ストローク

フォアハンドストロークの回り込みを、「丸く回り込んでる」人はもったいない!その理由について

回り込み=少し下がって後ろから回りながら入っていく、というイメージを持っていませんか?

それだと結局打点が下がってしまい、早いタイミングで打つことができない。

必要なのは、あくまで最短距離を動くイメージです。

 

フォアハンドストロークの回り込みを、「丸く回り込んでる」人はもったいない!その理由について

 


 

■テニスにおいて、「打点が低くなる」ということはマイナス

アナタが想像している以上に、テニスというスポーツでは打点を落とすという行為は致命的です。

せっかく回り込めるチャンスが来ているのに、一度下がって打つという考え方がおかしい。

どんどん前に入って、できればライジングで打ち込んでいきたいところ。

「打点を高くする」には、早い判断と効率的なフットワークが不可欠です。

 

■直線的に動くから前に入りやすい、ネットプレーにもつなげやすい

回り込んでフォアハンドで攻撃できるときは、その前からネットプレーへ繋げていくイメージを持ちましょう。

後ろから攻撃し続けるのは、リスクが伴います。

また回り込んでいる訳ですから、アナタのフォアサイド側はオープンスペースになっている可能性も高い。

であればネットに出てしっかり塞いだほうが、効率的かも知れません。

 

■回り込みフォアハンドを打てなければ、上のレベルでは戦えない

断言します。

上のレベルで、フォアハンドの回り込みをしっかり打てなければかなり苦しい。

ここぞというポイントでコートを広く使えません。

「バックハンドで攻撃できるから、俺は大丈夫!」という方もいるかも知れません。

だったら尚更、そのバックハンドも活かしつつ、フォアハンドの回り込みも活かしていければもっと勝てると思います。

しっかり練習から意識して多用して、磨いていきましょう。

 

バックハンド側に来たボールは、バックハンドで打ちましょうと最初は習います。

でなければ、バックハンドのショットが身に付きませんので、テニスを始めた当初は当然ですね。

しかし試合に出るようになれば、話は別です。

アナタ自身の武器で、積極的に勝負していくのがベスト。

しっかり自分の武器にしていくイメージを持って、育てていきましょう!

ピックアップ記事

  1. 準備しておいて絶対に損は無い、試合会場でのトイレ事情について
  2. テニスの試合に持参すると便利な、折り畳みチェア3選
  3. ヨネックスの新作ラケット、Vコアのハイスピンテクノロジーによる超高弾道は本物だっ…
  4. テニスのルールの基本を学びたい人にお勧めの書籍「テニスのルール 審判の基本」
  5. iphoneでテニス動画を撮影するなら、三脚ホルダーのスマホスタンドを使おう!

関連記事

  1. テニス フットワーク

    ストローク

    低い打点のストロークのミスが多い人は、「伸び上がって頭がグラグラ」になっている人が多い

    低い打点のストローク、難しいですよね。特に身長が高い人、身体が…

  2. テニス メンタル

    ストローク

    スライスストロークがいつも浅くなる人は、「ラケットを持つ腕の肘を曲げ過ぎ」な可能性が高いです

    ベテラン選手の中には、スライスを得意にしているプレイヤーの方が多い。…

  3. テニス ストローク

    ストローク

    ストロークの準備が遅い人ほど、打点が前過ぎてコントロールが出来なくなる

    「え?後ろじゃなくて?」と思った方も多いと思います。いや、これ…

  4. ストローク

    「軸足の使い方、間違ってない?」テニスの試合でつなぐだけでなく、勝ち切るストロークを身に付けよう!

    ストロークとかボレー、スマッシュやサーブと色んなショットがあるけど、ど…

  5. テニス クレーコート
  6. テニス 準備

    ストローク

    ドロップショットをしっかり止めるには・・・?

    ストロークを打つ構えから、スッ・・・とドロップショット、試合で使いたい…

特集記事

  1. テニス メンタル

    メンタル

    強いテニス選手になりたいなら、「ドローを見て自分の行く末を予想する」癖を無くしま…
  2. テニス ダブルス

    ロブ

    一見スマッシュを打てそうなロブ、こそダブルスでは最高に使えるロブ
  3. テニス サーブ

    サーブ

    周りが苦手なことを、「自分も苦手」に決め付けていないか?
  4. テニス フットワーク

    フットワーク

    実戦的なスプリットステップは、「スタンス広めで沈み込む」のが基本です
  5. テニス メンタル

    サーブ

    試合で効果的なボディへのサーブは、「自分のサーブの曲がり具合」を見てコースを逆算…
PAGE TOP