テニス チャンス

フットワーク

テニスの試合では、チャンスボールはその場で待っていても「チャンスにはならない」ことを自覚しよう!

テニスの試合では、自分でポジションを選んで良い。

ダブルスでも2人でしっかりコンビネーションを練習しておけば、どんどん前に出たり逆に下がったり、自由にコート上でプレー出来ます。

ですがこのルールを有効に使えている人がどれくらいいるか・・・と言うと、実は少ない。

特にネットプレーでは、相手がせっかく山なりのボールを打ってきても、遠い場所にいてはそれがローボレー、低い位置での捕球になる。

前に動いていけば、ハイボレー。

こういった違いに、もっと神経質になることが、試合で勝つ為には必要です。

 

テニスの試合では、チャンスボールはその場で待っていても「チャンスにはならない」ことを自覚しよう!

 

■テニスの試合は、時間の奪い合い

相手からポイントを奪う、といことは相手から時間を奪うということ。

時間があれば返球出来るけど、間に合わない・・・から、テニスではポイントとして奪取できる。

相手から時間を奪う為には、まずはネットに近付くこと。

相手が逃げよう、しのごうと上に上がっているボールを、なるべく高い位置で早く処理できると、相手は余裕がない。

当たり前ですが、まずはこの原則をしっかり理解しましょう。

 

■テニスは打った後、打った方向へ詰めていくのが基本

ボールを打った方向に詰める、というのはテニスの基本。

特に攻撃しているときこそ、しっかり自分が打った方向に詰めていきましょう。

そうすれば、「時間を奪う為の準備」になってくれますし、相手がプレッシャーに感じてミスしてくれる可能性もある。

良いボールをせっかく打ったのに、その場でボーっとしている人は本当に勿体無いです。

 

■深いボレーから前に詰める動きを、基本として覚えよう!

まずは初心者の方でも、自分のボレーが相手コートの深い位置に入ったらネットに詰める。

この動きをしっかり徹底しましょう。

「ロブが来たら、どうするの・・・?」と考えた方、安心して下さい。

ロブを上げさせるのも、このチャージの目的の一つ。

しっかりスマッシュも頭に入れながら、ダブルスであれば後衛と示し合わせて、実行していきましょう。

試合でもきっと、有効な作戦になるはずです。

 

良いプレーは、打った後の良い動きとセットになっている。

ショット一つ一つがどれだけ良くても、その間の動きが悪ければ相手はそんなに、辛くない。

粘り勝ちできる選手は、しっかり逃げ道を作って返球してくる。

これを許さない為にも、ポジショニングニングは大事です。

ぜひ、もっと神経質になってコート上で動けるようにしてみましょう!

きっと試合も、楽に勝てるようになるはずです。

ピックアップ記事

  1. iphoneでテニス動画を撮影するなら、三脚ホルダーのスマホスタンドを使おう!
  2. テニス選手の熱中症・痙攣対策に、ミニクーラーボックスは必需品!
  3. 男子シングルスの試合を戦い抜くなら、大量発汗にも耐えうるタオルチョイスを
  4. これからの暑い時期にあると便利な、「高速製氷機」とは?
  5. テニスのコーチ、指導者の方にオススメしたい、「ボトムアップ理論」の名著

関連記事

  1. テニス フットワーク

    フットワーク

    ボールより速く走れる選手はいないのだから、ボールとかけっこをしてもテニスは上手くいかない

    どんなに足が速い選手でも、ボールより速くは動けない。サッカーや…

  2. テニス ストローク

    フットワーク

    シングルスの試合では、毎回コートの真ん中に戻り過ぎても疲れるだけ

    シングルスの試合、強い人のプレーをよく観察してみると・・・。毎…

  3. フットワーク

    滑りやすいテニスコートで使える「スライドフットワーク」は、足の入り方がポイント!

    砂が多く滑りやすいテニスコート、オムニコートやクレーコートで多いですよ…

  4. フットワーク

    あのスプリットステップ、にも弱点はある

    普段、何気なくやっているステップ。テニスの基本、スプリットステ…

  5. テニス ストローク

    フットワーク

    「かかとから踏みこもう」苦手なテニスのショットも、下半身が使えるようになると変わる!

    テニスは足を使う。走る・・・という意味もあるし、足のパワーを利…

  6. テニス ボレー

    フットワーク

    フェイントは大事だけど、それだけでは「本物のプレッシャー」になり得ない

    フェイントの重要性、は何度も書いてきました。ですが、いくら熱心…

特集記事

  1. テニス トレーニング

    サーブ

    アナタが左利きのテニス選手なら、「ワイドよりもセンターへのサーブ」をしっかり磨い…
  2. その他

    周りの後輩みんなの態度が悪いなら、チーム全体の仕組みや工夫の部分で何かが足りない…
  3. テニス 序盤

    メンタル

    身を以て知らなきゃ強くなれない、「負け」がテニスにはある
  4. テニス メンタル

    シングルス

    テニスのシングルスの試合で、「ただひたすら、後ろで粘るだけの相手」に負けたくなけ…
  5. その他

    上達できるテニス選手は、「問題の本質を見極める力」があるから自立している
PAGE TOP