テニス メンタル

ボレー

バックハンドボレーが上手くいかない人は、「身体が倒れないようにお腹を前に出していく」だけで打点が安定します!

テニスを始めて最初にぶつかる壁、みなさんはどんな技術でしたか?

やはり男性でも女性でも、多いのがバックハンドボレーだと思います。

意外とテニス歴が長い人でも、怪しい人もいますしね・・・。

どうしても上手くいかない人は、こんなコツを試してみてはどうでしょうか?

私の経験上、特に男性の片手バックボレーが苦手な方には、結構効果があるように思います。

 

バックハンドボレーが上手くいかない人は、「身体が倒れないようにお腹を前に出していく」だけで打点が安定します!

 

1.自信が無いから手だけ出してしまう、バックボレー

人の心は、プレーに現れます。

「苦手だな・・・まずいな・・・」と思っているところにボールが来ると、身体全体で反応が出来ない。

腕だけ、ラケットだけ出してしまって打点が安定しないし、重たいボレーが打てない。

まずはこの「ラケットだけ出して、足が出ない」という形を変えていきたいですよね、バックボレー。

コツとしては、足よりもお腹の位置、腰の位置を意識することです。

 

2.グリップ方向にお腹を出していく、だけでOK!

バックボレーを打つ時に、なるべく自分のお腹を前に出していくようにしましょう。

グリップの位置に、出来るだけお腹を近づける、腰から前に出していく。

そうすることで、自然に足を出す意識も高まってきます。

ただし、一つだけ大事なポイントが。

背筋をしっかり伸ばして、上半身が前に倒れないようにだけ注意しましょう。

姿勢を保って身体から前に出していけば、ラケットだけで反応するバックボレーから卒業できるはずです。

 

3.横向きをセットにすれば、完璧なバックボレーが完成です!

お腹とラケットの距離を短くすることが出来れば、後は横向き、ですね。

バックボレーでは特に、正面を向いていてはボールをコントロール出来ません。

しっかり横を向けるように、下半身から身体の向きを調整してボールに向かっていきましょう。

相手のボールが速ければ、上半身だけ少しひねって斜めの形を作る。

苦手意識を払拭するためにも、ボールに向かっていくという意識は大事です!

 

フェデラー選手のバックボレー、とても美しいし見ていて安定感がありますよね。

横向きもしっかり出来ているし、何よりボールに身体全体、横向きでぶつかっていくような感じがよく出ています。

なかなかあそこまでパワフルできれいに打つのは難しいですが、良いイメージを養う為にも動画をチェックしておきましょう。

 

 

しっかり姿勢よく、お腹を出してく形で、バックボレーを試してみて下さい。

男性も女性も、片手の方も両手の方も、きっと何かをつかめるはずです!

ピックアップ記事

  1. 試合で勝ちたいテニスプレイヤーなら、マイランニングシューズは欠かせないアイテム
  2. フットワークを磨きたい!なら、足指トレーニングは欠かせない
  3. テニスの合宿・遠征に大活躍なのは、消臭ランドリーバッグ
  4. 急激に乾燥する季節に、喉とオーラルケアは欠かせない
  5. 「HEADのボールって、実際どうなの?」の質問にお答えします

関連記事

  1. テニス ボレー

    ボレー

    テニスの試合の中で「ローボレーが深く打てるとき」は、テンポを上げて前に詰めていこう

    ネットに詰めるポイント、それもハッキリと前に詰めるポイントはどこか。…

  2. テニス ロブ

    ボレー

    ボレーのコースが安定しない人は、「自分の肩が回転していないか」をチェックしてみよう!

    ボレーが安定しない人は、身体の使い方がおかしいけケースが多い。…

  3. ボレー

    ネット際のチャンスボールは、「ただコートに叩き付ければOK」の発想では、いつまで経っても学生テニスの…

    学生のテニスの試合、特にダブルスを観ていると気になることがある。チ…

  4. ボレー

    ダブルスで勝てない選手は、「サービスラインあたりから強引に」直線的なボレーを打ち過ぎ

    これはダブルスに限った話では無いのですが・・・。ボレーを打つ、とい…

  5. テニス ダブルス

    ボレー

    自分のボレーがいつも浅くなる人は、「ボールの下側を触って」前に押し出していく基本を見直そう

    テニスでは、ボレーでも深さが重要。なぜならバウンドしたと同時に…

  6. テニス ボレー

    ボレー

    前に詰めてのドロップボレー、はなぜ決まりやすいのか?

    ドロップボレーが甘くなる、なかなか決まらない・・・と、悩んでいるみなさ…

特集記事

  1. テニス 知識
  2. テニス メンタル
  1. テニス メンタル

    メンタル

    誰かのアドバイスを耳で聞くのか、心で聴くのかでは、天と地ほどの差があります
  2. テニス スマッシュ

    スマッシュ

    「コートに叩き付けて相手に触らせないスマッシュ」を、最低限ネット近くでは打てるよ…
  3. テニス メンタル

    シングルス

    シングルスの試合で、「難しい戦術は苦手・・・」な人は、シンプルにクロスラリー勝負…
  4. テニス ストローク

    ストローク

    スライスの打ち方は、「肩を閉じるか、開く」しかない
  5. テニス メンタル

    メンタル

    先頭を走る人は、自分でしっかりルールを作って試合に臨んでいる
PAGE TOP