テニス サーブ

サーブ

誰でも一度は経験するあの痛み・・・「サーブで足を強打してしまう人」の問題点はどこなのか?

サーブ練習で突如湧き上がる悲鳴・・・そう、誰でも一度は経験のあるあの痛み。

ボールを打っているはずが、自分の足首を思い切り打ってしまって悶絶したことのある方、多いと思います。

その場では大きな怪我も無く笑って済ませれるかも知れませんが、実はこうなってしまう打ち方には少し問題も・・・。

よく足を打ってしまう人は、サーブ自体に問題がある可能性もありますので要注意です!

 

誰でも一度は経験するあの痛み・・・「サーブで足を強打してしまう人」の問題点はどこなのか?

 


 

■足元までラケットが加速している状態は、良い状態?

足元までラケットがかなりのスピードで降りてくる。

一見するととても威力があり、実際に良いサーブを打てているんじゃないの・・・と思いがちですが、本当にそうでしょうか?

まず加速が足元まで続いているということは、さらに後ろまでラケットは走っていくということ。

そのまま身体の後ろまでいってしまったら、次の準備が遅くなってしまいませんか?

ダブルスならサーブ&ボレー、シングルスでも次への動作の為にラケットは素早く身体の前に戻しておきたいところ。

この構え直しの観点では、サーブの威力を差し引いても、足元まで加速しているサーブは好ましくないかも知れません。

 

■上に向かってスィングできていれば、足元では失速しているはず

このサイトでは、何度もラケットを「上方向」にしっかり振っていく大切さを強調しています。

もし、しっかり上に抜けていくようなスィングができていれば、ラケットが身体から離れていく動作になり、足元にくるときにはすでにかなり失速した状態でしょう。

さらに、スピン系サーブは上で打ち終わるくらいの感覚ですので、足元にラケットは来ないでそのままお腹の前あたりにラケットが収まるはず。

トッププロ選手、特にダブルスプレイヤーのサーブの打ち終わりを観てみてください。

きっと打ち終わりは、思ったより上で下にラケットは来ていないはずです。

 

■全体的に力が入り過ぎて、下に向かってのスィングになっていませんか?

サーブは力が入り過ぎるとスィングが下方向になってしまいます。

押さえつけるようなサーブでは、到底サーブが入る確率は上がらず・・・足を打ってしまう確率だけが上がって悲しいことに。

打点が近く、窮屈なスィングになっている人も、ラケットを下に振って足元を打ちやすいので注意が必要です。

サーブはどんな球種でも、必ず山なりな軌道を描きます。

この軌道のイメージができていれば、下方向へのスィングにはならないはずです。

 

ラケットで自分の身体を打つ・・・という機会は、実はサーブ以外にもあります。

似たような動作でスマッシュ、あるいはストロークのフォロースルーでも、打っている人を見たことがあります。

そういったフォームは、やはりどこかおかしく合理性に欠けている。

試合で使えるショットは、シンプルで構え直しが素早くできるフォーム。

これを意識して、しっかり修正していきましょう!

ピックアップ記事

  1. これからの暑い時期にあると便利な、「高速製氷機」とは?
  2. 「テニスラケット専用ウェイトボール」を使えば、素振りでのパワーアップも可能に!
  3. フットワークを磨きたい!なら、足指トレーニングは欠かせない
  4. テニス部・テニスサークルとして勝てる集団になりたいなら、「スコアシート」は欠かせ…
  5. 急な怪我でも安心!準備しておきたい応急処置グッズ5つ

関連記事

  1. テニス サーブ

    サーブ

    「サーブミスが多いのはここかもしれない」テニスの試合でプレッシャーがかかる場面を乗り越える!

    サーブを打つ時のステップってどうなってる?俺の場合は、右足を左…

  2. テニス サーブ

    サーブ

    テニスの試合で力んでサーブが入らないときは、ほとんどが「上から押さえ込み」過ぎている

    試合でサーブがなかなか入らない。サーブに自信がある選手ほど、こ…

  3. テニス ストローク

    サーブ

    前に踏み込んで来るリターナーには、ボディサーブを!

    何度か書きましたが、リターンが上手い選手は試合でも強い。ダブル…

  4. テニス サーブ

    サーブ

    深くても安定感のあるサーブは、コートへの入射角が違う

    これ、実は気付いている方少ないと思います。「なんで、サーブは回…

  5. テニス サーブ

    サーブ

    サーブでビビってしまう人は、トスを自分から打ちにいくこと!

    試合でサーブにビビッてしまうこと、ありますよね。これは、ビビッ…

特集記事

  1. テニス メンタル
  1. テニス 気付き

    練習メニュー

    練習中のボールの拾い方一つでも、「ラケットワークの練習になる」ことを忘れない
  2. テニス ボレー

    ボレー

    ネットから少しでも離れると、それを超えないといけないプレッシャーが生じる
  3. テニス ストローク

    ストローク

    テニスの試合で、「ドロップショットが拾われて決まらない・・・」人は、回転の質をチ…
  4. テニス マナー

    戦術

    「初心者」という意識を捨てた人から、テニス選手として巣立っていく
  5. テニス ストローク

    フットワーク

    ドロップショットを有効に使うなら、その前後の動きを徹底して鍛えよう
PAGE TOP