テニス シングルス

シングルス

シングルスの試合で「攻撃的なフォアを活かした展開」で試合に勝ちたい!大切な4つの意識

大きな武器は、フォアハンド。

これは男女問わず、シングルスの一つの鉄則でもあります。

だからこそ、そのフォアハンドを活かした展開をしっかり意識することが大切です。

今回は初中級の方、女性の方でも活かせるポイントをまとめてみました。

 

シングルスの試合で「攻撃的なフォアを活かした展開」で試合に勝ちたい!大切な4つの意識

 

1.なるべくフォアハンドを打つ機会を増やす

リターンから、どんどん回り込んでいく意識を持ちましょう。

大切なのは、その大胆さ。

例えば相手のセカンドサーブであれば、そう厳しいコースには来ないことが多い。

であれば、相手がトスアップしたら思い切って動き出して、回り込んでフォアで待ち構えるくらいの勇気を持ちましょう。

 

2.フォアハンドの逆クロス対相手のバックハンドのストローク戦に持ち込む

シングルスの試合において、このパターンに持ち込めると優位に展開できることが多い。

だからこそ、相手もアナタのバックハンド側を狙ってきます。

少しでも甘いボールは、回り込んで攻撃的にいく意識を持ちましょう。

上のレベルでは、先手を取られると挽回し辛くなってきます。

 

3.強いフォアハンドを持っていれば、ネットプレーを混ぜよう

フォアハンドで相手を追い込めれば、しかり前で決める意識を持ちましょう。

ネットに詰める・・・というよりは、サービスラインあたりでさらに追い込む。

女性でも、ドライブボレーはしっかり打てるようにしましょう。

一気にネットに詰めるのではなく、サービスライン付近で相手をさらに追い込むような攻め方をしたいですね。

 

4.強力なフォアハンドストロークこそ、ドロップショットと相性抜群

言わずもがな、錦織選手の得意パターンですよね。

彼は厚いグリップのままで、スライスのドロップショットを逆クロスの浅い場所に打つのを得意としています。

押し込んでいけるショットを持っていれば、それと対比する緩急を使わないのはもったいない。

女子選手はあまりドロップショットを使わない傾向にありますが、もっと試合で使って面白いと思います。

ぜひ練習から、積極的に混ぜていきましょう。

 

具体的な割合目標を作ると、試合では実践しやすい。

たとえば、フォア:バックはストロークで7:3を目指す。

もちろん相手はバックを攻撃してきますから、難しいケースも多いでしょう。

けれども徹底して攻撃していく、回り込んで打つには、これくらいの具体的な目標があっても良い。

試合の中で、どんどん試して磨いていきましょう!

ピックアップ記事

  1. テニスの試合、急な怪我でも安心!準備しておきたい応急処置グッズ5つ
  2. 「最近使い始めた、ホワイトボードみたいなのって何ですか?」のご質問
  3. これからの冬のテニスに最適な、ネックウォーマー4選
  4. 【読者の皆さまへ】アンケートのお願いです
  5. 一人でも出来る、テニス選手に必要なトレーニングで鍛えよう!

関連記事

  1. シングルス

    「試合で勝てる人は、実践している!」シングルスの試合で必要な基本準備5つ

    試合に慣れている人、トーナメントで勝ち進む人は、事前の準備に余念があり…

  2. シングルス

    シングルスの試合でストローク戦を優位に展開する、「バックハンドの前後揺さぶり」攻撃について

    シングルスの試合で、ストロークから相手を揺さぶる。色々と相手の…

  3. テニス ボレー
  4. テニス メンタル

    シングルス

    なぜテニスのシングルスの試合は「序盤が全て」なのか、そしてその対策を考えてみる

    テニスにおけるシングルスの試合では、あるデータの傾向があります。…

  5. テニス ストローク

    シングルス

    テニスのシングルスの試合で、「自分の得意なパターンで攻撃していく」ために大切な4つの準備

    シングルスの試合は、自由にプレー出来る分、想像力が求められます。…

  6. テニス 攻撃

    シングルス

    テニスのシングルスの試合で「配球で相手を崩す」為に必要な、コート4分割の発想とは?

    テニスをはじめ、ネットを挟んで対戦するスポーツのほとんどは。「相手のい…

特集記事

  1. テニス メンタル
  1. その他

    テニスの試合で必要な、「ボールを動かし、相手を動かす」感覚を養う練習メニュー
  2. テニス ダブルス

    戦術

    強い相手は、試合の中で同じやられ方を繰り返さない
  3. テニス 気付き

    その他

    リーダーになった時点で、止まる人と伸びる人
  4. テニス ポジショニング

    ストローク

    テニスの試合の現場では、「攻撃的なストローク=全て深さが必要」は危険な発想です
  5. テニス サーブ

    サーブ

    サーブを打つときに、相手のフォアハンド狙いを大事なポイントに取っておこう
PAGE TOP