テニス ボレー

ボレー

「アナタのボレーは、何故アウトばかりになってしまうのか」を、スライス回転の質で考えてみる

せっかくチャンスボールをネット近くでボレーしようと思っても、どうしてもアウトしてコートに収まらない。

ボレーで決められる自信が無いと、どれだけ良いストロークを磨いても勿体無い・・・と感じてしまいますよね。

今回は、特にボレーでアウトしてしまう人が多い人向けに、正しい「ボレーのスライス回転」について考えてみたいと思います。

「アナタのボレーは、何故アウトばかりになってしまうのか」を、スライス回転の質で考えてみる

 

■ボレーが上手い選手は、サイドスライスが主体

ネットプレーが安定している人のスライスは、どんなスライスになっているのか。

それは、「ボールの横を捉えた」サイドスライスになっています。

特に注目して欲しいのが、ハイボレー。

ラケットがしっかり打点よりも上にセットされ、そこからボールの横を捉えていくから、ふかさないで抑えが効いたスライスになるのです。

アウトしてしまう人は、まずラケットがしっかり上にセットされていない。

そしてラケットヘッドが落ちてしまっているので、当たるときにボールの下をこするようなスライスになり、結果アウトしている場合が多いので、注意が必要です。

 

■サイドスライスがかかれば、バウンド後に相手からボールが逃げていく

サイドスライスの利点は、相手をコートから追い出すような逃げていくショットを打てる点。

しかも弾まない軌道でバウンドしていきますので、相手ストロークの打点を下げることができます。

ここまでの質を、目指したいところ。

練習が必要ですが、コツとしてはしっかり横向きを作って上から入ること。

もちろん、ボレーの基本であるコンチネンタルグリップは必須です。

 

■サイドスライスがかけれたら、「リスクを冒さない」本物のネットプレイヤー!

サイドスライスで質の高いボールが打てるようになると、アナタはリスクを冒す必要性が少なくなります。

相手がやっと届くくらいのボールでも、充分ポイントが獲れるでしょう。

サイドスライスがしっかりかかれば、ボールがベースライン手前で失速してくれますので、アウトする恐れも少なくなり自信が生まれます。

ぜひ練習の中で、この「ベースライン手前でブレーキが効く」ような弾道をイメージしてみて下さい。

 

良いスライス回転は、ストローカーに対して「圧迫感」を与えることが出来ます。

この圧迫感が、テニスにおけるミスを誘う大きな要因に。

逆に速いだけ、回転がかかっていないボレーは、あまりプレッシャーに感じませんし、何よりアウトのリスクも大きく安定しない。

ボレーは、速ければ良いというものではありません。

学生の皆さんも、本当に試合で効果的なボレーの軌道、スライスについて、一度見直してみませんか?

ピックアップ記事

  1. 夜のランニングのマストアイテム、蛍光色グッズで安全にトレーニングを
  2. テニスの試合に持参すると便利な、折り畳みチェア3選
  3. テニス選手に必要なトレーニングは、「重り付き」縄跳びでしっかり身に付く
  4. あらゆる場面で活躍できる「万能タイプスポーツサプリメント」凌駕BCAA+
  5. 素振りでパワーアップを図るなら、「バナナウェイト」を使ってみよう

関連記事

  1. テニス ボレー

    ボレー

    「ハイボレーでもっとパンチ力が欲しい!」人に、オススメする練習方法とは?

    いくらストロークで追い込んでも、ハイボレーが決まらないと・・・なかなか…

  2. テニス ボレー

    ボレー

    テニスの試合で、「ネットに出てパッシングで抜かれない選手」になる為に、意識したい5つのポイント

    パッシングショットですぐに抜かれてしまう・・・。シングルスでも…

  3. テニス 準備

    ボレー

    オープンスタンスでのボレーの時に、しっかり「ドロップボレーの準備」も頭にイメージしておくこと

    自分がネットに出ていて、相手のパッシングショットが厳しいコースに飛んで…

  4. テニス 練習

    ボレー

    ネットプレー強化に即効性がある練習メニューは、ズバリ「ノーバウンド限定テニス」です!

    ボレーが上手くなりたい、上達したいと思ってもなかなか難しい。な…

  5. テニス ボレー

    ボレー

    ダブルスの試合で「2バックの粘るペア」を崩す為に必要なネットプレーの心得え4つ

    学生でも社会人でも、「この相手はサーブが良いな・・・」と感じると、リタ…

  6. テニス ボレー

    ボレー

    テニスの試合で、「厳しいロブをしっかりカットして粘りたい」ときには、まず相手の出方を確認しよう

    ネットプレーが上手い人、試合に強い人はアップヘッド(頭の上)のボールの…

特集記事

  1. テニス 格上相手
  1. テニス メンタル

    シングルス

    テニスのシングルスの試合を「1日3試合勝ち抜く」為に必要な考え方5つ
  2. テニス 準備

    練習メニュー

    テニスという競技では、練習の中で「ミスもたくさん練習している」という危機感が大事…
  3. その他

    「高西トレーニング遍歴」テニスの試合で使える体力を順序を追って身に付けていく
  4. テニス フットワーク

    ストローク

    ベースラインから浅いボールを拾ったときに、「ぽわーんと浮いた返球」になってしまう…
  5. テニス メンタル

    メンタル

    一度の成功体験にしがみ付いている人ほど、面倒臭い人はいない
PAGE TOP