テニス ボレー

シングルス

シングルスの試合で、「リズム良くサーブを打ってくる、調子が良さそうな相手」には、深いリターンで正面を突いて崩すことから

昔のアガシ選手がそうでしたが、サーブをリズム良くポンポン打ってくる相手、いますよね。

ラビット先戦と呼ばれたりもしている、とにかく試合を速く進めていくこと重視した作戦では、どこかで相手のリズムを崩すようなプレーが必要。

私なら、こんな作戦を準備しておきます。

サーブを打った後に、打たれて嫌なのは「自分の足元」。

ここをしっかり攻撃して、ラリー戦の主導権を握ってまず1ポイントプレーすればリズムを崩れるはずです。

 

シングルスの試合で、「リズム良くサーブを打ってくる、調子が良さそうな相手」には、深いリターンで正面を突いて崩すことから

 


 

■テンポの良いゲームが得意な相手は、いる

実際に試合のテンポを上げて調子を保つ選手はいます。

サーブ→チャンス→打ち込む、という流れで、どんどん試合を進めていこうとする。

一度ラリーの主導権を自分に戻したい、と考えたときに、大事なのはリターンを攻撃的に打っていくこと。

ライン際を狙うのではなく、相手の足元を狙うことをオススメします。

 

■目標があれば、打ちやすい!

実際にどこかを狙うときに、対象物があると狙いやすい。

ラインを観て狙う、のではなく、立ってる人を狙う方がやりやすいはずです。

ボディへのショットはフォアかバックか、一瞬迷いますし、攻撃されたという意識が強くなり受け身になってくれるかも知れません。

リターンが安定しないという人は、シンプルにこの意識で打ってみても良いかも知れません。

 

■スライスでリターンを打てると、なお良し!

その相手サーバーの足元へのリターン、スライスで打てるとなお良し、です。

打点を低くできますし、スライスに慣れていない女性選手であれば返球に苦労するはず。

そこから引き出したチャンスをどう展開するかも、先にイメージしておいて下さい。

最後はアナタがネットに詰めて、決めたいですね。

 

リターンを相手の足元、センター気味に打つことは、どんな相手にも有効です。

センターのポジションからは、攻撃が難しい。

テニスはコートの端からのほうが、打てるコースが多いことは覚えておいて下さい。

チャンスを引き出すには、実は足元から・・・という視点、大事です。

ピックアップ記事

  1. 多動力こそ、これからの時代のテニス選手に必要だと思う
  2. Zatous(ザータス)の大容量バッグインバッグは、ラケットバッグと相性ピッタリ…
  3. テニス選手としての「肩の痛み」を改善するには、寝る時の姿勢を変えないと
  4. いつからヨネックスのシューズは、こんなにカッコ良くなったんだろう
  5. 水で濡らして絞って振れば、何度でも冷たくなるタオルが使える

関連記事

  1. 食事

    シングルス

    シングルスで結果を出してこそ、アナタは本物の自信を入れ得るとこが出来る

    テニスの試合は、ダブルス中心。私の肌感覚では、T-PRESS読…

  2. テニス リターン

    シングルス

    ダウンザラインへのストロークの展開は、相手に「背中を向ける」準備で!

    ストロークでの、ダウンザラインへの展開。シングルスでは、不可欠…

  3. テニス ストローク

    シングルス

    全力で前にダッシュして目の前に落とす、のはテニスでは難しい技術

    昨日の錦織選手の試合を観て、感じたこと。ドロップショットの処理…

  4. テニス シングルス

    シングルス

    シングルスの試合に出たいのに、「ダブルスの練習しか出来ない・・・」ときに意識したいこと

    シングルスの試合に出たいのに、チームの人数が多くてダブルスの練習しか出…

  5. テニス ストローク

    シングルス

    テニスのシングルスの試合で、「サーブで崩して次のボールから攻める」為に必要な意識4つ

    テニスにおいて、「3球目のイメージ」という言葉をよく聞きます。…

  6. テニス サーブ

    シングルス

    初めてのシングルスの試合で、準備したい4つの基本戦術

    シングルスの試合、始めて試合に出る時は皆さんも緊張しましたよね。…

特集記事

  1. テニス 部活

    メンタル

    対戦相手のテニスと人格は、切り離して考えることが一番
  2. テニス メンタル

    メンタル

    自分の膿を出してくれる、その人との付き合いを大事にしよう
  3. リターン

    リターンミスが多い時は、相手を見ないでコンパクトに
  4. テニス 観察

    サーブ

    テニス試合の中でよく聞く言葉、「ダブルフォルトを活かしていこう!」って、口だけに…
  5. テニス ストローク

    リターン

    リターンの超基本、「足を前後で半身の体制」を多くの選手が取り入れる理由とは?
PAGE TOP