テニス ダブルス

ダブルス

ダブルスの試合で「並行陣から引き出したチャンスボール」を、どう後衛から攻めるか?を考えてみる

社会人になると、プレーする機会が増える並行陣。

ストロークは「沈める」技術が求められますが、それだけでは相手からポイントは奪えません。

沈めた後、チャンスとなったボールからどう展開していくか・・・というところまで、しっかりイメージを持っておかないと、試合ではなかなか試合巧者のペアに勝つことが難しい。

学生の皆さんも、大人相手に試合をする機会もあるでしょうから、ぜひこの機会に並行陣対策は考えておいて下さい。

 

ダブルスの試合で「並行陣から引き出したチャンスボール」を、どう後衛から攻めるか?を考えてみる

 


 

■ストレート、ショートクロスの組み合わせが基本

まずは、しっかりショートクロスが打てて、相手の態勢を崩すこと。

そして崩したら次に後ろを使う、という前後の組み合わせを入れましょう。

「逃げているみたいで嫌・・・」と思うかも知れませんが、ロブを使う発想は、必ず必要になってきます。

でなければどんどん相手は前に出てきますので、注意が必要です。

 

■相手のポジションを見れる余裕とタメを作りたい

そのためにも、相手のポジションを常に意識する、観る癖は付けましょう。

そして性格もできれば把握して、「ペアとしての完成度」にも敏感になりましょう。

ある程度相手を把握すれば、「タメ」が作れます。

並行陣を得意とするネットプレイヤーが一番嫌なのが、「同じ構えから色々なショットを打たれる」ということ。

ロブの雰囲気、ばれていませんか?

今一度、練習の中から仲間内で確認してみましょう。

 

■後衛が崩したチャンスを、前衛はしっかり仕留める準備を

今回のテーマは、「崩したチャンスをいかに決めるか」ということ。

後衛が頑張って崩したら、前衛はしっかり前に詰める、終わらせるのが大切。

このイメージは、しっかり練習から共有しておきましょう。

基本パターンは、沈めたときにネット前に詰めてポーチで決めること。

その他にはロブでバックハンドのハイボレーを触らせて、その相手にチャージしていくこと、などがあります。

アナタのペアも、ぜひ得意パターンを構築してみて下さい!

 

どんなダブルスが相手でも、チャンスメイクできる後衛をこなせるようになって下さい。

決めれる前衛ももちろん大切ですが、なかなか若いプレイヤーでチャンスメイクをしっかりできる選手がいない。

遅いボールや球種、技術は、どれだけあっても足りません。

「やりたいプレー」だけ、練習していませんか?

仲間=前衛を活かすテニス、ぜひ磨いていきましょう!

ピックアップ記事

  1. ミズノ社製のアイスマットを使えば、夏場の厳しい試合も乗り越えられるはず
  2. フットワークを磨きたい!なら、足指トレーニングは欠かせない
  3. 試合に勝つダブルスを極めたいなら、お勧めの一冊
  4. テニス選手に必要なプロテイン摂取は、便利なブレンダーボトルで
  5. テニスの試合で「足裏の皮膚が荒れてしまう方」にオススメな、皮膚保護専用クリーム「…

関連記事

  1. テニス メンタル

    ダブルス

    ダブルスの試合で、「自分ばかり狙われて辛い」人はどうすれば良い?

    誰にでも、一度や二度は経験あることだと思います。ダブルスの試合…

  2. テニス ダブルス

    ダブルス

    ドロップボレーが上手い並行陣プレイヤーは、強引に4アップの陣形に持ち込めば良い

    サーブ&ボレー、の相手に足元に沈めても・・・「ポトッ」と前に落とされて…

  3. ダブルス

    「ナダルのダブルス!?」をイメージしてみると、テニスの試合で必要なものが見えてくる

    シングルス世界ナンバー1に、長く君臨していたナダル選手、彼は世…

  4. ダブルス

    破天荒な前衛、がミックスダブルスを変える

    前衛は、前に、前に。この意識は大事ですが、それだけなら相手にか…

  5. テニス サーブ

    ダブルス

    テニスのダブルスの試合で、「サーブが強烈な相手と対戦」したときに、基本的な揺さぶりのパターン4つ

    ダブルスが得意なプレイヤ―で、一般の大会でもすごくサーブが良い選手がい…

  6. テニス ボレー

    ダブルス

    相手をワイドに動かして、センターで仕留めるのがダブルスの基本

    ダブルスの試合の、基本的な攻撃方法。結構、これを勘違いしている…

特集記事

  1. テニス 壁打ち

    メンタル

    いくら打っても無駄だ…と、相手に思わせれば勝てる
  2. テニス ダブルス

    ダブルス

    ダブルスでポイントを失った時は、「ペアにゴメン、ではなく次にどうするか!」を伝え…
  3. テニス 準備

    シングルス

    シングルスの試合、例えば「4-4 30-30」のように絶対に獲りたいポイントのと…
  4. シングルス

    テニスのシングルスの試合の中で、「苦しいときほど、相手とラリーをしよう」と考えら…
  5. テニス シングルス

    リターン

    デュースサイドを手堅く、アドバンテージサイドで冒険
PAGE TOP