テニス ストローク

ストローク

試合でミスを減らす為に、「シンプルに両手バックハンドストロークを安定させる」為のポイント4つ

両手バックハンドストロークに悩んでいる方、この冬にしっかり練習して来年に備えましょう。

今の練習量、技術を少し変えるてポイントを押さえるだけで、きっと試合の中での安定感はもっとアップできる。

難しく考えずに、今回はシンプルに誰にでも実践可能な部分をまとめてみました。

 

試合でミスを減らす為に、「シンプルに両手バックハンドストロークを安定させる」為のポイント4つ

 


 

1.スピードを落として軌道を上げる

まず大切なのは、自分の技量に合ったショットを打つ、打ち続けること。

速くて低いボール、試合でどれだけ使えますか?

相手のマッチポイントでも、迷い無く打てますか?

こういう試合でのシチュエーションをしっかり逆算して練習しなければ、それはアナタのテニスを強くすることができません。

まずは軌道を上げて、しっかりスピードを落としてでもコートに確実に入るショットを練習する。

95%以上入り続ける自信が出来たら、少しずつショットを強くしていきましょう。

 

2.両手バックハンドのリーチの短さをフットワークでカバーする

両手バックハンドはリーチが短い。

つまりはしっかりボールに追いつくには、それだけ走る量も増えます。

それなのに、相手が打ったボールに対してラケットの準備もスタートダッシュも遅い人が多すぎる。

「苦手なバックハンド側に来た・・・」という心理が働いている人は、この機会に「よし!バックに来た!」と無理やりにでも心の中で叫ぶ癖をつけましょう。

普段の練習の中から繰り返すことで、試合での1歩目がきっと速くなる。

フットワークの改善は、技術的なものも大事ですがメンタルからスタート力を強めるのが一番です。

 

3.ボールに合わせてフォームを変えないように意識

両手バックハンドストロークの強みは、しっかり力を伝えられて安定感があるところ。

この強みを活かすには、ボールに合わせて打点を変えたり、上体が伸びあがったりと基本のフォームが変化しては意味がありません。

どんなボールでも、同じ打ち方でしっかり打てること。

まずは腰の高さのボールに対して、しっかりと肩が入った構えを速く作り、相手に見せ付けましょう。

打球が引くければ膝を曲げ、高くなりそうであれば思い切ってライジングで打てるようにステップアップしていく。

基本は腰近くでラケットをテイクバックして安定して打てるように、基本のフォームを固めていきましょう。

 

4.回転量のあるストロークに進化させる

少し時間がかかりますが、これはとても大事な問題。

ストロークの安定感に欠ける人のほとんどは、まず回転量不足。

スピン、スライス共に、どこかフラット系に近いショットになっているから安定しないし、大事な場面で打ち切れない。

まずは両手バックハンドのグリップをしっかり確認してみましょう。

この問題に正解はありませんが、ポイントは左手をどういう角度で握るのか・・・が重要。

トップスピンのストロークは打点を前に取ることでボールに回転をかけますので、腰あたりではラケット面が下を向いた状態のはず。

たくさん失敗しても良いので、自分に合った両手のグリップを探してみて下さい。

きっと「これだ!」というものが見つかるはずです。

 

硬式テニスにおいて、両手バックハンドは誰でも一度は通る道でしょう。

両手を経て片手に移行する選手もいたり、また戻ってきたり・・・と、私も何回も行ったり来たりを繰り返しました。

この模索って、やっぱりテニスの醍醐味なんですよね。

人は皆、体格も脚力も、ボール感覚も違います。

アナタ自身の両手バックハンドが来年どう進化できるか・・・は、今年の残りをどう過ごすかに寄るでしょう。

ぜひ、試合でしっかり振り切れるショットに仕上げていってください。

ピックアップ記事

  1. テニスのフットワークを支える足元の秘密は、スーパーフィートのインソール
  2. プッシュアップバーを使って、テニスに必要なトレーニングを効率化しよう
  3. これからの暑い時期にあると便利な、「高速製氷機」とは?
  4. TOALSON(トアルソン) スイートエリアラケット、これは使える
  5. テニスの試合で「足裏の皮膚が荒れてしまう方」にオススメな、皮膚保護専用クリーム「…

関連記事

  1. ストローク

    ショートクロスのストローク、打点さえつかめば難しくはない

    試合で使える、「ショートクロス」のショットを打ちたい!と考えて…

  2. テニス ストローク

    ストローク

    ストロークで「身体を開いてはいけない」は、誤解の元

    ストロークやサーブを打つときに、「身体が開いてるよ!」というアドバイス…

  3. テニス ストローク

    ストローク

    バックハンドストロークの切れ味、最後にラケットを前に出せるかどうかが肝

    バックハンドストローク、両手打ちでなかなか威力が出ないという方も多いと…

  4. テニス スライス

    ストローク

    「スライス限定で試合をしないといけない」と考えると、テニスの幅がグッと拡がります

    スライスを覚えたいけど、どうしてもスピンに頼ってしまう。そんな…

  5. テニス ストローク

    ストローク

    ダウンザラインのストローク、シュート回転してない?

    まっすぐ、縦のラインに添ってストロークを打つ。テニスで、これが…

  6. テニス ストローク

    ストローク

    「オープンスタンスでの守備的なストローク」は、軸足をしっかり意識して体重を乗せると安定する

    相手のストロークが深い、ようなときに、皆さんもオープンスタンスを使う機…

特集記事

  1. テニス サーブ

    スマッシュ

    テニスの試合で、少し余裕があるときのスマッシュは、「しっかり相手方向に背中を見せ…
  2. テニス ボレー

    スマッシュ

    試合に勝ちたければ、「スマッシュが苦手な相手には、遠慮無くロブ」を上げて打たせて…
  3. テニス ストローク

    リターン

    コンパクトなリターンが出来れば、その後の戦術がスムーズになる
  4. テニス ストローク

    ストローク

    逆クロス方向へのショットは、相手に背中を向けよう
  5. テニス ストローク

    ストローク

    テニスではストロークもボレーも「後ろから力で、勢いを付けよう」とすると上手くいか…
PAGE TOP