テニス ボレー

シングルス

シングルスの試合で、「リズム良くサーブを打ってくる、調子が良さそうな相手」には、深いリターンで正面を突いて崩すことから

昔のアガシ選手がそうでしたが、サーブをリズム良くポンポン打ってくる相手、いますよね。

ラビット先戦と呼ばれたりもしている、とにかく試合を速く進めていくこと重視した作戦では、どこかで相手のリズムを崩すようなプレーが必要。

私なら、こんな作戦を準備しておきます。

サーブを打った後に、打たれて嫌なのは「自分の足元」。

ここをしっかり攻撃して、ラリー戦の主導権を握ってまず1ポイントプレーすればリズムを崩れるはずです。

 

シングルスの試合で、「リズム良くサーブを打ってくる、調子が良さそうな相手」には、深いリターンで正面を突いて崩すことから

 

■テンポの良いゲームが得意な相手は、いる

実際に試合のテンポを上げて調子を保つ選手はいます。

サーブ→チャンス→打ち込む、という流れで、どんどん試合を進めていこうとする。

一度ラリーの主導権を自分に戻したい、と考えたときに、大事なのはリターンを攻撃的に打っていくこと。

ライン際を狙うのではなく、相手の足元を狙うことをオススメします。

 

■目標があれば、打ちやすい!

実際にどこかを狙うときに、対象物があると狙いやすい。

ラインを観て狙う、のではなく、立ってる人を狙う方がやりやすいはずです。

ボディへのショットはフォアかバックか、一瞬迷いますし、攻撃されたという意識が強くなり受け身になってくれるかも知れません。

リターンが安定しないという人は、シンプルにこの意識で打ってみても良いかも知れません。

 

■スライスでリターンを打てると、なお良し!

その相手サーバーの足元へのリターン、スライスで打てるとなお良し、です。

打点を低くできますし、スライスに慣れていない女性選手であれば返球に苦労するはず。

そこから引き出したチャンスをどう展開するかも、先にイメージしておいて下さい。

最後はアナタがネットに詰めて、決めたいですね。

 

リターンを相手の足元、センター気味に打つことは、どんな相手にも有効です。

センターのポジションからは、攻撃が難しい。

テニスはコートの端からのほうが、打てるコースが多いことは覚えておいて下さい。

チャンスを引き出すには、実は足元から・・・という視点、大事です。

ピックアップ記事

  1. テニスシューズの中で、自分の足が滑る・・・ような人は、5本指ソックスに変えてみよ…
  2. 「プリンス キャスター付きボールカゴ」が、やっぱり一番使いやすい
  3. これからの暑い時期にあると便利な、「高速製氷機」とは?
  4. 一人でも出来る、テニス選手に必要なトレーニングで鍛えよう!
  5. みなさんに感謝の気持ちを込めて、新しい取り組みを始めます!

関連記事

  1. テニス メンタル

    シングルス

    シングルスの試合で「お互いにブレーク合戦」になったときに、意識したいポイントとは?

    テニスの試合では、ブレーク合戦になることが多々あります。プロ選…

  2. テニス サーブ
  3. テニス 練習

    シングルス

    「初めてシングルスの3セットマッチの試合を戦う」うえで、気を付けたい5つのポイント

    普段の試合の多くは、1セットマッチか8ゲーム先取だと思います。…

  4. テニス ストローク

    シングルス

    シングルスの試合でネットに出るアプローチショットは、打った後のポジショニングが大事

    シングルスの試合、私は何度も「ネットに出よう!」と書いてきました。…

  5. テニス フットワーク
  6. シングルス

    「記憶力でシングルスを制す」テニスの試合中はデータ収集に勤しむこと

    シングルスの試合は一人で戦わないといけない。ダブルスのように、…

特集記事

  1. テニス 格上相手
  2. テニス 知識
  1. テニス メンタル

    戦術

    テニスの試合では、「風上からのテニス」の方が難しい場合が多い
  2. テニス ストローク

    ストローク

    ストロークに威力が出ないのは、テイクバックが遅くて不十分だから
  3. テニス メンタル

    メンタル

    トーナメント形式の大会では「一発勝負だからこそ、格上に勝つチャンスがある」ことを…
  4. テニス リターン

    ボレー

    ボレーは「グリップの握り込むタイミング」で伸びが変わる!意識したいポイントは?
  5. テニス サーブ

    サーブ

    「トスアップのコツ」をつかめばサーブはもっと良くなる!テニスの試合で使えるサーブ…
PAGE TOP