テニス ボレー

スマッシュ

打点が低くなってしまうスマッシュは、「思い切ってスライス回転をかける」ことで相手に攻撃されないボールになる!

スマッシュのイメージ、皆さんはどんな光景を思い浮かべますか?

基本、ロブに対して下がりながらという感じが多いと思いますが、実際の試合ではそんなスマッシュばかりでもない。

後ろだけでなく左右、前に動いて打つことも結構ある。

特に前や横に動いて打つスマッシュでは、打点が低くなってしまうこともありますよね。

そんなときには、どう調整すれば良いのか・・・しっかりイメージ出来ていますか?

 

打点が低くなってしまうスマッシュは、「思い切ってスライス回転をかける」ことで相手に攻撃されないボールになる!

 

■打点の低いスマッシュでは、スライス回転をかけてみよう

高い打点のスマッシュ、だけがスマッシュではありません。

多少低い打点でも、ハイボレーではなくスマッシュを打つ為には工夫が必要です。

スライス回転を多くかけたようなスマッシュが打てると、顔の横、少し打点が低い場所でも振り切ることが出来ます。

肘を軽く曲げて、リラックス出来るように意識しましょう。

 

■プロネーションを効かせたスライス回転のスマッシュを覚えよう!

手のひらを外側に返していくような動き、プロネーションを使えると良いスライスがかかります。

これはサーブでも活用できる技術ですので、ぜひ覚えて下さい。

薄いグリップで、ボールがラケットに当たる瞬間に手のひらを外に返していきましょう。

少しボールの外側を打つように意識すると、低い打点でも打ちやすいです。

 

■あくまで追い込んでいくスマッシュ、を意識すること

低い打点でのスマッシュは、とにかく無理をしないで相手をさらに追い込むこと。

追い込んでいくのが目的なので、このショットで決めようとはしないこと。

とは言え、ハイボレーのようなつなぎのショットではもったいないので、しっかりラケットは振ること。

そしてスライス回転がかかっていれば、ボールの軌道は少し落ちていく。

高い軌道を意識して、ネットミスだけはしないようにすることが大事です。

 

細かい技術ですが、テニスではあらゆる場面で「攻撃の手を緩めない」ことが大事。

ハイボレーで処理、というのも悪くない選択ですが、スライス回転のスマッシュを覚えておいて損は無い。

前や横方向に動いていたときに、いかに安定したスマッシュが打てるかどうか。

下がってのスマッシュ・・・ばかり練習していると、試合で思わぬ落とし穴にはまってしまうかも知れませんよ。

ピックアップ記事

  1. 真夏のテニスの試合に必要な、熱中症対策のマストアイテム5つ
  2. いつからヨネックスのシューズは、こんなにカッコ良くなったんだろう
  3. テニス選手のフットワークを支える、足首サポーター「ASO」
  4. ベイビーステップ 46巻 は、シングルスの試合の駆け引きの描写が秀逸
  5. バランスクッションを使って、テニス選手に必要なバランス感覚を養おう

関連記事

  1. テニス 練習

    スマッシュ

    「ネットからの距離」によって、テニスの試合で求められるスマッシュの種類は違います

    スマッシュはテニスの攻撃の花形ショット。当然決めればかっこいい…

  2. テニス ストローク

    スマッシュ

    「スマッシュは・・・地味に行こう!」実際にテニスの試合で使える技術を身に付ける

    ロブを上げられた瞬間どう思う?もちろんチャンスなロブだったら、…

  3. テニス スライス

    スマッシュ

    バドミントンのように、スマッシュの後は前をケアしよう

    最近、バドミントンの日本勢の躍進がすごいですよね。近しいテニス…

  4. テニス メンタル

    スマッシュ

    「アウトだと思ったら、入ってた…」を無くしたい!テニスのスマッシュ力を鍛える大胆な練習とは?

    スマッシュに自信が無いと、ポイントを締めるイメージができません。…

  5. スマッシュ

    「スマッシュが苦手な人のほとんどは、振り出しが遅い」試合で有効なスマッシュにする為には?

    試合でよく見る、スマッシュミス。初中級者のほとんどは、その振り出し…

  6. テニス ボレー

    スマッシュ

    テニスにおいて、「前方向に移動しながらのスマッシュ」は意外と難しいので、しっかり練習しておきましょう…

    スマッシュと聞くと後ろに下がりながら打つ機会が、圧倒的に多いイメージが…

特集記事

  1. テニス 知識
  2. テニス メンタル
  1. テニス ストローク

    その他

    セルフジャッジの試合で、「微妙な判定を自分に有利にジャッジする」度に、アナタは何…
  2. テニス スマッシュ

    スマッシュ

    「肩を入れた構え」が出来れば、スマッシュは楽に逆クロスに打てる
  3. テニス ダブルス

    ダブルス

    なぜ、「ストレートケアしている前衛」ほど、ストレートを抜かれていくのか?を考えて…
  4. テニス ボレー

    ボレー

    「下がりながらやっと届いたバックハンドハイボレー」から態勢を戻しつつ攻撃する、ア…
  5. テニス 練習

    練習メニュー

    「短い練習時間」でも、テニスが上達出来る人、出来ない人はココが違うと思う
PAGE TOP