テニス ストローク

ダブルス

ダブルスの並行陣でのファーストボレー、「出来る範囲でセンター寄り」で後衛に触らせましょう

ダブルスの並行陣の戦術を実行していくときに、何となくで最初のファーストボレーを打ってはいませんか?

サーブ&ボレーのボレーは相手の前衛につかまらないのが第一ですが、後衛に返球出来ればOK、というのでも物足りない。

そんなときには、出来るだけ後衛をセンターに寄せるようなボレーが打てると、より効果的に攻撃できます。

甘いリターンであれば、ぜひ相手をセンターに寄せていく戦術、実行していきましょう!

 

ダブルスの並行陣でのファーストボレー、「出来る範囲でセンター寄り」で後衛に触らせましょう

 


 

■相手前衛は、積極的に出てくるタイプかどうか?

相手の前衛が、積極的に出て来るタイプかどうか、は早めに判断したい。

もしファーストボレーに積極的に絡んで来ない、プレッシャーをかけてこないようであれば、強気にコースも選んでいく。

そうすることで、相手の後衛、リターン側の選手はプレッシャーに感じる。

改めて、「ファーストボレーで追い込んでいく」ことを強く意識しましょう。

 

■後衛がセンターに寄れば、味方の前衛も活かしやすい

サーブも同様ですが、センターにボールを集めると前衛がポーチに出やすい。

角度を付け辛いので、センターからはまたセンターにボールが集まりやすいので前衛が触ってくれる機会が増えるでしょう。

こういった前衛を活かすのも、後衛のコースメイク次第。

並行陣の理想も、やっぱり前衛がしっかり触ってポイントが決まること、です。

■逆の立場で考えると・・・

アナタがリターン側、逆の立場で考えると、絶対にファーストボレーを気持ち良くさせてはいけない。

これはリターン側の前衛の仕事です。

気持ち良くサーブ&ボレーのファーストボレーを打たせていれば、リターン側はいつまで経っても辛い。

この状況に早く気付いて、自分からポーチに出て相手を惑わす、ミスを誘うようなプレーは絶対に必要です。

 

前衛のプレーは、リスク覚悟。

これは雁行陣でも一緒です。

ストレートを守ってばかりいても、後衛は苦しくなるだけなのがダブルス。

相手のファーストボレーに飛び込む、飛び込んでこないようであれば相手をセンターに寄せる。

こういった駆け引きに、負けないように技術とメンタルを磨いていきましょう!

ピックアップ記事

  1. 夜のランニングのマストアイテム、蛍光色グッズで安全にトレーニングを
  2. テニスのコーチ、指導者の方にオススメしたい、「ボトムアップ理論」の名著
  3. 汗でグリップが滑りやすい人は、「Prince Grip Plus」がオススメ
  4. 大事なテニスウェアを汚したくないなら、シャープの超音波ウォッシャーを持ち歩こう
  5. ご質問頂いた件につきまして

関連記事

  1. ダブルス

    相手の浅いロブは、実はドロップボレーのチャンス

    ダブルスの試合、ロブをカバーに走る。並行陣なら、かなり多くなるシチ…

  2. テニス 戦術

    ダブルス

    ダブルスの試合では、後ろが見えない前衛に対して「上げる!」の一声は必須

    ダブルスの試合、どうしても厳しいボールはロブを使うことも良い選択。…

  3. テニス ダブルス

    ダブルス

    経験豊富で実力もある第1シードの選手は、何を考えながら試合を進めてるんだろう?

    コチラも、アンケートで数名の方にご質問頂いた内容です。強い相手…

  4. テニス チャンス

    ダブルス

    「ロブは無い!」と思ったら、並行陣のポジションはここまで上げられる

    並行陣、イマイチポジションが分からない・・・という方。「ロブケ…

  5. テニス スマッシュ

    ダブルス

    相手が深いボールをストロークで凌ぐときには、「基本はクロス」と決めてポーチに出よう

    ダブルスの試合、上手くラリーの中から前衛が動く。こういうポイン…

  6. ダブルス

    ダブルスでのストレートケアとは、前衛が前に詰めることです

    ここの部分、もう一度ハッキリさせておきましょう。ダブルスの試合…

特集記事

  1. テニス 環境

    ダブルス

    ダブルスの試合、「ミスしてもポーチに出て来る前衛」って、嫌じゃないですか?
  2. テニス メンタル

    練習メニュー

    「背伸びセンス」もテニスの試合で成長する為には必要なこと
  3. テニス マナー

    戦術

    「初心者」という意識を捨てた人から、テニス選手として巣立っていく
  4. テニス 準備

    その他

    テニスの試合中にボールがとなりのコートに入っても、慌てて取りに入ってはいけない
  5. 戦術

    テニスの試合では、「相手の主張」を受けて立とう
PAGE TOP