テニス スライス

ボレー

テニスの試合では、「相手にドロップを警戒させて深く打つ」スライスが有効です!

まず初めに、これはかなり難しい技術です。

スライスショットを浅く打つのか、深く打つのかを、ギリギリまで決めない。

決めないで相手に両方を警戒させて、心理的に揺さぶっていくというのが狙いです。

「ドロップショットを警戒して前に走る」相手に対して、ここぞとばかりに深くコースを突いていく。

ストロークでもボレーでも、この技術が使えると試合で非常に有効です。

 

テニスの試合は、「相手にドロップを警戒させて深く打つ」スライスが有効です!

 


 

■コースだけでなく、テニスでは「深さ」を隠すことも大事

打つコースを隠すことの重要性は、何度も書いてきました。

しかし、そこから更にステップアップさせるには「深さ」も隠してしっかり相手にばれないようにしないといけない。

ドロップショット、ドロップボレーも、多用すれば相手も警戒して前をケアするようになります。

その相手に対して、しっかり深いスライスも見せておく。

同じ構えから深いボールも打てると、相手は迷い、結局動けなくなる・・・はずです。

 

■どこまで隠す?という問題について

「でもドロップショットは、打つ前にばれますよね?」という質問も頂きました。

確かに、打つ少し前、ラケットをテイクバックしてそこから振り出していくころには、ばれます。

これはさすがに、ばれても大丈夫。

大事なのは、「テイクバックした状態では、どちらでも打てるように見える」ということです。

しっかり肩が入って、自分でもギリギリまでどちらも打てる状態、作れるように練習してみて下さい。

 

■相手が前に走ってきても、慌てない

ドロップショットに慣れていない人は、相手に「ばれた!」と思うと慌ててしまう。

慌ててしまって、そのプレッシャーに負けて甘くなるかミスしてコートに入らない。

それを防ぐには、まずは動じないメンタルが必要。

ドロップ系のショットは、相手に触られても全然大丈夫。

そこで相手を動かして、次の展開で攻撃していけば良い。

更にこの深いショットへの切り替えも身に付ければ・・・もう前に走られても、何も怖くないですね。

プロ選手の試合でも、まれにこの技術を観ることが出来ます。

錦織選手も、意図的にドロップショットを打つと見せかけて、この深いスライスショットに切り替えたりしていますね。

この駆け引き、テニスの醍醐味です。

ぜひ皆さんも意識して観て、自分で使えるようチャレンジしてみて下さい。

ピックアップ記事

  1. ストローク練習機「ピコチーノ」は、素振りの質を高めてくれるはず
  2. テニスの試合に必要なフットワークトレーニングに、ラダーは必需品
  3. 冬のテニスのマストアイテム、手袋選びは勝利への近道
  4. 雨が多い時期の試合は、防水スプレーは必須アイテム
  5. テニスの試合に持参するジャグボトルは、「サーモス スポーツジャグ 1.9L」くら…

関連記事

  1. ボレー

    ネットに詰めた時こそ、正面向きでは何も出来ない

    ボレーでの決定力を上げていきたい、と考えているみなさん。ネット…

  2. テニス ドロップショット

    ボレー

    「強く打ち込む雰囲気」を相手に見せれば、ドロップボレーは8割完成

    試合の中で、華麗にドロップボレーを決めたい・・・。だけど、普通…

  3. テニス ボレー
  4. テニス ボレー

    ボレー

    ボールの軌道に先回り、がボレーの基本中の基本

    ボレーはシンプルに、出来るだけラケットを動かさないこと。この基…

  5. ボレー

    「試合が強い選手のボレーボレー」練習は、ココが違う!4つのポイント

    普段、ウォーミングアップのときにやる機会も多いボレーボレー。お…

  6. テニス ボレー

    ボレー

    ネットプレーのときに、「片手魔人」になっている人いませんか?

    片手でラケットを持って、構えている人。私はこういう人を、「片手…

特集記事

  1. テニス ストローク

    フットワーク

    回り込みフォアハンドに必要な、クロスオーバーステップを使っていこう!
  2. テニス メンタル

    メンタル

    テニスの試合では、「自分の負けパターン」を知っていると、0-4からでも挽回できる…
  3. テニス 戦術

    シングルス

    「相手に攻撃させないテニス」を意識して戦おう
  4. テニス ボレー

    ボレー

    「ロブじゃない!って思ったら・・・」ネットへのダッシュが求められるスポーツ
  5. テニス フェデラー

    シングルス

    「SABR」戦術に見る、フェデラー選手の変化できる凄みとは?
PAGE TOP