テニス メンタル

メンタル

テニスの試合では、「2ポイント差がついたら守備的になる」を意識すると迷いが無くなる

テニスの試合、勝ってるときはすごく楽しい。

疲労も感じないし、何でも出来るように感じることもある・・・。

ですが、負け始めると途端に、「迷い」が生じてくる。

攻撃するべきか、守りに徹するべきか・・・という部分、何か目安を作っておくと便利です。

私はいつも、試合の中、ゲーム中は2ポイント差を一つの基準に置いてます。

アナタ自身、考えてみて損は無いと思います。

 

テニスの試合では、「2ポイント差がついたら守備的になる」を意識すると迷いが無くなる

 


 

1.2ポイント差を付けられた時点で、頭を切り替える

私がサーバー側のとき、0-30、15-40 になったときには、頭をはっきり守備的に切り替えます。

まずは自分からミスをしない、ナイスショットはしょうがない、という感じで割り切る。

ポイントは、迷いが無い状態に自分をもっていくこと。

迷いがあれば足が止まり、出足が鈍く、打点も後ろになりやすい。

同じゲームを失うのでも、迷いながら失うゲームは非常にダメージが大きいのです。

 

2.リードしたらアグレッシブにくる選手、具体的には?

リードした選手は大抵、アグレッシブに攻撃をしかけてきます。

新しい作戦を実行しくるタイプか、そのままの作戦でボールスピードをアップしてくるタイプか・・・色々あると思います。

まずはどっしり、受け止める覚悟を持ちましょう。

アナタ自身はしっかり、確率の高い自分のテニスに徹する。

「深く返球、出来るだけバック側に集める」など、シンプルに考えるようにしましょう。

 

3.迷いの無いプレーは、試合の流れを呼び込んでいく

スポーツにも、テニスにも、試合の流れがある。

試合の流れを自分のほうにもってきたければ、まずは迷いを無くしましょう。

自分の中で、「2ポイント差」の準備が出来ていれば、想定が立っている、それだけでだいぶ違います。

想定外のことが起きると、メンタルから崩れていくのです。

 

2ポイント差を追い付ける。

この自信が付くと、試合はすごく楽になります。

いつでもある程度、離されても挽回できる。

ですが具体的には、「どう守備をするか?」を相手に合わせて行う必要がある。

序盤での観察、必要ですね。

情報の精度は、試合の勝敗を分けます。

ぜひ挽回できる選手、になれるよう頑張って練習しましょう!

ピックアップ記事

  1. 暑くも寒くも無い時期には、「アームカバー」で体温調整を
  2. KT TAPE(ケーティーテープ) を使って、テニスの試合で酷使する「膝関節」を…
  3. テニスに必要な筋力トレーニング、リストウェイトが効果的です
  4. 会社にも持っていける、社会人にオススメのラケットバッグ
  5. テニスフリークなら必携のタオルは、「作戦ボードタオル」で決まり!

関連記事

  1. テニス ミス

    メンタル

    試合中に声出しがうるさい人は、基本メンタルが弱いと思って良い

    試合中に、やたらと声を張り上げてくる人。これは、どのレベル、ど…

  2. テニス 指導

    メンタル

    自分の失敗を本気で活かせる人は、実はすごく少ない

    試合に出続けていると・・・つい、「何が失敗なんだか、分からなくなる」よ…

  3. テニス メンタル

    メンタル

    テニスの試合で、「怒り」への対応策は持っているか?

    テニスの試合、崩れていく人。これは、メンタルが弱いというよりも…

  4. テニス ストローク

    メンタル

    相手をおちょくってみる、という意識は必要

    テニスの試合、ちょっとした意識の問題について。言葉は悪いかもし…

  5. テニス 観察

    メンタル

    テニスを通じて、「もっともっと強くなりたい」と思えるアナタの心こそ、既に強いということ

    「夢中になっている」という経験、アナタにはありますか?もしかし…

  6. テニス テニスボール

特集記事

  1. テニス 環境

    ダブルス

    ダブルスの試合で効果的なチェンジプレーは、基本的なプレーで誰でも出来る!
  2. テニス 練習

    戦術

    テニス選手は、ラリー5往復目から「個性」が出て来る
  3. テニス ストローク

    ストローク

    沈めるストロークは、打つ前かラケット面を被せないこと
  4. テニス ダブルス

    練習メニュー

    なかなか練習内容を決められない人は、「判断基準を絞る」ことが出来ていない
  5. テニス リターン

    ストローク

    ストロークのとき、「腕を止めてラケットが走る」を意識してみよう
PAGE TOP