テニス ストローク

ダブルス

ダブルスの並行陣でのファーストボレー、「出来る範囲でセンター寄り」で後衛に触らせましょう

ダブルスの並行陣の戦術を実行していくときに、何となくで最初のファーストボレーを打ってはいませんか?

サーブ&ボレーのボレーは相手の前衛につかまらないのが第一ですが、後衛に返球出来ればOK、というのでも物足りない。

そんなときには、出来るだけ後衛をセンターに寄せるようなボレーが打てると、より効果的に攻撃できます。

甘いリターンであれば、ぜひ相手をセンターに寄せていく戦術、実行していきましょう!

 

ダブルスの並行陣でのファーストボレー、「出来る範囲でセンター寄り」で後衛に触らせましょう

 


 

■相手前衛は、積極的に出てくるタイプかどうか?

相手の前衛が、積極的に出て来るタイプかどうか、は早めに判断したい。

もしファーストボレーに積極的に絡んで来ない、プレッシャーをかけてこないようであれば、強気にコースも選んでいく。

そうすることで、相手の後衛、リターン側の選手はプレッシャーに感じる。

改めて、「ファーストボレーで追い込んでいく」ことを強く意識しましょう。

 

■後衛がセンターに寄れば、味方の前衛も活かしやすい

サーブも同様ですが、センターにボールを集めると前衛がポーチに出やすい。

角度を付け辛いので、センターからはまたセンターにボールが集まりやすいので前衛が触ってくれる機会が増えるでしょう。

こういった前衛を活かすのも、後衛のコースメイク次第。

並行陣の理想も、やっぱり前衛がしっかり触ってポイントが決まること、です。

■逆の立場で考えると・・・

アナタがリターン側、逆の立場で考えると、絶対にファーストボレーを気持ち良くさせてはいけない。

これはリターン側の前衛の仕事です。

気持ち良くサーブ&ボレーのファーストボレーを打たせていれば、リターン側はいつまで経っても辛い。

この状況に早く気付いて、自分からポーチに出て相手を惑わす、ミスを誘うようなプレーは絶対に必要です。

 

前衛のプレーは、リスク覚悟。

これは雁行陣でも一緒です。

ストレートを守ってばかりいても、後衛は苦しくなるだけなのがダブルス。

相手のファーストボレーに飛び込む、飛び込んでこないようであれば相手をセンターに寄せる。

こういった駆け引きに、負けないように技術とメンタルを磨いていきましょう!

ピックアップ記事

  1. 男子シングルスの試合を戦い抜くなら、大量発汗にも耐えうるタオルチョイスを
  2. 準備しておいて絶対に損は無い、試合会場でのトイレ事情について
  3. 「第3回 読者ミーティング」を開催します
  4. プロテニス選手を目指したいなら、英語は必須!実用的なテキスト5つ
  5. テニスの試合で勝ちたい男子選手に、オススメのゲームウェア

関連記事

  1. テニス メンタル

    ダブルス

    ダブルスの試合、「自分がミスして終わりたくない」のは、テニススクール生の性

    女子ダブルスの試合、観ていると気付くことがあります。「あ、この…

  2. テニス ダブルス
  3. テニス メンタル

    ダブルス

    ダブルスの試合で、「自分ばかり狙われて辛い」人はどうすれば良い?

    誰にでも、一度や二度は経験あることだと思います。ダブルスの試合で、…

  4. テニス ダブルス

    ダブルス

    テニスのダブルスの試合で「試合中に雰囲気がすぐ悪くなるペア」の特徴4つ

    ダブルスの醍醐味はコンビネーション。長くペアを組んでいるペアは…

  5. テニス ダブルス
  6. ダブルス

    後ろをカバーしてもらえるのは、ド詰め出来た前衛だけ

    ダブルスの試合で、攻守のメリハリが無いペア。こういうペアは、な…

特集記事

  1. その他

    試合で勝てるチームを作るテニス部のキャプテンは、「仕事を任せられる人」です
  2. テニス ダブルス

    スマッシュ

    センターロブは早めの声掛けで、スマッシュチャンスを逃さない!
  3. テニス メンタル

    メンタル

    先頭を走る人は、自分でしっかりルールを作って試合に臨んでいる
  4. テニス メンタル

    ストローク

    「ポール回し」は上級者だけでなく、テニスプレイヤー全員に求められる技術です
  5. テニス ダブルス

    ダブルス

    ダブルスで前衛に捕まった後は、ほとんどの選手が後衛側に逃げていく
PAGE TOP