テニス 部活

その他

個人競技であるテニスにおいて、「チームの中で自分が何で貢献できるか?」を考えていけば、試合で勝てるプレイヤーになれます

テニスは個人競技。

それが良さでもあり、私自身「自分が努力さえすれば、どこまでも上にいける」魅力に駆り立てられて、テニスを始めました。

とはいえ、自分が成長するには仲間とその成長が不可欠。

アナタ自身、何ができるかを再度考えてみませんか?

 

個人競技であるテニスにおいて、「チームの中で自分が何で貢献できるか?」を考えていけば、試合で勝てるプレイヤーになれます

 


 

■テニスが上達するとき、それはアナタ一人で成し遂げている訳では無い

どんなチームでも部活でも、自分一人では成長できない。

逆説的に言えば、周りが強くなってくることが一番、アナタ自身の成長に繋がる。

であれば周りへの感謝の気持ちを、しっかり行動で表す必要があります。

人は、行動で興して初めて、周りの人にも伝わり良い相乗効果を生むのです。

 

■自分に何ができるのか、チームへの貢献を具体的に考えてみる

具体的に考えてみましょう。

コート整備を速くする方法を考える、球出しのローテーションを考えてみる、他チーム・スクールの練習方法を盗んでみる・・・。

主体的に動くことで、見えてくることもたくさんあるはずです。

「お前、こういうの得意だったんだな・・・!」という新しい発見もあるはずです。

こういった「新しい行動が興していける文化」は、強くなる部活やサークル、チーム内では自然に醸成されています。

 

■「100の思考より、1の行動」がアナタのテニスを強くする

何度も言いますが、100個考えるよりも1つ行動に移してみる。

チームの為に、何が出来るかを考えたと同時にまずやってみる。

全員が必ずしも、良い反応でも無いかも知れません。

ただアナタ自身が「チームを強くしたい」と切に願うのであれば、信じてやりきるのみです。

必ず道は拓けます。

 

こういった考えに、テニスの実力は関係ありません。

もちろんアナタ自身が上達することも、チームに貢献するうえで必要。

しかし必要なのは、それ以上に成長したいという「意欲」を表していく部分。

テニス部で頑張る皆さんは、せっかくの放課後を費やしている大事な時間。

もっと本気で、各自がチームでの成長を目指してみませんか?

ピックアップ記事

  1. HEADラケットのスタンダードモデルを使い続けて、気付いたことまとめ
  2. 体幹の筋力アップに、意外とリーズナブルな「シットアップベンチ」を1台どうですか?…
  3. 真夏のテニスの試合に必要な、熱中症対策のマストアイテム5つ
  4. これからの梅雨の時期に、準備しておきたいラケバ用レインカバー
  5. 【ご報告】YOUTUBEチャンネル、公開しました!

関連記事

  1. テニス 環境

    その他

    「忙しくて時間が無い」という人に、テニスの上達は難しい

    私の周りでも、こういう方はとっても多いです。でも、同じくらい多…

  2. テニス 格上相手

    その他

    テニスの試合で「シード選手との闘い」をドラクエ風に考えてみると・・・

    テニスの大会を勝ち抜いていくうえで、避けて通れないのがシード選手との闘…

  3. テニス 練習

    その他

    「テニスの腕はイマイチでも練習に誘いたくなる人」に共通する5つの習慣

    テニススクールでテニスを習い始めても、ある程度ラリーができるようになれ…

  4. テニス ラケット

    その他

    「自分よりテニスが上手い人たちとの練習」で、意識して欲しい5つのこと

    テニスをやっていれば、たくさんの人との出会いがあります。もちろ…

  5. テニス メンタル

    その他

    アナタの過去が正しかったかどうかなんて、未来と他人が決めてくれるはず

    テニス界にいると、随分と自分の過去に悩んでいる人が多い。実績が…

  6. その他

    「コーチとの出会いに感謝」本当にテニスを強くなるのに必要なアドバイスとは?

    俺の今までのテニス人生は、色んな人からコーチしてもらって成り立っている…

特集記事

  1. テニス ダブルス

    ロブ

    ロブで抜いて、その後ポイント取れてますか・・・?
  2. テニス ダブルス

    その他

    「試合前の5分間のウォーミングアップ」で確認しておくべき、相手の特徴4つ
  3. テニス メンタル

    リターン

    リターンで構えた時に「ラケットをクルクル回す」、のにはちゃんと意味があります
  4. テニス イベント

    練習メニュー

    「毎日のテニスの練習が楽しい」と思えたら、それは危険なサインだと自覚しよう
  5. サーブ

    どんなに速い強烈なサーブでも、「軌道は山なりだから安定して入る」ことを再確認して…
PAGE TOP