テニス ストローク

ストローク

テニスにおいて、「深いボールをしっかり返球できる」ストローク技術を身に付けるには、腰の沈み込みが不可欠です

ベースラインから下がり過ぎると、とどうしても前が弱くなる。

だからこそ、ベースライン近くでライジングで深いボールも処理できる技術が、上のレベルの戦いになると求められます。

その為には、まず膝を曲げて目線を落とす、特に腰の沈み込みを意識すると、安定感がアップします。

 

テニスにおいて、「深いボールをしっかり返球できる」ストローク技術を身に付けるには、腰の沈み込みが不可欠です

 


 

■「深いボールをしっかり返球」できてこそ、一人前のテニスプレイヤーになれる

浅いボール、打ちやすいボールは打てて当然。

テニスの試合では、お互いに「打ち辛いボール」で攻撃していくことで、主導権を奪い合います。

深いボールに、臆病になっては試合で戦えません。

自分の中で、しっかり返球できる技術と自信を練習で養っておきましょう。

 

■まずは、深いボレーに対して身体が開かないように!

深いボールは腰を落として、態勢を低くすることが大前提

その中で、より身体の開きを抑えることを意識しましょう。

フォアハンドは特に開きやすいので、早めに打ち終えるようにして、ラケットを持っている腕側の肩が前にいかないように注意。

下半身をしっかり固めれば、上半身は動作をシンプルに出来るはずです。

 

■正面を向くのは、しっかりボールを打ってから

深いボールで攻撃されているので、本当は早く前を向きたい。

相手の状況を確認したい・・・けど、そこは我慢して、まず横向きでしっかり打ち終わることに集中しましょう。

打点に顔を残すのも、腰を沈めて低い態勢ができていれば自然に実践できるはずです。

よく観る悪い例は、アゴが上がって身体が伸び上がってしまう人。

深いボールに圧迫感を感じても、丁寧な低いスィングを心がけましょう。

 

実際の試合、ダブルスではこのボールをさらに沈めないといけない場面も出てきます。

本当に厳しい技術ですが、普段の練習からこういった「深いボール」を、アナタ自身どの程度受けていますか?

お互いで攻撃し合う意識が高くないと、部活の中でいつの間にか「浅い」ラリーに終始してしまうことがよくあります。

試合を想定して、練習でも厳しく、深く。

チーム全体で、再度見直してみましょう!

ピックアップ記事

  1. 真夏のスポーツ観戦には、超軽量・小型の折り畳み傘は必需品
  2. リアクションボールを使って、イレギュラーバウンドへの対応力を磨こう!
  3. これからの梅雨の時期に、準備しておきたいラケバ用レインカバー
  4. テニスの試合に強くなりたい人が読んで欲しい漫画、「アルキメデスの大戦」
  5. テニスのフットワークを支える足元の秘密は、スーパーフィートのインソール

関連記事

  1. テニス ストローク

    ストローク

    フォアハンドストロークで回り込みが甘い人は、「ストレートにも打てるという雰囲気」が足りない

    ストロークを得意としている選手は、ほぼ全員「フォアハンドの回り込み」を…

  2. テニス ロブ

    ストローク

    なかなか教えてもらえない、「ロブを追いかけてしっかり返す」ための注意ポイント4つ

    試合でも練習でも、意外と「ロブで抜かれたときに、追いかけて返球」する機…

  3. テニス スマッシュ

    ストローク

    テニスの上達の鍵は、「小指」の使い方に有り

    ストローク、ボレー、サーブにスマッシュ・・・。皆さんは、ラケッ…

  4. テニス ストローク

    ストローク

    「片手バックハンド」と「両手バックハンド」のそれぞれの弱点は・・・?

    相手のバックハンドを狙うことは、テニスの試合では大事なポイント。…

  5. テニス ロブ

    ストローク

    ロブがいつも甘くなる人は、「軌道の頂点をどこに置くか?」をまず考えて打てば攻撃的になる!

    アナタはまだ、きっと「ロブ」の本当の強さを知らない。私自身、1…

  6. テニス ストローク

    ストローク

    テニスの試合で、「丁寧なスライスからのアプローチを覚える」と、ネットプレーへのつなぎがグッと楽に

    スライスでのアプローチショット、ベースラインから打っていく選手は減って…

特集記事

  1. テニス ボレー

    ボレー

    ハーフボレーの一番のコツは、思い切ってラケット面を下に向けること!
  2. テニス 粘り

    フットワーク

    毎回打った後のポジションは、「変える」か「戻る」をハッキリさせよう
  3. サーブ

    サーブを打った後に構えるのが遅い人は、「まず利き腕で無い手でラケットのスロートを…
  4. テニス 練習

    戦術

    テニスの試合でつい決め急いでしまうのは、「ゲームメイク力に自信が無いから」です
  5. テニス ストローク

    ボレー

    ポジショニングが上手いネットプレイヤーは、「相手にあえてショートクロスを打たせて…
PAGE TOP