テニス ダブルス

ダブルス

ダブルスの試合で「並行陣から引き出したチャンスボール」を、どう後衛から攻めるか?を考えてみる

社会人になると、プレーする機会が増える並行陣。

ストロークは「沈める」技術が求められますが、それだけでは相手からポイントは奪えません。

沈めた後、チャンスとなったボールからどう展開していくか・・・というところまで、しっかりイメージを持っておかないと、試合ではなかなか試合巧者のペアに勝つことが難しい。

学生の皆さんも、大人相手に試合をする機会もあるでしょうから、ぜひこの機会に並行陣対策は考えておいて下さい。

 

ダブルスの試合で「並行陣から引き出したチャンスボール」を、どう後衛から攻めるか?を考えてみる

 


 

■ストレート、ショートクロスの組み合わせが基本

まずは、しっかりショートクロスが打てて、相手の態勢を崩すこと。

そして崩したら次に後ろを使う、という前後の組み合わせを入れましょう。

「逃げているみたいで嫌・・・」と思うかも知れませんが、ロブを使う発想は、必ず必要になってきます。

でなければどんどん相手は前に出てきますので、注意が必要です。

 

■相手のポジションを見れる余裕とタメを作りたい

そのためにも、相手のポジションを常に意識する、観る癖は付けましょう。

そして性格もできれば把握して、「ペアとしての完成度」にも敏感になりましょう。

ある程度相手を把握すれば、「タメ」が作れます。

並行陣を得意とするネットプレイヤーが一番嫌なのが、「同じ構えから色々なショットを打たれる」ということ。

ロブの雰囲気、ばれていませんか?

今一度、練習の中から仲間内で確認してみましょう。

 

■後衛が崩したチャンスを、前衛はしっかり仕留める準備を

今回のテーマは、「崩したチャンスをいかに決めるか」ということ。

後衛が頑張って崩したら、前衛はしっかり前に詰める、終わらせるのが大切。

このイメージは、しっかり練習から共有しておきましょう。

基本パターンは、沈めたときにネット前に詰めてポーチで決めること。

その他にはロブでバックハンドのハイボレーを触らせて、その相手にチャージしていくこと、などがあります。

アナタのペアも、ぜひ得意パターンを構築してみて下さい!

 

どんなダブルスが相手でも、チャンスメイクできる後衛をこなせるようになって下さい。

決めれる前衛ももちろん大切ですが、なかなか若いプレイヤーでチャンスメイクをしっかりできる選手がいない。

遅いボールや球種、技術は、どれだけあっても足りません。

「やりたいプレー」だけ、練習していませんか?

仲間=前衛を活かすテニス、ぜひ磨いていきましょう!

ピックアップ記事

  1. みなさんに感謝の気持ちを込めて、新しい取り組みを始めます!
  2. 一人でも出来る、テニス選手に必要なトレーニングで鍛えよう!
  3. 塗り直し不要で、男性にもお勧めの日焼け止め 「ビオレUV アクアリッチ」
  4. これからの冬のテニスに最適な、ネックウォーマー4選
  5. 大事なテニスウェアを汚したくないなら、シャープの超音波ウォッシャーを持ち歩こう

関連記事

  1. テニス ダブルス

    ダブルス

    ダブルスの試合、不安になったときに助けてくれる言葉30

    今回は、ちょっと趣向を変えてまとめてみたいと思います。テーマは…

  2. テニス ストローク

    ダブルス

    「だからダブルスが嫌いなんだよ!」テニスの試合では自分がやられて嫌なことを相手にやってみよう

    ダブルスって楽しい・・・そう思えるようになったのはいつからだろう?…

  3. テニス ダブルス

    ダブルス

    ドロップボレーが上手い並行陣プレイヤーは、強引に4アップの陣形に持ち込めば良い

    サーブ&ボレー、の相手に足元に沈めても・・・「ポトッ」と前に落とされて…

  4. テニス メンタル

    ダブルス

    ダブルスの試合では、「相手前衛の上にロブを打って、2人で前→ロブ待ち」作戦でいこう!

    ダブルスの試合、相手を攻撃していく基本パターン。相手雁行陣に対…

  5. テニス スマッシュ

    ダブルス

    ポーチが上手い選手が意識している、5つのコツ

    ダブルスの試合で、ポーチに出て決める。カッコ良いですよね、ダブ…

  6. ダブルス

    テニスの試合で、「対戦相手のフェイト」に引っかかりやすい人、気にしない人の違いとは?

    特にダブルスの試合では、「フェイント」と呼ばれる技術が多用されるのがテ…

特集記事

  1. テニス ストローク

    ボレー

    「ドロップボレーはラケットを振らない?」いやいや、スライスをしっかりかけるから安…
  2. テニス ストローク

    ストローク

    「相手の浅いボールをしっかり決め切る!」為に必要なストロークの基本4つ
  3. テニス 打点

    練習メニュー

    シングルスの試合に必要な「コートカバーリングとコントロール」を養う、基礎的な練習…
  4. ボレー

    ボレーがすぐに浮いて攻められる、人はどうすれば良い?
  5. ストローク

    錦織選手のような、「空中で止まって見える」トップスピンロブを打つ為に必要な4つの…
PAGE TOP