テニス ガット

その他

グリップが汚いテニス選手、テニスコーチは、「周りから見られている」という意識が足りな過ぎる

最近気になることがあるので、書いてみたいと思います。

説教臭く感じる方もいると思いますが、テニスを真剣にやる皆さんならぜひ意識して欲しい。

特にこれからテニスコーチを目指す、選手を目指す人は、人から観られてナンボの世界。

意識するだけで、きっとテニスにも良い影響が出て来ると思います。

 

グリップが汚いテニス選手、テニスコーチは、「周りから見られている」という意識が足りな過ぎる

 

■スポーツや勝負事の世界は、「一時が万事」

一時が万事、という言葉があります。

そのとき、その瞬間が全てであり、あらゆる物事に反映されるという意味ですね。

たかがグリップテープでも、それが汚いと心に隙が生まれてしまう。

準備出来ていない自分に気付いて、自信が無くなる。

逆にキレイな状態で試合が出来ていれば、気持ちも引き締まるし妥協しない自分を最後まで貫ける。

大事は細部に宿る、のです。

 

■「人に観られていない感」があるから、テニスはいつまでもメジャーになれない

今は錦織選手の活躍で盛り上がっているように見えますが、あくまで錦織選手のブームに過ぎない。

一般のテニススクールで頑張っているテニスコーチや、JOP大会を回る選手は、基本的には何も変わっていない。

ですがテニスというスポーツが徐々に、人から観られるスポーツになってきているのは確か。

グリップテープが茶色く汚れているコーチに、その手で触られながら指導されたいですか?

契約している選手が使うラケット、そのグリップが汚かったらアナタは使いたいと思いますか?

こういった部分を意識していくことは、テニス界全体にとって大事なことです。

 

■アナタ自身、自分の身の周りから変えていくこと

試合に勝つ、本当に強い選手はラケットバッグが美しい、という記事を書いたことがあります。

それだけじゃなく、ウェアの着こなしや立ち振る舞い、全てにオーラがある選手っていますよね。

公共の場でも、身を慎んで周囲に配慮できる。

人から観られている、それ以上に、自分で自分自身をしっかり観ている選手が強いのです。

一時が万事、大事は細部に宿る。

このことだけは、学生や社会人、主婦の方に関わらず、テニスを頑張る皆さん全ての方に、意識して欲しいポイントです。

 

清潔感を保つことは、もちろん健康面でも大事。

テニス選手であれば、そのパフォーマンスを維持する為にも、不安な要素は取り除いておく必要があります。

お腹を壊す、忘れ物が多い・・・選手って、たいていグリップテープがまず汚いんですよ。

自己管理は、思った以上にアナタのテニスに影響を与える。

少しドキッとした方は、まずグリップから巻き替えてみませんか?

明日、ではなく今日、です。

ピックアップ記事

  1. iphoneでテニス動画を撮影するなら、三脚ホルダーのスマホスタンドを使おう!
  2. 【読者の皆さまへ】アンケートのお願いです
  3. 何度でも消して使える、ウェアラブルメモはテニスでも使えそう
  4. 学生さんや社会人プレイヤーにもお勧め!「タッチ系テニス」に適したガット3選
  5. テニス選手の熱中症・痙攣対策に、ミニクーラーボックスは必需品!

関連記事

  1. その他

    高校生のテニス部員なら、インターハイより全日本ジュニアより「全国選抜高校テニス大会」を観に行こう!

    来月に開催が目前に迫った、全国選抜高校テニス大会、通称「センバツ」。…

  2. テニス メンタル

    その他

    テニス選手としての洞察力を養うには、「日頃から相手の立場で考える」癖を付けるのが一番効果的

    試合の中で相手を観察し、洞察して試合の勝ちにつなげる。その為に…

  3. テニス メンタル

    その他

    試合会場で気になる、「テニス界で応援時に気を付けたいマナー」について考えてみる

    試合を観ていると、つい感想としての本音が出てしまうことがあります。…

  4. テニス ダブルス

    その他

    「頼りにされるテニス部のキャプテン、は何が違うのか?」について、後輩への声掛けから考えてみる

    強いテニス部には、強烈なリーダーシップを持って実力のあるキャプテンがい…

  5. テニス ボレー

    その他

    「楽しく工夫できる人は、テニスに向いている!」毎日同じことの繰り返しでは、試合に勝てません

    効果的な練習、日々の中で皆さんできてますか?この「効果的」とい…

  6. テニス マナー

    その他

    試合後に相手に感想を聞いてみるなら、「ある言葉」を使うと効果的に引き出せます

    試合後に、対戦相手と話す機会があれば、ぜひ色々聞いてみたい。と…

特集記事

  1. テニス サーブ

    サーブ

    サーブを打つ時に、「大きく胸を張って反る動き」は本当に必要か考えてみた
  2. テニス ストローク

    戦術

    身体的なハンディがあるなら、考えるテニスが身につくはず
  3. テニス ストローク

    ストローク

    テニスの試合では、「ストロークはラケットを振り切るから回転がかかる」ということを…
  4. テニス ボレー

    ストローク

    攻撃的なショットでの展開が、アナタの「特別なショット」になっていては試合で勝てる…
  5. テニス 技術

    リターン

    ダブルスの試合で使える、「踏み込んでストレートへブロックリターン!」を身に付けて…
PAGE TOP