フットワーク

「ギリギリボールを正確に」返球するために、テニスの試合で身に付けるフットワークとは?

テニスラケットがどんどん発達している。

でもやっぱりテニスはアナログなスポーツなので、ちゃんとポジションに入って、正確な打点で捕らえないとボールを飛ばすことは出来ても、コントロールすることは難しい。

 

「ギリギリボールを正確に」返球するために、テニスの試合で身に付けるフットワークとは?

 


 

しかも相手は打ちにくいボールを打とうと、こっちをコートの端から端までどんどん動かそうとする。

最先端の高性能ラケットを持っていても、ボールに追い付けないと単なる棒きれを持っているのと変わりない。

しっかりボールに追い付く技を身に付けて、ちゃんとポジションに入り、進化したラケットの性能を発揮させたいね。

 

そのためには・・・足が速ければいい?

もちろんそうだ。

常にダッシュのトレーニングをして、短距離のタイムを上げていけばボールに対して追い付くようになりやすい。

でも大事なのは、ラケットがただボールを触れる所に行けば良いんじゃなくて、ボールに追い付いた後、そのボールを自分のイメージする弾道で正確に相手コートへ返球出来るかどうかなんだよね。

でも、ラケットで触ってボールをとにかく返球したい・・・という願望が強いからか、けっこう多くの人が鬼ごっこの鬼のように腕を伸ばしてラケットをボールに近づけようと頑張って走る。

その結果、ラケットは確かにボールに触れるんだけど、腰が引けてしまって、ボールは頼りなくネットを越すのがやっと

ま、ホントにギリギリの時はしょうがないけど、出来るだけ普段からボールを追いかける時は、ラケットをボールに追い付かせるというより、腰をボールの所へ連れて行ってあげよう。

特に骨盤だね。

追い付いた時、左足を軸足にして打とうとしているのなら骨盤の左側、右足を軸足にして打とうとしているのなら骨盤の右側をボールの後ろへ追い付かせてあげよう。

 



 

だから必死で追いかけていても、必ずどっちの軸足でそのボールを打つのかは冷静に決めておかないといけないんだよ

そうすると、上体のバランスも崩れにくいし、何よりボールをラケットで触る瞬間、軸足がちゃんと設定されているから、ある程度のパワーと打ちたい所へ打ち分けるコントロール力が得られる。

ただがむしゃらにボールを追いかけてちゃいけない。

そのラケットの性能を活かせるような追いかけ方をマスターしてね。

そうしないと宝の持ち腐れになっちゃうよ。

 

■引用元
元プロテニスプレイヤー 高西ともからのメッセージ

ピックアップ記事

  1. 大人のトレーニングは「DNS プロエックス」を使って効率的に
  2. 雨が多い時期の試合は、防水スプレーは必須アイテム
  3. 大会シーズンに準備したい、サンバイザー5選
  4. YouTubeチャンネル登録200人、ありがとう御座います
  5. リアクションボールを使って、イレギュラーバウンドへの対応力を磨こう!

関連記事

  1. テニス ストローク

    フットワーク

    ネットにスムーズに出るには、〇〇を意識すれば完璧

    前に出たいけど、なかなかフットワークが上手くいかない。どうして…

  2. テニス メンタル

    フットワーク

    疲れてきた時こそ、丁寧に球際を処理すればミスは減る

    実際の試合で、後半に強い人は結果も出しやすい。しぶとい人、選手…

  3. テニス ダブルス

    フットワーク

    相手のドロップショットを読めるようになるには、フライングダッシュを繰り返すのが一番

    試合の中で、強い相手にドロップショットを繰り返される。ドロップ…

  4. テニス メンタル

    フットワーク

    テニスの試合で「ボールへの反応を速くしたい!」と思う人に贈る4つのヒント

    試合で相手のボールに対して「反応が速い人」と「遅い人」がいます。…

  5. フットワーク

    「粘れる足」を持っているとテニスの試合では強い

    テニスでは粘ることが重要。その為には安定したショットが必要なん…

特集記事

  1. テニス ガット

    テニススクール

    「張るガットはコーチにお任せで」は、卒業していきましょう
  2. テニス ボレー

    リターン

    「ダブルスの試合で、相手のセカンドサーブ」だったら・・・?
  3. テニス ストローク

    ストローク

    「相手のストロークが浅い」からのドロップショットは、徹底的に練習しておこう
  4. テニス 構え

    戦術

    試合で動いている中で、自分のポジションが分からなくなってしまう方へ
  5. メンタル

    ノンプレッシャーのテニス、面白い?
PAGE TOP