テニス ダブルス

ダブルス

テニスのダブルスの試合では、「ポーチからのチェンジプレー」を取り入れるだけで、劇的に勝率が変わるかも知れません

テニスのダブルスの試合で、前衛がポーチに出て後衛がストレートをケアする「チェンジプレー」を観る機会は多い。

Iフォーメーションやオーストラリアンフォーションなどは、その応用例ですよね。

こういったフォーメーション、少し誤解されている節があるようです。

「結局、上級者の人たち向けの戦術でしょ?」という点。

断言しますが、むしり初中級や試合に出始めたくらいのペアほど、積極的に使っていくべき作戦です。

 

テニスのダブルスの試合では、「ポーチからのチェンジプレー」を取り入れるだけで、劇的に勝率が変わるかも知れません

 

■待てど暮らせど、試合で前衛にボールは飛んでこない!

前衛にいて、チャンスボールって飛んできますか?

確かに自分たちより格下の相手であれば、ストロークで押し込んで自然にストレートに流れてくるかも知れません。

しかし、各上相手や試合巧者のペアであれば、そんな都合よくボールなんて飛んで来ません。

自らボールを触りにいかなかれば、状況は打開できないのです。

 

■ボレーが苦手だからこそ、ネット際までポーチに出ることが大事

ボレーに苦手意識がある人は、まるで足に根が生えたようにジッとして動かない。

これでは試合の流れに入っていくことが難しい。

思い切って「チェンジプレー」を入れる、つまりは後衛と約束事を交わすことで、思い切った動きができるようになります。

ストレートは捨てて、クロスを塞ぐ。

どんな厳しいショートクロスのボールも、責任を持って触る。

一発で決めなくても、触ることで相手にはプレッシャーになりますし、動くことで混乱を与えます。

テニスには、こういった相手の打つコースに先回りして動いていくことが大事なのです。

 

■やるかやらないか、この決断にテニスの実力は関係無い!

テニスの腕は、この作戦には関係ありません。

なぜなら、動くか動かないか、だけだから。

確かに結果的にボレーが入らない、触ったけどアウトした、ということはあるでしょう。

でもその時点で、この作戦は70%成功。

一番まずいのは、クロスのボールを前衛が触れないこと。

ストレートは捨てて良い訳ですから、ハッキリしたプレーを実行しましょう。

 

アナタが思っている以上に、相手は動いてくるペアが嫌なもの。

特に格下ペアにやられると、「こいつら工夫してきてるな・・・勝ちたいんだな・・・」という印象を与えることができます。

強い相手に対して、最初からがっぷりおつで組んで、勝てる訳がありません。

仕掛けるなら序盤、特にファーストポイントがお勧めです!

ピックアップ記事

  1. テニスの試合に勝てるようになる為に、読むべき名著10選
  2. 学生さんや社会人プレイヤーにもお勧め!「タッチ系テニス」に適したガット3選
  3. 汗でグリップが滑りやすい人は、「Prince Grip Plus」がオススメ
  4. リアクションボールを使って、イレギュラーバウンドへの対応力を磨こう!
  5. テニスのフットワークを支える足元の秘密は、スーパーフィートのインソール

関連記事

  1. テニス 準備

    ダブルス

    ミックスダブルスの試合を優位に進めたければ、「早めに男性を狙ったポイントを作る」ことが大事

    私自身、最近はミックスダブルスに出る機会が多く、色々と研究する毎日です…

  2. テニス ボレー

    ダブルス

    テニスのダブルスにおいて「ポーチからのアングルボレー」が打てない前衛は怖くない

    ダブルスの試合では、いかに前衛が積極的にポーチに出て絡むかが大事なポイ…

  3. ダブルス

    繰り返しますが、アナタのダブルスに必要なのは大胆さ、です

    私は何度も、ダブルスは前衛が動くこと、の大切さを書いてきました。…

  4. テニス メンタル

    ダブルス

    試合中にミスを続けるダブルスペアに、「どういう言葉をかけることが出来るのか?」を考えよう

    ダブルスの試合、ペアのミスがどうにも止まらない。そんなときに、…

  5. テニス ダブルス

    ダブルス

    テニスの試合で「ダブルスの雁行陣の弱点」は、学生プレイヤーの皆さんにも覚えておいて欲しい

    「雁行陣」という言葉が、テニスにはあります。前衛と後衛が、はっ…

  6. ダブルス

    何度でも書きますが、「ストレートを抜かれる前衛」こそ、ダブルスの試合で使える前衛です

    ダブルスの試合、「良い前衛」ってどんな前衛か?と聞かれると、私は間…

特集記事

  1. テニス ボレー

    ボレー

    ローボレーが安定しない人は、「すくい上げるようなラケットワーク」を止めてみよう
  2. テニス ボレー

    フットワーク

    ネットギリギリに落ちそうなボール、「バウンド後のボールの軌道」を考えてポジショニ…
  3. ボレー

    「足元のボレー」を磨けばテニスの試合ではもっと前にチャージできる
  4. テニス ダブルス

    メンタル

    失敗の雰囲気が無い人は、信用出来ない気がする
  5. テニス メンタル

    その他

    テニスの試合経験を積むには、「自分から動いてネットワークを作る」ことが大事です
PAGE TOP