リターン

リターンダッシュを仕掛けて「相手にプレッシャーを与える」ことで獲られるメリット4つ

ネットプレーが得意、またはこれから磨いていきたいという方にお勧めなのがリターンダッシュ。

サーブ&ボレーよりも前に入りやすく、アプローチショットをスライスで打てればそのままのグリップでリズム良く入っていける。

初中級の方でも、トライしてみると意外と出来ちゃったりします。

 
 

1.相手からダブルフォルトをもらう

リターンダッシュをかけてくると、相手はサーブにプレッシャーがかかります。

特にセカンドサーブを深く入れないといけない・・・という意識が強くなり、ダブルフォルトをもらえる機会も増えるでしょう。

アナタ自身が労力を使わずにポイントを獲るには、ダブルフォルトが一番効果的です。



2.ファーストサーブの威力さえも削ぐ

1.でダブルフォルトが増えてくれば、ファーストサーブの威力も削ぐことができます。

実はこれ、試合に勝てる選手は、格下相手に多く実践していること。

格下の相手に怖いのが、良いファーストサーブが入ってノリノリでプレーさせてしまうこと。

積極的にリターンダッシュをしかけて、その自信を削いでいくことができる

これも大きなメリットです。



3.ストロークラリーで分が悪いときのアクセントになる

シングルスでもダブルスでも、ラリー戦で分が悪いなと感じるときには、最初の場面でアクションが必要。

ダブルスであればストレートロブからのリターンダッシュ、シングルスではドロップショットから前に行くのも良いですね。

奇襲作戦は、相手が強いほど効いてきます。

特にストロークは強くても、ロブやドロップで揺さぶられると弱い相手もいますので、そのアクセントとしてもリターンダッシュが効果的です。



4.リターン時に最初から前に立つことで、ネットプレーに繋げやすい

ネットに出て相手にプレッシャーをかけたいけど、サービスラインあたりでのボレーが苦手・・・という方もいますよね。

リターンは、サーブと違ってどれだけ前にいて待っていてもOK。

サーブ&ボレーだとフットフォルトになるけども、このルールは活用しない手はありません。

うまくブロックリターンを使えば、かなり前、サービスライン少し後ろでもリターンは攻撃的に返球できます。

ぜひ、試してみて下さい。

リターンが苦手・・・という方も、実はリターンダッシュのような思い切った作戦を実行することで、リターンが得意な選手になっていけるかも知れません。



イメージを確認してみましょう

ダブルスの試合で、シンプルに前に出る。

2人の息を合わせていければ、リターンの選手に強いプレッシャーがかかります。

前めのポジション、をしっかり取ることが大事です。

2人で息を合わせて前に出る。

意識したいのは、しっかりセンターを絞って狙わせない、ということ。

そうすれば、相手は無理してサイドアウトしてくれる、でしょう。

相手に無理をさせて、ミスを誘うのはリターンダッシュの基本ですね。

→YouTube公式チャンネルはコチラ



上手くポイントに繋げているときは、相手がプレッシャーを感じて自滅してくれるはず。

こうやってリターンダッシュからブレイクできると、自分のサービスゲームも乗っていけます。

まずは失敗しても良いので、ぜひいきなり本番で試してみて感覚を養って下さい。

その後に練習、のほうがイメージを持ちやすいと思います!

ピックアップ記事

  1. 「HEADのボールって、実際どうなの?」の質問にお答えします
  2. YouTubeチャンネル登録200人、ありがとう御座います
  3. テニス選手としての「肩の痛み」を改善するには、寝る時の姿勢を変えないと
  4. リアクションボールを使って、イレギュラーバウンドへの対応力を磨こう!
  5. テニス選手のフットワークを支える、足首サポーター「ASO」

関連記事

  1. テニス ストローク

    リターン

    ミックスダブルスのリターン、男性は女性サーブこそコンパクトに振っていかないと

    ミックスダブルスで、もったいないポイント。それは、男性が女性サ…

  2. リターン

    リターンの時に「動いた前衛」が目に入っても、やることは変わらない

    ダブルスの試合の中で、リターンのその瞬間。相手の前衛が動いてき…

  3. テニス 練習

    リターン

    「セカンドサーブを叩ける」相手には、ペアで息を合わせて!

    ちょっとしたコツですが、ダブルスの試合での声の掛け合い方について。…

  4. テニス ミス

    リターン

    リターンをストレートに、打てない人が多過ぎる

    リターンをストレートに打つ。ダブルスの試合では、これが出来ない…

  5. テニス 練習

    リターン

    女性の速いサーブ、試合では要注意な件

    試合の中で、返球し辛いボール。それって、こういうサーブじゃない…

  6. テニス リターン

    リターン

    ビッグサーバーを崩すには、まず「ブレイクポイントを作る」ことから

    サーブが強力な相手に、どう戦うのか。なかなかチャンスを作れない…

特集記事

  1. テニス ラケット

    メンタル

    「ピンチの時こそ、アグレッシブに」を、試合の基本方針に
  2. テニス ストローク

    戦術

    テニスにおいて弱点は克服しようと思わず、「個性を武器にしていく」意識で強くなろう…
  3. テニス メンタル

    戦術

    テニスにおける戦術とは、「今ある技術だけを使って勝つ為の方法論」だと考えると割り…
  4. ストローク

    「ボールの変化は最小限で」テニスのライジングショットは高地のコートだとより有効に…
  5. テニス メンタル

    リターン

    「この一つの技術で勝てる試合が必ず増える」テニスでアドサイドからの逆クロスリター…
PAGE TOP