テニス チャンス

フットワーク

テニスの試合では、チャンスボールはその場で待っていても「チャンスにはならない」ことを自覚しよう!

テニスの試合では、自分でポジションを選んで良い。

ダブルスでも2人でしっかりコンビネーションを練習しておけば、どんどん前に出たり逆に下がったり、自由にコート上でプレー出来ます。

ですがこのルールを有効に使えている人がどれくらいいるか・・・と言うと、実は少ない。

特にネットプレーでは、相手がせっかく山なりのボールを打ってきても、遠い場所にいてはそれがローボレー、低い位置での捕球になる。

前に動いていけば、ハイボレー。

こういった違いに、もっと神経質になることが、試合で勝つ為には必要です。

 

テニスの試合では、チャンスボールはその場で待っていても「チャンスにはならない」ことを自覚しよう!

 


 

■テニスの試合は、時間の奪い合い

相手からポイントを奪う、といことは相手から時間を奪うということ。

時間があれば返球出来るけど、間に合わない・・・から、テニスではポイントとして奪取できる。

相手から時間を奪う為には、まずはネットに近付くこと。

相手が逃げよう、しのごうと上に上がっているボールを、なるべく高い位置で早く処理できると、相手は余裕がない。

当たり前ですが、まずはこの原則をしっかり理解しましょう。

 

■テニスは打った後、打った方向へ詰めていくのが基本

ボールを打った方向に詰める、というのはテニスの基本。

特に攻撃しているときこそ、しっかり自分が打った方向に詰めていきましょう。

そうすれば、「時間を奪う為の準備」になってくれますし、相手がプレッシャーに感じてミスしてくれる可能性もある。

良いボールをせっかく打ったのに、その場でボーっとしている人は本当に勿体無いです。

 

■深いボレーから前に詰める動きを、基本として覚えよう!

まずは初心者の方でも、自分のボレーが相手コートの深い位置に入ったらネットに詰める。

この動きをしっかり徹底しましょう。

「ロブが来たら、どうするの・・・?」と考えた方、安心して下さい。

ロブを上げさせるのも、このチャージの目的の一つ。

しっかりスマッシュも頭に入れながら、ダブルスであれば後衛と示し合わせて、実行していきましょう。

試合でもきっと、有効な作戦になるはずです。

 

良いプレーは、打った後の良い動きとセットになっている。

ショット一つ一つがどれだけ良くても、その間の動きが悪ければ相手はそんなに、辛くない。

粘り勝ちできる選手は、しっかり逃げ道を作って返球してくる。

これを許さない為にも、ポジショニングニングは大事です。

ぜひ、もっと神経質になってコート上で動けるようにしてみましょう!

きっと試合も、楽に勝てるようになるはずです。

ピックアップ記事

  1. 「テニスラケット専用ウェイトボール」を使えば、素振りでのパワーアップも可能に!
  2. テニス選手に必要なトレーニングは、「重り付き」縄跳びでしっかり身に付く
  3. テニスのフットワークを支える足元の秘密は、スーパーフィートのインソール
  4. テニスの試合に必要なフットワークトレーニングに、ラダーは必需品
  5. 素振りでパワーアップを図るなら、「バナナウェイト」を使ってみよう

関連記事

  1. テニス ダブルス

    フットワーク

    最後のネットイン、まで信じて走れる選手になれてるだろうか?

    テニスの試合、ちょっとした場面でその人の強さが出る。私が観るの…

  2. テニス 練習

    フットワーク

    ダブルスの試合で有効な前衛の動きは、「本当にポーチ出る!」と思わせるフェイント

    存在感のある前衛がいると、相手としてはそれだけで嫌・・・ですね。…

  3. テニス ポジショニング

    フットワーク

    ストロークが強力な相手にこそ、アナタは下がってはいけない

    「また同じ話か・・・」と思ったみなさん。きっと、確実に強くなっ…

  4. テニス ストローク
  5. フットワーク

    試合で「つなぐボール」が苦手な人は、そもそも考え方がおかしい

    試合の中で、相手の攻撃を粘れない。これは、実は本当に大問題です…

  6. テニス ボレー

    フットワーク

    「いつも通りのショット」を打つ為に、必要なフットワークのポイント8つ

    試合で大事なのに、つい練習で見落としがちなモノ。それは、フット…

特集記事

  1. テニス スマッシュ

    スマッシュ

    「スマッシュに決定力が無い」と感じている人が、意識したい5つのポイント
  2. テニス メンタル

    ダブルス

    相手の前衛に触られても、とにかく慌てないことが一番
  3. テニス サーブ

    サーブ

    サーブで打つコースに悩んだら、「困ったときの○○」でラケットを振り切ろう!
  4. 練習メニュー

    テニスの試合では、「攻撃しながらでも相手の反撃に備える」心の準備が大事です
  5. テニス ボレー

    ボレー

    ネット近くまで詰めることが出来たら、ラケットの位置をアゴ下まで上げて高く構えよう…
PAGE TOP