テニス 大学

メンタル

オムニコートでの練習に慣れていると「ハードコートでの重いボール」に苦労することになります

日本では、どうしても練習と試合の中心はオムニコート。

ですが重要な全国大会は有明や関西のうつぼなの、ハードコートでの試合が多い。

このギャップは普段から意識して埋めておかないと、試合で勝ち抜くことが難しくなります。

 

オムニコートでの練習に慣れていると「ハードコートでの重いボール」に苦労することになります

 

■オムニコートではどうしてもフラット系ストローク主体になってしまう

オムニコートではバウンドが弾まない、吸収されてしまうので、フラット系のストロークが有利になりがち。

世界では重いトップスピンが主流なのに、日本独特の文化が弱さを生んでしまいます。

サーブもハードコートではより強力に・・・。

アナタ自身、しっかりスピンで相手を押し込んでいく意識を常に持たないといけません。

フラット系のショットも時には必要ですが、安定感が劣ってしまうのは事実なのです。

 

■スライディング技術に頼り過ぎないこと

オムニコートやクレーコートでは、足を滑らせてボールに入るフットワークが使えます。

もちろん大事な技術ですが、ハードコートではより細かいフットワークが求められ、脚力も必要なってきます。

しっかりコートを蹴ることで、ハードコートではよりボールに力を伝えることもできる。

普段のオムニコートでの練習でも、地面から力をボールに伝えるような下半身の動き、働きは意識しましょう。

 

■打点を落として打つことに慣れていると、ハードコートでは押され続けて勝てない

オムニコートでは粘り強い選手が勝ち上がることもできる。

だからこそ打点を落とす、返球確率を高くすることで安定感を保っていますが、ハードコートではそういった対応が難しい。

少しでも待ってストロークしていると、バウンド後のボールに押されて打点も遅れてしまいます。

だからこそ、普段から打点を前、ライジングショットも打てるような意識を強く持っておく必要があります。

 

やはり、意識してハードコートでの練習機会を増やすことが一番大事。

外部の草トーナメントに出たり、少し遠い公営コートでも月に1回くらいは仲間と確保して練習しましょう。

こういった準備をしている、という自信は試合でも大きな助けになってくれるはずです。

大事な試合は、ハードコートであるもの。

底での勝利を常に意識して、日々準備しておくようにしましょう。

ピックアップ記事

  1. テニスのルールの基本を学びたい人にお勧めの書籍「テニスのルール 審判の基本」
  2. 夜のランニングのマストアイテム、蛍光色グッズで安全にトレーニングを
  3. テニスのフットワークを支える足元の秘密は、スーパーフィートのインソール
  4. テニス選手としての「肩の痛み」を改善するには、寝る時の姿勢を変えないと
  5. テニス部・テニスサークルとして勝てる集団になりたいなら、「スコアシート」は欠かせ…

関連記事

  1. テニス メンタル

    メンタル

    やたらと「自分のテニスの理想を語りたがる人」は、きっと試合に出ていない人

    自分の目指すもの、理想は果てしなく高くて良い。きっとそれ以上は…

  2. テニス 環境

    メンタル

    テニスでも、「人に言われてウザい」と思うことは、大抵が図星なはず

    耳が痛い言葉・・・言われるとムカッと来ること、ありますよね。私…

  3. テニス ストローク

    メンタル

    相手をおちょくってみる、という意識はテニスの試合で必要です

    テニスの試合、ちょっとした意識の問題について。言葉は悪いかもし…

  4. テニス テニスノート

    メンタル

    大切な試合に勝った日の記録は、目に見える形で残しておくこと

    皆さんもテニスをして試合に出ていると、忘れられない試合は経験あるはず。…

  5. テニス メンタル

    メンタル

    「緊張感の中で・・・」テニスの試合で実力を発揮する為に、必要なイメージとは?

    試合というものは緊張するものだ。結果が欲しいから負けたくない。…

  6. テニス メンタル

    メンタル

    いつか必ず経験する「標高が高いテニスコート」で試合ときの注意点4つ

    皆さんは、標高が高い土地にあるテニスコートで試合をしたことはありますか…

特集記事

  1. テニス ポジショニング

    スマッシュ

    「ボールの落下点真下」に入ると、意外とスマッシュは打ち辛い
  2. スマッシュ

    スマッシュの基本、「ラケットを持つ腕の肘を高く」保てば、ネットミスは激減します!…
  3. テニス ダブルス

    ダブルス

    ダブルスの攻撃の型は、「どちらか1人を崩して決める」がほとんど
  4. テニス ボレー

    ダブルス

    並行陣にもっていきたい!なら必要な、この基本ショット出来てる?
  5. テニス ダブルス

    ダブルス

    なぜおじさん、おばさんのダブルスは並行陣主体なのか?
PAGE TOP