テニス スライス

ボレー

テニスの試合では、「相手にドロップを警戒させて深く打つ」スライスが有効です!

まず初めに、これはかなり難しい技術です。

スライスショットを浅く打つのか、深く打つのかを、ギリギリまで決めない。

決めないで相手に両方を警戒させて、心理的に揺さぶっていくというのが狙いです。

「ドロップショットを警戒して前に走る」相手に対して、ここぞとばかりに深くコースを突いていく。

ストロークでもボレーでも、この技術が使えると試合で非常に有効です。

 

テニスの試合は、「相手にドロップを警戒させて深く打つ」スライスが有効です!

 

■コースだけでなく、テニスでは「深さ」を隠すことも大事

打つコースを隠すことの重要性は、何度も書いてきました。

しかし、そこから更にステップアップさせるには「深さ」も隠してしっかり相手にばれないようにしないといけない。

ドロップショット、ドロップボレーも、多用すれば相手も警戒して前をケアするようになります。

その相手に対して、しっかり深いスライスも見せておく。

同じ構えから深いボールも打てると、相手は迷い、結局動けなくなる・・・はずです。

 

■どこまで隠す?という問題について

「でもドロップショットは、打つ前にばれますよね?」という質問も頂きました。

確かに、打つ少し前、ラケットをテイクバックしてそこから振り出していくころには、ばれます。

これはさすがに、ばれても大丈夫。

大事なのは、「テイクバックした状態では、どちらでも打てるように見える」ということです。

しっかり肩が入って、自分でもギリギリまでどちらも打てる状態、作れるように練習してみて下さい。

 

■相手が前に走ってきても、慌てない

ドロップショットに慣れていない人は、相手に「ばれた!」と思うと慌ててしまう。

慌ててしまって、そのプレッシャーに負けて甘くなるかミスしてコートに入らない。

それを防ぐには、まずは動じないメンタルが必要。

ドロップ系のショットは、相手に触られても全然大丈夫。

そこで相手を動かして、次の展開で攻撃していけば良い。

更にこの深いショットへの切り替えも身に付ければ・・・もう前に走られても、何も怖くないですね。

プロ選手の試合でも、まれにこの技術を観ることが出来ます。

錦織選手も、意図的にドロップショットを打つと見せかけて、この深いスライスショットに切り替えたりしていますね。

この駆け引き、テニスの醍醐味です。

ぜひ皆さんも意識して観て、自分で使えるようチャレンジしてみて下さい。

ピックアップ記事

  1. 高音質で防水仕様のワイヤレスイヤホンは、テニストレーニングに最適
  2. 素振りでパワーアップを図るなら、「バナナウェイト」を使ってみよう
  3. テニスのコーチ、指導者の方にオススメしたい、「ボトムアップ理論」の名著
  4. ベイビーステップ 46巻 は、シングルスの試合の駆け引きの描写が秀逸
  5. テニス選手のフットワークを支える、足首サポーター「ASO」

関連記事

  1. テニス ラケット

    ボレー

    「アングルボレーは、前に腕を押し出す」ことでテニスの試合でミスが減り、使えるショットになります!

    ダブルスでもシングルスでも、「上手いな~!」と周りを唸らせるショットの…

  2. テニス 戦術

    ボレー

    硬式テニスのボレーは、「ラケット面をしっかり作る」からコントロールできる!

    ソフトテニス、軟式テニスを経験している方が硬式に移行した際に、難しい技…

  3. テニス ボレー

    ボレー

    相手の速いボールが身体の正面に来たときは、「身体を反らせてノーテイクバック」で合わせれば返球できる

    相手の打ったボールが速い、しかも自分の身体の正面に飛んで来た・・・。…

  4. テニス 練習

    ボレー

    ネットプレー強化に即効性がある練習メニューは、ズバリ「ノーバウンド限定テニス」です!

    ボレーが上手くなりたい、上達したいと思ってもなかなか難しい。な…

  5. テニス 練習

    ボレー

    テニス部としての練習で、「強引なネットプレーの練習」は必要!特に女子テニス部に

    普段のテニス部の練習、どうしてもストローク中心になっていませんか?…

  6. テニス 準備

    ボレー

    テニスの試合、「ネットに詰めれば詰める」ほど、上半身はリラックスしていこう

    テニスの試合の中で、ネットに詰めていくこと。これは、レベルが上…

特集記事

  1. テニス ボレー

    ボレー

    「攻撃的で安定感があるボレー」を身に付けたいなら、軸足から踏み込んでタメを作るこ…
  2. テニス メンタル

    戦術

    テニス選手として、「スタミナを武器にしたい」と考えているのであれば、1日8ゲーム…
  3. テニス メンタル

    メンタル

    普通に「勝ちたい」って思っているくらいじゃ、テニスの試合は勝てない
  4. テニス サーブ

    サーブ

    フラットサーブに必要な、リストワーク4つ
  5. テニス ストローク

    戦術

    売られた喧嘩を、安易に買ってはいけない
PAGE TOP