人は、永遠にトーナメントを勝ち抜けないでしょう

Twitterで頂く質問で、一番多いのがコレです。

学生の皆さんは、とにかく打って打って、打ち抜いて勝ちたいと思っている人が多いですね。

いえ、私も昔はそうでした。

でもそれで試合に勝ててたか、トーナメントを優勝出来ていたかと言えば・・・答えは否。

なぜかと言うと、試合会場で1回戦、2回戦の試合を観ていればすぐに分かるのです。

ミスを待っている、その相手こそ「ミスをしてもらうように、考えてテニスをしている」のですから。

 

「相手のミスを待つテニスで試合に勝って、何が楽しいの?」と聞いてくる人は、永遠にトーナメントを勝ち抜けないでしょう

 


 

1.上位シード選手の1回戦、2回戦の試合を観てみよう

アナタが出場している大会で、上位のシード選手の序盤の戦いを観たことはありますか?

「きっと強力なテニスで、相手を圧倒しているんだろうな・・・」

「ドロー運が無かった、対戦相手はかわいそうだな・・・」

と思っているかも知れませんが、実はそうでもない。

実力で劣る相手の方が、強気に攻めて先にミスをしている。

シード選手は、何も難しいプレーをしていないのに、勝手に自滅してどんどんスコアが進行している。

こんな場面が、多く観られるはずです。

 

2.相手にミスをさせているのは、「自分のどういうプレーが要因か」を理解すること

相手がミスをする、その背景をしっかり読み解く。

これが出来ると、テニスは試合が格段に面白くなります。

バックハンドに丁寧にボールを集めていると、ふとしたときにフォア側に展開すると相手はミスしてくれる。

準備が出来ていなくて、グリップチェンジも間に合っていない。

これはミスのようで、ミスではなくその選手の実力。

シード選手はそういった崩し方を分かっているから、無理せずに攻撃せずとも試合に勝てる。

しかも、圧倒的に安定したスコアで。

 

3.「ミスを待って勝てる相手」は、大抵は3回戦まで

シード選手や強い選手は、トーナメントを勝ち抜き慣れている。

だからこそ、序盤は相手にミスをもらって疲労度も抑えて体力を温存出来る。

そして4回戦以降は、自分からしっかり攻撃していくテニスに切り替えることが出来るのです。

ミスを待つ、ようなテニスも必要ですが、それだけでは上のレベルではしんどくなる。

上辺だけを観て、「相手のミス待ちをしている選手は、ダサい」なんて考えている、アナタのほうがよっぽどダサい。

そのことに早く気付いて、アナタもプレースタイルを変えていきましょう!

 

現代テニスは、穴があると通用しない。

それはプロの世界だけでなく、学生や一般のテニスの大会でも同じです。

強い選手は、観察眼に優れているので絶対にアナタの欠点、穴を見逃してはくれない。

普段の練習、自分の得意なショットばかりになっていませんか?

苦手なこと、やりたくない練習をやっておかないと、シード選手相手に自滅テニスを強いられますよ。

ピックアップ記事

  1. ミズノ社製のアイスマットを使えば、夏場の厳しい試合も乗り越えられるはず
  2. 試合に勝つダブルスを極めたいなら、お勧めの一冊
  3. iphoneでテニス動画を撮影するなら、三脚ホルダーのスマホスタンドを使おう!
  4. これからの梅雨の時期に、準備しておきたいラケバ用レインカバー
  5. 水で濡らして絞って振れば、何度でも冷たくなるタオルが使える

関連記事

  1. テニス ボレー

    戦術

    「速いボールを遅くする」というショット技術は、テニスの試合で鍵になってくる

    テニスの試合って、みなさん打ち合うスピード、をどの程度意識していますか…

  2. 戦術

    タイブレークは、1ポイント目に奇襲で先手を!

    ゲームカウントが6-6で、タイブレークに。こういう試合、結構多…

  3. 戦術

    接触プレーが無いテニス、だからプレッシャーは甘くなる

    テニスはネットを挟んで、相手と相対する競技。こ同じような競技は…

  4. 戦術

    テニスの試合で勝つために必要な「展開力」を身に付ける為の4つの意識

    テニスの試合、レベルが上がってくると「展開力」が問われる。ゲー…

  5. テニス メンタル

    戦術

    試合で「複数の選択肢」が浮かぶ、ときはきっと自分の調子が良い時

    自分の調子が良い、と感じる時。これって、良いことばかりではあり…

  6. 戦術

    持っているショットを、マネジメントするのがテニス選手

    テニスの試合、1セット待ちなら30分から1時間くらい。だいたい…

特集記事

  1. テニス ダブルス

    ダブルス

    「そんなに強そうに見えないのに、負けないダブルスペア」に共通する隠れた秘密4つ
  2. テニス ストローク

    ストローク

    テニスの試合で「打ちたい方向にストロークを打つ」シンプルな方法5つ
  3. テニス ボレー

    シングルス

    シングルスの試合で恥ずかしくない、「ネットプレーを入れて勝ち切る」実践アイデア5…
  4. テニス 戦術

    テニス知識

    【保存版】知らない選手が意外と多い、「テニスラケットのメンテナンス方法」について…
  5. テニス 構え

    ストローク

    「コンパクトに振っているつもり・・・なんだよね」テニスのストロークで意識したいフ…
PAGE TOP