テニス ストローク

ストローク

テニスにおいて、「深いボールをしっかり返球できる」ストローク技術を身に付けるには、腰の沈み込みが不可欠です

ベースラインから下がり過ぎると、とどうしても前が弱くなる。

だからこそ、ベースライン近くでライジングで深いボールも処理できる技術が、上のレベルの戦いになると求められます。

その為には、まず膝を曲げて目線を落とす、特に腰の沈み込みを意識すると、安定感がアップします。

 

テニスにおいて、「深いボールをしっかり返球できる」ストローク技術を身に付けるには、腰の沈み込みが不可欠です

 


 

■「深いボールをしっかり返球」できてこそ、一人前のテニスプレイヤーになれる

浅いボール、打ちやすいボールは打てて当然。

テニスの試合では、お互いに「打ち辛いボール」で攻撃していくことで、主導権を奪い合います。

深いボールに、臆病になっては試合で戦えません。

自分の中で、しっかり返球できる技術と自信を練習で養っておきましょう。

 

■まずは、深いボレーに対して身体が開かないように!

深いボールは腰を落として、態勢を低くすることが大前提

その中で、より身体の開きを抑えることを意識しましょう。

フォアハンドは特に開きやすいので、早めに打ち終えるようにして、ラケットを持っている腕側の肩が前にいかないように注意。

下半身をしっかり固めれば、上半身は動作をシンプルに出来るはずです。

 

■正面を向くのは、しっかりボールを打ってから

深いボールで攻撃されているので、本当は早く前を向きたい。

相手の状況を確認したい・・・けど、そこは我慢して、まず横向きでしっかり打ち終わることに集中しましょう。

打点に顔を残すのも、腰を沈めて低い態勢ができていれば自然に実践できるはずです。

よく観る悪い例は、アゴが上がって身体が伸び上がってしまう人。

深いボールに圧迫感を感じても、丁寧な低いスィングを心がけましょう。

 

実際の試合、ダブルスではこのボールをさらに沈めないといけない場面も出てきます。

本当に厳しい技術ですが、普段の練習からこういった「深いボール」を、アナタ自身どの程度受けていますか?

お互いで攻撃し合う意識が高くないと、部活の中でいつの間にか「浅い」ラリーに終始してしまうことがよくあります。

試合を想定して、練習でも厳しく、深く。

チーム全体で、再度見直してみましょう!

ピックアップ記事

  1. 飲んだらコンパクトに!パックアップボトルを持って試合に出かけよう
  2. スピンサーブ習得の秘密兵器に、「スピンサーブマスター」を使ってみない?
  3. あらゆる場面で活躍できる「万能タイプスポーツサプリメント」凌駕BCAA+
  4. いつからヨネックスのシューズは、こんなにカッコ良くなったんだろう
  5. 男子シングルスの試合を戦い抜くなら、大量発汗にも耐えうるタオルチョイスを

関連記事

  1. ストローク

    「グリップを使い分けよう」テニスのストロークの調整は自分自身でカスタマイズ

    グリップの持ち方って、一応それぞれのショットに対して主流はあるけど、人…

  2. ストローク

    現代のテニス、ストロークに必要な「壁を作ってコンパクトに振り抜く」フォームを確認しよう!

    皆さんはテニスをやっている中で、「壁を作る」という言葉を聞いたことはあ…

  3. テニス 並行陣
  4. テニス クレーコート

    ストローク

    攻撃的なストロークには、相手が打った瞬間の判断力が欠かせない

    頂くご質問の中に、「どうしてプロの選手のストロークは、攻撃的で正確なの…

  5. テニス ストローク

    ストローク

    力強いストロークで押して行きたい!人は、「打ち終わりでの肩の入れ替え」を意識すると、ボールに伸びが出…

    しっかり安定したグランドストロークは、ジュニアの頃からしっかり練習量を…

  6. テニス ストローク

    ストローク

    浅くて低いストロークを「巻き込みながらワイパースィング」で打てるようになれば、テニスの攻撃の幅が拡が…

    浅いボールをどんどん攻撃していきたいけど、テニスというスポーツはネット…

特集記事

  1. ボレー

    フラット気味のストロークを打つ選手には、ネットプレーが効く
  2. テニス 陸上

    戦術

    テニスの上達が止まらない人は、いつでも基本に新しさを見出している
  3. ダブルス

    ダブルスの前衛、ポジションはもっと〇〇で!
  4. スマッシュ

    スマッシュの素振りは、「実際の試合の中で何回でもやっておく」と、大事な場面でも自…
  5. テニス メンタル

    メンタル

    「テニスの試合で勝ち進みたい」なら、今日限りで止めたほうが良いこと6つ
PAGE TOP