テニス シングルス

シングルス

シングルスの試合で「攻撃的なフォアを活かした展開」で試合に勝ちたい!大切な4つの意識

大きな武器は、フォアハンド。

これは男女問わず、シングルスの一つの鉄則でもあります。

だからこそ、そのフォアハンドを活かした展開をしっかり意識することが大切です。

今回は初中級の方、女性の方でも活かせるポイントをまとめてみました。

 

シングルスの試合で「攻撃的なフォアを活かした展開」で試合に勝ちたい!大切な4つの意識

 


 

1.なるべくフォアハンドを打つ機会を増やす

リターンから、どんどん回り込んでいく意識を持ちましょう。

大切なのは、その大胆さ。

例えば相手のセカンドサーブであれば、そう厳しいコースには来ないことが多い。

であれば、相手がトスアップしたら思い切って動き出して、回り込んでフォアで待ち構えるくらいの勇気を持ちましょう。

 

2.フォアハンドの逆クロス対相手のバックハンドのストローク戦に持ち込む

シングルスの試合において、このパターンに持ち込めると優位に展開できることが多い。

だからこそ、相手もアナタのバックハンド側を狙ってきます。

少しでも甘いボールは、回り込んで攻撃的にいく意識を持ちましょう。

上のレベルでは、先手を取られると挽回し辛くなってきます。

 

3.強いフォアハンドを持っていれば、ネットプレーを混ぜよう

フォアハンドで相手を追い込めれば、しかり前で決める意識を持ちましょう。

ネットに詰める・・・というよりは、サービスラインあたりでさらに追い込む。

女性でも、ドライブボレーはしっかり打てるようにしましょう。

一気にネットに詰めるのではなく、サービスライン付近で相手をさらに追い込むような攻め方をしたいですね。

 

4.強力なフォアハンドストロークこそ、ドロップショットと相性抜群

言わずもがな、錦織選手の得意パターンですよね。

彼は厚いグリップのままで、スライスのドロップショットを逆クロスの浅い場所に打つのを得意としています。

押し込んでいけるショットを持っていれば、それと対比する緩急を使わないのはもったいない。

女子選手はあまりドロップショットを使わない傾向にありますが、もっと試合で使って面白いと思います。

ぜひ練習から、積極的に混ぜていきましょう。

 

具体的な割合目標を作ると、試合では実践しやすい。

たとえば、フォア:バックはストロークで7:3を目指す。

もちろん相手はバックを攻撃してきますから、難しいケースも多いでしょう。

けれども徹底して攻撃していく、回り込んで打つには、これくらいの具体的な目標があっても良い。

試合の中で、どんどん試して磨いていきましょう!

ピックアップ記事

  1. 飲んだらコンパクトに!パックアップボトルを持って試合に出かけよう
  2. テニスシューズの中で、自分の足が滑る・・・ような人は、5本指ソックスに変えてみよ…
  3. テニスフリークなら必携のタオルは、「作戦ボードタオル」で決まり!
  4. 雨でコートが濡れていてもテニスがしたい!方にお勧めの「ウォーターバキューマー」
  5. テニスの試合に必要なフットワークトレーニングに、ラダーは必需品

関連記事

  1. シングルス

    シコラーを攻め切るには、シングルスでこの作戦!

    シングルスの試合、粘り強い相手との試合。それだけで、ちょっと気…

  2. テニス ストローク

    シングルス

    シングルスの試合で有効な、「ネットプレイヤーへのクロスロブ」の精度を高めよう!

    シングルスの試合では、最近はあまりネットプレイヤーに出会う機会が少ない…

  3. シングルス

    ジョコビッチ選手に見る「シングルスでのコートカバーリング」の技術4つ

    今年のグランドスラム、男子シングルスはまさにジョコビッチ選手の独壇場で…

  4. テニス 戦術

    シングルス

    テニスのシングルスの試合で有効な「ドロップショットとロブボレー」の黄金の組み合わせ

    テニスのシングルスの試合は、どうしてもストロークラリー主体で一定のリズ…

  5. シングルス

    「シングルスの試合で、体力が切れても粘り勝ちしたい!」ために必要な考え方4つ

    普段の練習では疲れないのに、試合になると途端に疲れが出て後半は痙攣して…

  6. テニス ダブルス

    シングルス

    テニスのシングルスの試合で最初に実践したい「バックハンドを攻める」基本戦術を確認!

    シングルスの試合は、どうプレーして良いのか分からない・・・という初中級…

特集記事

  1. テニス メンタル

    戦術

    何でも出来そうな時に、決断が遅れがちなのがテニスの試合
  2. テニス フットワーク

    フットワーク

    テニスのフットワークの大原則「かかとから踏み込むこと」がなぜ大事なのか、は明白で…
  3. テニス メンタル

    メンタル

    いつか必ず経験する「標高が高いテニスコート」で試合ときの注意点4つ
  4. テニス メンタル

    リターン

    「ダブルスの試合で、相手の並行陣を崩す!」為に必要な、リターン側の前衛の役割5つ…
  5. テニス 準備

    フットワーク

    ストロークのスライスの滞空時間を甘く見ていると、アナタはいつまで経っても相手を攻…
PAGE TOP