テニス 部活

その他

個人競技であるテニスにおいて、「チームの中で自分が何で貢献できるか?」を考えていけば、試合で勝てるプレイヤーになれます

テニスは個人競技。

それが良さでもあり、私自身「自分が努力さえすれば、どこまでも上にいける」魅力に駆り立てられて、テニスを始めました。

とはいえ、自分が成長するには仲間とその成長が不可欠。

アナタ自身、何ができるかを再度考えてみませんか?

 

個人競技であるテニスにおいて、「チームの中で自分が何で貢献できるか?」を考えていけば、試合で勝てるプレイヤーになれます

 


 

■テニスが上達するとき、それはアナタ一人で成し遂げている訳では無い

どんなチームでも部活でも、自分一人では成長できない。

逆説的に言えば、周りが強くなってくることが一番、アナタ自身の成長に繋がる。

であれば周りへの感謝の気持ちを、しっかり行動で表す必要があります。

人は、行動で興して初めて、周りの人にも伝わり良い相乗効果を生むのです。

 

■自分に何ができるのか、チームへの貢献を具体的に考えてみる

具体的に考えてみましょう。

コート整備を速くする方法を考える、球出しのローテーションを考えてみる、他チーム・スクールの練習方法を盗んでみる・・・。

主体的に動くことで、見えてくることもたくさんあるはずです。

「お前、こういうの得意だったんだな・・・!」という新しい発見もあるはずです。

こういった「新しい行動が興していける文化」は、強くなる部活やサークル、チーム内では自然に醸成されています。

 

■「100の思考より、1の行動」がアナタのテニスを強くする

何度も言いますが、100個考えるよりも1つ行動に移してみる。

チームの為に、何が出来るかを考えたと同時にまずやってみる。

全員が必ずしも、良い反応でも無いかも知れません。

ただアナタ自身が「チームを強くしたい」と切に願うのであれば、信じてやりきるのみです。

必ず道は拓けます。

 

こういった考えに、テニスの実力は関係ありません。

もちろんアナタ自身が上達することも、チームに貢献するうえで必要。

しかし必要なのは、それ以上に成長したいという「意欲」を表していく部分。

テニス部で頑張る皆さんは、せっかくの放課後を費やしている大事な時間。

もっと本気で、各自がチームでの成長を目指してみませんか?

ピックアップ記事

  1. テニスの壁打ちをする場所が無い・・・人は、「リバウンドネット」を設置してみない?…
  2. テニス選手の熱中症・痙攣対策に、ミニクーラーボックスは必需品!
  3. テニスで肩が上がらない・・・と、苦労する人は「ピイラティス・ポール」がオススメで…
  4. 「テニスラケット専用ウェイトボール」を使えば、素振りでのパワーアップも可能に!
  5. 水で濡らして絞って振れば、何度でも冷たくなるタオルが使える

関連記事

  1. テニス 疲れ
  2. テニス 準備

    その他

    「一般のテニスの試合に出て恥をかかない」為に、学生の皆さんに身に付けておいて欲しいマナー5つ

    学生の皆さんは、公式の試合の回数は限られている。しかも出場人数…

  3. テニス 練習
  4. テニス ストローク

    その他

    テニスが楽しい、と思えている時は成長期

    自分の練習が、苦しくても楽しい。この楽しい、という感覚、最近は…

  5. テニス メンタル

    その他

    【読者の皆さまへ】3ヶ月に1回のアンケートに、ぜひご協力下さい

    いつもT-PRESSのサイトをご覧頂き、ありがとう御座います。…

  6. テニス 環境

特集記事

  1. テニス メンタル
  1. テニス ストローク

    ストローク

    安定して深く入れる、にはラケットを振り切るに限る
  2. ダブルス

    ダブルスのペアと考えたい、「自分はデュースサイド、アドバンテージサイド、どっちが…
  3. テニス メンタル

    ボレー

    「守備的スプリットステップ」を身に付けると、テニスで足元の攻撃をしぶとく返球する…
  4. テニス メンタル

    その他

    テニスの上達に最も必要なのは、「自分で感じて、盗む力」です
  5. テニス ロブ

    リターン

    試合で対戦したときに、「深く鋭いサーブ」をしっかり返球できるリターンの技5つ
PAGE TOP