テニス ボレー

スマッシュ

打点が低くなってしまうスマッシュは、「思い切ってスライス回転をかける」ことで相手に攻撃されないボールになる!

スマッシュのイメージ、皆さんはどんな光景を思い浮かべますか?

基本、ロブに対して下がりながらという感じが多いと思いますが、実際の試合ではそんなスマッシュばかりでもない。

後ろだけでなく左右、前に動いて打つことも結構ある。

特に前や横に動いて打つスマッシュでは、打点が低くなってしまうこともありますよね。

そんなときには、どう調整すれば良いのか・・・しっかりイメージ出来ていますか?

 

打点が低くなってしまうスマッシュは、「思い切ってスライス回転をかける」ことで相手に攻撃されないボールになる!

 


 

■打点の低いスマッシュでは、スライス回転をかけてみよう

高い打点のスマッシュ、だけがスマッシュではありません。

多少低い打点でも、ハイボレーではなくスマッシュを打つ為には工夫が必要です。

スライス回転を多くかけたようなスマッシュが打てると、顔の横、少し打点が低い場所でも振り切ることが出来ます。

肘を軽く曲げて、リラックス出来るように意識しましょう。

 

■プロネーションを効かせたスライス回転のスマッシュを覚えよう!

手のひらを外側に返していくような動き、プロネーションを使えると良いスライスがかかります。

これはサーブでも活用できる技術ですので、ぜひ覚えて下さい。

薄いグリップで、ボールがラケットに当たる瞬間に手のひらを外に返していきましょう。

少しボールの外側を打つように意識すると、低い打点でも打ちやすいです。

 

■あくまで追い込んでいくスマッシュ、を意識すること

低い打点でのスマッシュは、とにかく無理をしないで相手をさらに追い込むこと。

追い込んでいくのが目的なので、このショットで決めようとはしないこと。

とは言え、ハイボレーのようなつなぎのショットではもったいないので、しっかりラケットは振ること。

そしてスライス回転がかかっていれば、ボールの軌道は少し落ちていく。

高い軌道を意識して、ネットミスだけはしないようにすることが大事です。

 

細かい技術ですが、テニスではあらゆる場面で「攻撃の手を緩めない」ことが大事。

ハイボレーで処理、というのも悪くない選択ですが、スライス回転のスマッシュを覚えておいて損は無い。

前や横方向に動いていたときに、いかに安定したスマッシュが打てるかどうか。

下がってのスマッシュ・・・ばかり練習していると、試合で思わぬ落とし穴にはまってしまうかも知れませんよ。

ピックアップ記事

  1. 大事なテニスウェアを汚したくないなら、シャープの超音波ウォッシャーを持ち歩こう
  2. 筋肉痛が毎回酷い人は、「フォームローラー」で身体の表面をほぐしてケアしよう
  3. 男子シングルスの試合を戦い抜くなら、大量発汗にも耐えうるタオルチョイスを
  4. 真夏のスポーツ観戦には、超軽量・小型の折り畳み傘は必需品
  5. 雨が多い時期の試合は、防水スプレーは必須アイテム

関連記事

  1. テニス スマッシュ

    スマッシュ

    大チャンスなスマッシュでは、早く足を決め過ぎないこと

    明らかにチャンス、なスマッシュの場面。こういうときって、逆に打…

  2. テニス サーブ

    スマッシュ

    「スマッシュを磨きたければ、スライスロブを打ち抜け!」一般レベルの試合の勝敗は、この決定力で決まる!…

    スマッシュを打ち切れるかどうか、はテニスの試合の勝敗を大きく左右します…

  3. テニス ダブルス

    スマッシュ

    「リストワークでコースを変える」スマッシュを身に付けるとテニスの試合でポイントを獲りやすい

    スマッシュのコースをギリギリまで隠す。テニスの試合でこれをやら…

  4. テニス ボレー

    スマッシュ

    スマッシュが苦手な人は、無理やりにでも自分に余裕を作ってみよう

    試合でスマッシュが入らない、大事なところでミスをする。もう、こ…

  5. スマッシュ

    スマッシュミスが多い人は、狙い所を間違えているだけ

    人って、気付かないうちに狙うところ、が決まっていく。習慣や癖、…

  6. テニス スマッシュ

    スマッシュ

    スマッシュでネットミスが多い人は、「ラケット面下半分」にボールが当たっている可能性大

    テニスを長くやっていると、意外と「ラケット面のどこにボールが当たったか…

特集記事

  1. テニス スマッシュ

    スマッシュ

    「スマッシュの基本、右利きの人はすぐ左手を上げる!」は、状況によって使い分けるこ…
  2. テニス 準備

    戦術

    インドアコートに慣れている人は、アウトドアコートでは6割の力しか出せない
  3. 戦術

    自分にとって良い攻撃が出来る場所、はどこだろう?
  4. テニス メンタル

    メンタル

    テニスの試合では、「相手と目を合わせる」ことが必要です
  5. メンタル

    「対戦相手の応援がうざい・・・」と思った人、残念ですがそう感じている時点でアナタ…
PAGE TOP